丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 06日

銀の匙

アンティークの銀の匙の資料を探しているうちに、
自分も一本だけ古い銀の匙を持っていることを思い出した。

えーーーっと、どこに仕舞ったっけ・・・?

そうそう、寄せ集めの「マイ旅茶セット」の中に忍ばせておいたんだった。

もしもガラスの小瓶に薄茶を詰めたなら、
茶杓よりもこの銀の匙の方がすくいやすいんじゃないかな〜、と思ってね。

もっとも、そう思うだけで、いまだこの匙の出番はないまま。

f0229926_09283665.jpeg

たくさんは要らないの。
コレクションするほどには興味もないのだし。

でも、手元に一本あるだけで、私の“アンティーク気分”を満たしてくれる銀の匙である。


# by team-osubachi2 | 2019-02-06 16:10 | これが好き | Comments(4)
2019年 02月 05日

ドクダミの芽吹き

立春の暖かさから一転して今日は寒い。
三寒四温は早春のお約束ごとみたいなものね。

でも、太陽光線は熱よりも早く地球に到達するので、
晴れれば、お外はもう春の光で眩しい。

その光の加減を身に感じてか、立春の後になると締めたくなる染め帯。

f0229926_19591808.jpeg

縮緬の地に、染料か顔料で素描き染めされた芽吹きは
お太鼓のところを見れば、私にはこれはドクダミに見える。

f0229926_19593092.jpeg

ドクダミの花って大好き♡
あの香りは、でも、ちょっと脇に置いといて、と。w

実際芽が出て、すくすく育って、花をつけるのはもっと先だけど、
今はドクダミだけでなく、いろいろな草たちが
土中で夢膨らませている時期なんだな〜って思う♪

時期は早くても、その花咲く夢を想い、
まだ春浅いいま時分に締めるのが好きな帯である。


# by team-osubachi2 | 2019-02-05 09:57 | 着物のこと | Comments(6)
2019年 02月 04日

亥年立春大吉

節分が終わったら、立春となる。今日もあったかい。

毎年お習字の先生からお年玉みたいにしていただく中国の干支墨♡

f0229926_09431534.jpeg

あくまでお飾り用。実用には向かないんだって。
でも、これで九個目。十二個揃ったら嬉しいな♪ 目指せ!干支墨コンプリ!!

中国などでは、今年の春節は明日5日なんだってね。
アジア各国で新年を祝う時期。

さあ、今年は私もしっかりとやらなきゃ!
そう思って、中川一政翁の書(のポストカード)を机の横に貼っておいてある。

f0229926_20560824.jpeg

すごいねえ。
九十七歳で迎える「正念場」ってどんな世界かしら?
ひよっこの自分はまだまだ嘴が黄色い。w


# by team-osubachi2 | 2019-02-04 13:58 | これが好き | Comments(2)
2019年 02月 03日

一陽来復と一陽来福

朝からあったかい。
肩の力が抜けて、気持ちも身体もどことなく軽やかだ。
だって今日は節分だもの。たとえまた寒さがやってこようとも、明日は立春よ♪

先月のことになるけど、この方、詳しいことは何も知らないまま
初めて「一陽来*」のお札をいただこうと早稲田へお参りに行き、
授かって来たお札をお家で見てみたら・・・あれ?
他所ん家やお店なんかでよく見かけるのとはなんか違う?

なんのことはなく、私がお参りしたのは放生寺さんてお寺さんで、
いただいて来たのは「一陽来福」のお札だった。

その後になってちゃんと検索して見たら、
「来復」と「来福」違いで、ふたつあることを初めて知った。
もちろんどちらもご利益はある(招き猫の右手と左手の違いのように)。

へえ〜、知らなかったなあ〜。しかし、相変わらず私もそそっかしいねえ〜。

で、どーする?今回はお参りした放生寺さんのお札だけ貼る?
それとも、もっかい早稲田へ行く?せっかく初めてなんだし行こうか?・・・と思案していたら、
なんとまさにそのタイミングで友だちからLINEでメッセージがきた。

「穴八幡のお守り買って来たけど、いる?」

ひゃあ!ビックリしたあ〜!どしてわかったの?見てたんかい?
穴八幡さんの「一陽来復」、いる!いる!是非ともいただきます!!
・・・と、先週友だちと会ってお札をありがたく頂戴してきた。

このお札、恵方に向けるだけでなく、貼るタイミングも決まってるんだってね。
でもって「来復」は上に、「来福」は下に。
ふむふむ、節分から立春を迎えるその時に貼るのか。

内心、あーんまり細かいとこまで神さまはお気になさるかしら?と思いつつ、
かといって出鱈目にやって効力なしでもいけないとは思うから、
一応お決まり通りにやっておきましょうかね。はじめてなんだし。

それじゃあ、今夜は恵方巻き食べることより、豆撒くことより、
しっかりと時間を見てありがたいお札を貼らせていただこうかな♪

f0229926_15550592.jpeg

ちょいとふくれっ面の鬼の顔は、以前人からいただいた豆菓子の袋。
今は(母方の祖父の形見の)古い天眼鏡入れとして、机の上で睨みをきかせてる。

私がまたしても“逃避”してやしないか・・・て?w

f0229926_15552051.jpeg

うーむ、効果のほどはしれないけど、この天眼鏡、ローガンになったいま
母方の祖父がどんな風に愛用してたかを実感できる歳に私もなって来たようだ。

さあ、今夜はせっかくのお札を貼るの、忘れないよーにネ!w


# by team-osubachi2 | 2019-02-03 16:36 | 日々いろいろ | Comments(2)
2019年 02月 01日

きさらぎ、らくがき和菓子

今日から二月。
のろのろしていた寒中見舞いをようやく投函できたと思ったら
週末にはもう節分です。

ときどき和菓子帖にらくがきしている「絵に描いた餅」、いえ、「絵に描いた菓子」。
どうしても描きたかったものの一つが『南無観椿』。

f0229926_22094613.jpeg

東大寺の修二会、お水取りのころに出るらしい奈良のお菓子だそうですが
和紙で作る椿の造花に似せて上手いことこしらえてあるなあ〜と感心しています。
(ちなみに今年の修二会は三月一日から十四日までだそうですね。

節分のお菓子はといえば、五色豆でも描こうかなと思ったところで、
そうだわ♪と、こんなお菓子を見かけたことを思い出しました。
豆の形がなんとも愛敬ある『福ハ内』。

残念ながら、どちらもまだ食したことがないので、お味のほどは不明です。

f0229926_22100373.jpeg

仕事とは関わりのない楽しいらくがきです。
・・・「楽描き」と当て字したくなりました♪

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます


# by team-osubachi2 | 2019-02-01 22:19 | らくがき帖