丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 05月 03日

むかし憧れた北鎌倉で

*4月29日(月・祝)曇り

数日前までの蒸し暑さから一転して涼しい朝だ。
雲に覆われた空は、でも、どのくらいもつのかな?

朝早くから着物に着替える。
雨が降って欲しくはないけど、選んだ着物は雨滴小紋に遠山模様の袋帯。
ほんと言うと、これは紗の夏帯なのだけど、透け感があまりないし、
この季節の気分にあう帯がこれしかなかったので、しれ〜っと締めて行くことにする。

f0229926_08250407.jpeg

以前お二人の先生にお稽古をつけていただいた時代もあったけど、
先生に連れられてお茶会へ行くなんてシチュエーションは実はこれが初めて♪

「あなた、行ってみたい?」と訊かれて、二つ返事で「はい!是非!」とお願いしたのは
場所が北鎌倉の東慶寺さんで、だったから。

f0229926_08243158.jpeg

若い頃から何度も訪れている好きな古刹。
お茶室があるのは知ってたけど、ただの観光客では
実際にお茶室に入れる機会なんてまずないんだもの〜。

おりしも大型連休はじまったばかりの北鎌倉。東慶寺さんも観光客でにぎわってた。
まわったのは、水月堂、白蓮舎、おしのぎをいただいて、寒雲亭。
境内はよく手入れされていて、草木の緑にこちらが染まってしまいそう。

f0229926_08241989.jpeg

ウグイスやコジュケイが鳴き、静かにお点前を見ていたら、
二十代の時にさんざん見た小津安二郎の映画『晩春』の冒頭で
原節子さんと杉村春子さんがいらした(たしか円覚寺って設定の)茶席の場面を思い出した。

あらま〜、あんなに憧れてたシーンみたいに、
いまごろになって北鎌倉でのお茶会の席にいるんだわ〜ワタシ。
なんか一人で勝手に感慨にひたってしまいそう。w

f0229926_08245041.jpeg

先生にはお馴染みの茶会で、お客さまも多くはなく、
昔からよく知ったる方々もいらっしゃるようで、頼まれればお正客をさらりとお受けなさる。
お話も上手でいらして、お席がなんとも和やかな雰囲気になるのは、
やっぱりお人柄かなあ〜と、同行の“若い姉弟子”さんとともに感じ入る。

f0229926_08253804.jpeg

寛ぎながらいただいたお茶も美味しかったし、お菓子も美味しかった。
袷の着物も着てて暑からず寒からず、照らされもせず雨にも降られず、
気持ちよ〜く喫茶して帰宅。本日も好日なり♪


# by team-osubachi2 | 2019-05-03 00:16 | 着物のこと | Comments(2)
2019年 05月 01日

こんにちは、令和

誰からともなく、みんながごく自然に「さようなら」ではなく、
「ありがとう」と感謝の言葉で平成の時代を終えることが出来たというのは
いいなあ、素敵だなあと思います。

f0229926_22193570.jpeg

そして、こんにちは、令和。今日から新しい時代のはじまりです。



# by team-osubachi2 | 2019-05-01 00:05 | 日々いろいろ | Comments(2)
2019年 04月 30日

うちのマツコ、今日と明日(平成から令和へ)

特にこれといった予定もなく、少し仕事もして、家の事もやって、
いたって普段通りの連休。

せめて今日と明日だけ、棚に小さな松を飾っておこう。気は心っていうじゃない?

f0229926_10511027.jpeg

もとはお正月用に売られていた松のポッド。
新芽が見えはじめたので、数日前にようやく手持ちの鉢に植え替えておいた。

命名:マツコ

皇居の盆栽係りの人がなさってたように(←テレビで見た)
茶色く枯れかかった松葉は一本一本ピンセットで抜いて見栄えよく。w

f0229926_10512015.jpeg

さあ、いよいよ時代は平成から令和へ。

さっきテレビで真山仁さんがうまいことをおっしゃってた。
雨が降る今日明日。「令」の字の頭に雨がつくと「零」になる、と。

新しい時代が「零」スタートの年となって、よい未来へと繋がってゆきますように。


# by team-osubachi2 | 2019-04-30 11:55 | 生きものの世界 | Comments(0)
2019年 04月 29日

ありがとう平成の・・・

平成も残すところ明日までとなった。
今日は鎌倉方面へお茶会に出かけた帰りに、これ狙いで売店を二軒ほど探してまわった。

何かというと、、、ジャーーーン!

f0229926_20143683.jpeg

崎陽軒の期間限定商品「ありがとう平成シウマイ御弁當」!!

f0229926_20145767.jpeg

普段のシウマイ弁当の中身に加えて、かいらしい海老フライと、
蓮根の炒め煮と、大根漬けがちょっこし加わったお弁当だ。

f0229926_20152333.jpeg

これにお汁と豆腐サラダだけこさえて添えて夕飯を済ませられて
兼業主婦は大助かり〜〜♪

このプレミアム御弁当の販売もいよいよ明日まで!
ご興味のある方は売店へGO!

f0229926_20142024.jpeg

(何も崎陽軒のお弁当のことだけじゃなく、もっともっといろんな意味で)

ありがとう、平成♡


# by team-osubachi2 | 2019-04-29 22:06 | 食べる | Comments(2)
2019年 04月 27日

同じ袖を振り合うもご縁かな

元号が変わることで発生した十連休の今日は初日。
昨日からにわかに寒の戻り。冷たい雨もちょこっと降ったりして・・・。

そんななか、着物の輪で知り合った知人が、森下典子さんの『日々是好日』を読んで
茶道に関心を持ったそうで、「一度見学に伺ってみたいのですが」とリクエストをいただき
私が月イチで通うお稽古場へご案内した。

で、今日、お稽古場に伺い、先生の着物姿↓を見てびっくりした!!

f0229926_18400803.jpeg

あらーーっ?!先生、そのお召し物は・・・?!ええ〜〜っ?!

先生がお召しの小紋、私が去年手に入れた桜小紋↓とまったく同じでびっくりした〜!
(私自身は今日は紬で伺ったのだけど)

f0229926_23374607.jpeg

灰色の地に、ほんのり桜色の枝垂れ桜小紋・・・。
先生曰く「これ、そうなの?柳に桜、あなたのもそうなの?」
そうです、そうです、この柄です。ああ〜、柳に桜、ですか。
そう言われるとそんな柄にも見えてくる。

先生のは一越縮緬の生地、私のは上代の生地。
布はこそは違えど、型はおそらく同じで色目もほぼ同じ。
「もう四十年くらい前のなんですけど、大好きでよく着ます」とおしゃっていた。
私のも、もしかしたら同じ頃に同じ工房の職人さんによる染めだったりしてね?

八掛けの色が違った。
先生のは表地の灰色に合わせた無地。(スマホの写真だと、ほんと、色でないね〜)

f0229926_18401918.jpeg

私のは、桜茶色のぼかし。(やっぱり色、全然でないなあ)

f0229926_23345559.jpeg

(スマホで撮った色目についてはここでは置いといて)
さらにお話をうかがえば、私と同じ曜日に通う大姉弟子さんも色違いをお持ちだそうで、
同じ稽古場に同じ小紋を持つ人間が三人もいるとわかって、
まあ〜、こういうことってあるんだなあ〜!と
思いがけない偶然に改めて面白いご縁を感じた一日だった。

ま、それはともかく。
土曜のお稽古にいらっしゃる若いお弟子さんのお点前で、
初めてお濃茶も経験した知人は満足げに帰ってゆかれた。
新しいお仲間が一人増えると嬉しいけれど、
茶道の道に入られるか否かはこれからゆっくりと思案なさることだろう。
本日も好日だった。


# by team-osubachi2 | 2019-04-27 23:58 | 着物のこと | Comments(6)