こどものころのご本

今日はこどもの日。

これは五十年ほども前に、相方がおかあさんに読んでもらったというご本。

f0229926_15035784.jpeg

そのおかあさんはもういないけど、
相方の記憶の中では、当時の愉しさが鮮明に残っているのに違いない。

幼いこどもたちがこどもでいられるうちに、
(いま思えば、それはなんて短い間なのだろう!?)
ご本を読んでもらったり、言い伝えでお話してもらったり、
たくさんの物語に触れて、どきどきわくわくする愉しいひとときを
少しでも多く持てますように・・・。

このご本、いま見ても、挿し絵の勉強になるところがいっぱいある。
いまはあまり日本の民話のご本は見かけなくなったような・・・。
でも、これからまたよみがえったりして・・・?

こどものお話であろうと、おとなのお話であろうと、
表紙絵も、中の挿し絵も、これからもっといっぱいいっぱい描きたいな♪
それが私のこどものころからの夢と希望。
ぜ〜んぜん変わってない。w

# by team-osubachi2 | 2018-05-05 15:57 | これが好き | Comments(8)

夏のシャツの手直し

2011年秋の朝ドラ『カーネーション』の再放送をまたまた見ているけど
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/90000/290759.html
やっぱり何回見てもおもしろいいーーーーーーいっ♡

尾野真知子さん、本当に上手い!
いっとう最初っから「小原糸子」そのまんまって感じなんだもんなあ〜。
上手いなあ〜・・・。

ミシンねー、ミシン。糸子のだんじりはミシンかあ。
すっかり刺激されちゃって、そうだ、私のミシンも
(通販生活の山崎範夫のミシンてやつ)
出そうかなあ〜って思っちゃうくらい。
直したいものとかリメイクとか、直線縫いのもの、溜まってるんだけどな。

f0229926_11305606.jpeg

ま、それはともかく、そろそろ夏の暑さの中、
着たいシャツを出してきてアイロンをかけておく。

f0229926_11310854.jpeg

去年とか流行ったシャツね、
まるで近代までの西洋の「シャツ(男性用肌着)」みたいな
大きく絞った袖口と紐が私には長過ぎたので、
紐も袖口も短く切って、端の始末もしたあと、
フリルをひだのようにところどころ糸止めして広がりすぎないようにしておいた。

f0229926_11304349.jpeg

甍の波と雲の波、、、明日は立夏だって。
そろそろ新緑の風をはらむふんわりシャツの出番だわ♪


# by team-osubachi2 | 2018-05-04 13:30 | これが好き | Comments(4)

春先にちょっと仕事があったおかげで、
前々から気がかりだったことにようやく着手できた。

自分だけのキャンペーン「もっと活かそう!むかし買ったもの」と称して、
仕舞いっぱなしだったバッグを皮革製品の手入れやお直しの工房チェーン店へ持ち込み、
持ち手のところだけあたらしく作って交換してもらったのだ。

独身時代、デザインが気に入り、洋装にも和装にもよさそう♪と思って買ったものの、
いざ使ってみたらば、持ち手の口径が小さいためにどうにも使いづらく、
それで結局お蔵入りさせてしまったのだが、実はもうひとつ問題があって、
しばらく仕舞いっぱなしにしていたら、
持ち手部分だけがやたらとベタつきだしたのである。

そのべたつきをぼやいていたら、革製品に詳しい友だちから
「持ち手のところだけ合皮の可能性あるよ。そういう製品ってよくあるみたい。
合皮って湿気に弱いから、湿度で表面が溶けてるのかも」と云われてびっくりした。
ええ〜?!中のタグには牛革100%って記してあるのに〜・・・?!

その友だちが「でも、せっかくだからバッグ本体は活かしたいじゃない?
お直し工房で持ち手だけ交換してもらうってことできるよ」と教えてくれた。
そうか!ついでに好きな長さにしてもらえばいいんだ!?
で、どうにかこうにか予算が出来たので、やっとお直し工房へ持ち込んだのだった。

工房のおじさんは、バッグの持ち手を触りながら、友だちと同じことを云った。
合皮は日本では向かない、どうしても湿気でべたつくようになる・・・と。
へえ〜、そうか、知らなかったなあ〜。

おじさんと相談して、25cmの持ち手を40cmにすることにした。
見積もりは自分の予算をだいぶオーバーしていたけど、う〜ん、どうしたものかなあ。
でも、使いづらくて、べたついてて、このまま仕舞いっぱなしなのはもうイヤだ。
じゃあしょうがない!えいっ!っと覚悟を決めて、お直しをお願いした。

ひと月ほど待って、出来上がったと連絡が入ったので引き取りに行ってきた。

おじさんがお店の奥から修理後のバッグを出してきたのを見た瞬間、
結果は上々なのがわかった。肘のあたりにかけて持ってみる。
うん!オッケー!バッチリだわ♡

帰宅してから古い持ち手と新しい持ち手部分を並べて写真を撮ってみた。

f0229926_20320188.jpeg

(向かって左側の)合皮の持ち手は縫い目のシワがずいぶん目立つけれど、
(右側の)本革にはそんなシワはなく、なめらかなカーブを描いている。
・・・なるほどねえ〜、そうかあ〜、持ち手だけ合皮だったのかあ〜。

ここではどこのブランドかは記さずにおくけれど、そういうことってあるんだね。
ちょっぴり残念な気もするけど、でも、どのみち使いづらくてお直ししただろうし
そもそもこのデザインは好きなのだから、
これでやっと活かせるようになって嬉しい。とっても嬉しい♡

f0229926_20313993.jpeg

支払いをすませてお店を出るとき、おじさんが云った。
「これからどんどんと使ってあげてください」
はい!そういたします。お直し、どうもありがとうございました♪

# by team-osubachi2 | 2018-05-02 22:18 | これが好き | Comments(4)

はじめて御岳山を歩く

*4月30日(月・振替休日)晴れ

家を出たのは朝五時よりも前。
でも空はもう充分に明るく、すぐに太陽がのぼってきた。
今日は山歩きのおじさんたちに誘われて、はじめて御岳山へ行った。

独身時代は京王線沿線に住んでいたこともあって高尾山へは何度か行ったけど
御岳山はちょっと遠いイメージがあってご縁がなかったなあ〜。

いったいどういうところか知りたくもあり、
な〜んにも知らないまんま相方とともについていった。

f0229926_10301362.jpg

京王のケーブルカー滝本駅の足元に到達したのは朝まだ7時前だったけど、
早くも駐車場が開くのを待ってる車列にビビるも、どうにかこうにか
夜明け前に到着していたおじさん達の車のすぐそばに駐車することができて一安心。

支度をするその間にも、JR御嶽駅から登山客を乗せたバスが次々とやってきて、
ケーブルカーもどんどん出発しはじめた8時すぎになって私たちもようやく出発。
山好きのおじさん達も徐々に高齢化しつつあるし、
私なんぞはへなちょこトレッカーなので、登り口までの往復はケーブルカーを利用。

京王御嶽登山鉄道

まずは御岳山の武蔵御嶽神社へお詣り〜。

武蔵御嶽神社

f0229926_10123730.jpeg

そういえば、登りのケーブルカーの運転席に張られていたお札シール。
見てすぐ気がついた。あら?へえ〜!
ここはオオカミ(大神と書く説も)をご信仰なさってるところなのね?!

オオカミさん、阿。

f0229926_10125716.jpeg

オオカミさん、吽。

f0229926_10130896.jpeg

ここではワンコたちのご祈祷もなさっておいでのようで、
どうりで犬連れの参拝客が何人もいらっしゃるハズだわ。

神社のお社の裏手にあったちいさなお社の狛犬がまた可愛かったんだけど
おや?・・・そのお股の下で一羽のモモスズメガがお休みちう。w

f0229926_10133936.jpeg

お社の裏手にある真宮遥拝所から拝みたくなるようなお山は奥の院のあるお山だそう。

その神々しい姿に、何かは知らねど・・・と、自然と頭を垂れて感謝したくなる。

f0229926_10132497.jpeg

で、てっきり「このお社近くで遊んでゆっくりご飯など食べて帰るのかな〜♪」
・・・な〜んて思った自分はよっぽどおめでたい抜け作である。
いったい何しに来たんだっけ?ここからがホントの山歩きじゃないの!?

先達のおじさん達に連れられてえっちらおっちら、
ときには急勾配を上がったり下がったりして、ようよう見晴し台に到着。

まだ朝10時すぎってゆー時間の早さだったけど、
私、もう糖切れ寸前!ぜひここでお昼にしたい!ってことで、
だいぶ早いけどランチタイーム!!

おじさん達の携帯コンロとヤカンでお湯をわかしてもらって、と。
ああ〜、何かしらおかずもあったらよかったなあ〜。
ま、おかずがなくても、はるか東京都下を見渡しながら食べる携帯食は
もう充分美味しかったりするけどネ。

f0229926_10135523.jpeg

こういうアウトドア用のコンロを自分たちも買って、
いつかお山での〜んびりと珈琲やお薄で一服するという
ひそかな野望を持ってるんだけど、今はまだお預けだ。

f0229926_10322763.jpg

で、食後の山歩きはここからが本格化した。

ケーブルカーでも、御岳山の急勾配ぶりがよ〜くわかるけど、
こんな険しいとこ、私みたいなへなちょこトレッカーにはキツい〜っ!
ってことで、持ってきてよかった〜!のストックと手袋の出番であった。

さらにえっちらおっちら与太郎みたいに歩いて、途中滝なんぞも見ながら
そしてたどりついたロックガーデンなる沢のほとり・・・♡

f0229926_10314562.jpg

まあーーー・・・・・・♡
なんてきれいなところですか〜、ここは〜・・・?!

流れる水の美しさと、せせらぎの中の岩に生える苔や艸や羊歯の様子は
まるで日本画の、それも風景画のお手本を見るよう♡

f0229926_10320551.jpg

息を吸うごとに、まるで自分のぜーんぶが、
若々しい黄緑色に染まってゆくみたい♡・・・なところだった。

f0229926_10302724.jpg

いろんな植物も、虫も、私たちを愉しませてくれるし・・・♪

いやあ〜、いい季節にご案内いただいたなあ〜♡

f0229926_10325138.jpg

先達のご案内のおかげで、帰り道は緩やかなコースで戻った。
つまり、結構歩くから、緩いコースから沢に降りて、
戻りにどえらい急勾配を登る羽目にならずに済んだ、ということである。
コース選びって大事だね。

神社まで戻っての帰り道、門前の茶店で一行はお蕎麦で「お八つ」にした。
残念ながらお蕎麦はアウトの私。
手打ち蕎麦に対抗するにはもはやこれしかあるまい!
・・・てことで、クリームあんみつ♡

寒天ね、個人的にはもうちょっとある方がいいかもって一瞬思ったけど、
朝から炭水化物強化飯ばっかだったから、これくらいでちょうどよかったかも?

f0229926_10145292.jpeg

御岳山ってまったくはじめてで、何も知らないことだらけだったけど、
神社の門前に御師集落があるということもはじめて知った。

そのうちの一軒、東馬場家御師住宅は、最近屋根の茅を葺き終えたばかりのようで、
まわりの景色に溶け込んで見惚れちゃうような美しさだ。

f0229926_10295955.jpg

いやあ〜、いっぺんこの界わいの宿坊で一泊して
ゆっくり御岳山を歩くのもいいなあ〜って思っちゃった♪
それこそ、珈琲かお薄を岩沢のほとりで
ゆっくり愉しみたいなあ〜っていうようなときとか・・・。
(調べてみたら、東馬場家の茅葺きは石巻の職人さんによるものだそうで、
三年かけて建物も保全修理されてたそう。もう営業再開してるのかな?)

御岳山商店組合(商店、宿坊など)

忘れられないような素晴らしい景色と美味しい空気。
ご案内いただき、ありがとうございました。ぜひまた行きたいかも〜〜♡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おりから連休の真っただ中。
スニーカーに軽装でハイキングする犬連れやご年配、幼児もたくさんいたけど、
「険しいコースに行かなければ OK!」って感じ?
岩沢のロックガーデンあたりへ行くなら、最低必要なものを携帯することと
中高年から上の世代はやっぱりしっかりしたトレ靴でいく方がいいかもね。

*マップをクリックすると原寸大まで大きく表示されます

f0229926_14273955.jpg


御岳山・人気コースと宿坊&温泉情報/YAMA HACK

# by team-osubachi2 | 2018-05-01 14:34 | 出かける・見る | Comments(8)

昨日、怪獣酒場で

とくに遠くへ出かけるでもなく、連休初日は夕方早めに近場の居酒屋へ行って
ちょこっとお酒と夕ご飯を愉しんだ。
円谷プロの怪獣たちの憩いの場、ご存知『怪獣酒場』へ。

たまたま昨日は「ゴモラ」のテーブルに案内され、

f0229926_09135696.jpeg

たまたま誕生月の人だけが入れる「破壊の部屋」も
ただいまは「ゴモラ」がいて、一緒に記念撮影させてもらえるのであ〜る♪

f0229926_09144967.jpeg

週末だった昨日は「アーストロン」がディスコなみの光線をバックに
店内へ慰問(?)に現われた。

お客さま、お席をお立ちにならないでください。握手は大丈夫ですよ〜。
あ、ツーショットはお断りしております。申し訳ございません。

慰問怪獣に随行してくるお付きのスタッフは、
とくに小さいお子さんたちの動きに注意を払う。
なぜなら、怪獣たちは案外デリケートで傷みやすいのであ〜る。w

f0229926_09142115.jpeg

私にはほんの数回しか経験がないこの『怪獣酒場』も、
相方はすでにご来店スタンプカードをコンプリして2クール目に突入らしく、
大の男がめろめろになるくらい愉しめるサービスの充実度には毎度感心させられる。

料理が運ばれてくるたびにもらえるメンコ・・・え?メンコじゃなくてコースター?
あ、そう、とにかくいちいち違うコースターをくれようと
店員さんが誠意努力するお店なのであった。

f0229926_09143326.jpeg

充分飲んで食べて満足しての帰り、ショップコーナーで見つけたメガネケースを
誕生月間ということで相方がプレゼントしてくれた♪

デュワッッ♡

f0229926_13535836.jpeg

ま、中に入れるのはローガン鏡なんだけどさ。
「仕事、ダン!!」・・・って何度も叫ぶくらい、頑張れ〜!アタシ〜〜!!

昨夜はごちそうさまでした♪

怪獣酒場

# by team-osubachi2 | 2018-04-29 16:35 | これが好き | Comments(8)