丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 07日

着物を着ると、どんないいことがある?

着物好きの「横浜きものあそび」さん(http://yokohama-kimono-asobi.com/index.html)が
先日サイト内のブログにこんなことを記していらっしゃった。

『和・綿・更紗展2018』に遠方からいらした方から
“着物を着ると、どんないいことがありますか?”という質問を受けて、
それにじっくりと向き合ってみたという日記。ふむふむ・・・。

そうだなあ、着物を着ると、どんないいことがあるかしらん?
まずは、褒められる!w それから、お店やホテルなどで気遣ってもらえる。
さらには、着物を介していろんな人と知り合える。着物や帯をいただく。
針と糸に親しくなれる。和文化への理解が深まる。身体の感覚と意識が広がる。
季節や気候、歳時に敏感になる・・・とか、数えてみると結構いろいろあるね〜。

でも「何かいいことがあるから着物を着る」ということはなくて、
ただただ「着物が好きだから着る」、それだけのことだよね。
そんな風に着ていたら、いいことが幾つもあった・・・という感じかな?

f0229926_15071340.jpeg

そんな中で、自分だったら何かな?と考えてみたら、
私の中で「着物を着ていいこと」の筆頭に上がったものがある。
それは「年をとるのが楽しみになった♪」ということだ。

若い時にしか着られないものがあるように、年配でなければ着こなせないものってある。
時として年配の方がさらりと着こなす姿には、若い人が逆立ちしても敵わないものがある。

なにせ着物を着るきっかけをくれたのは、着物姿のおばあさま方だったせいもあって、
若くて美しいことを良しとする考え方とは逆行するように
二十代のうちから早くおばあさんになりたくて仕方がなかった私。

あんまり背伸びしすぎて随分と失敗もした気がするけど、光陰矢の如しで、
この頃少しずつ着たかった着物がすんなり着られるようになってきたのが嬉しくてたまらない♪

f0229926_15072579.jpeg

ここに載せた写真の袋帯二本。
どちらもリサイクル店で見つけたものだけど、手に入れた当時の私はまだ四十代だった。
いつか締められるようになりたいと箪笥で何年も寝かせたままだったのだけど、
気がつけば自分もいつの間にか五十代なかばにさしかかっているではないか。

久しぶりに箪笥の引き出しの底から出してみた。・・・そろそろ出番かな?

着物を着ることにおいて、加齢(エイジング)は強力な味方よ〜!って思う。
おかげで年をとるのが本当に楽しい♪


# by team-osubachi2 | 2018-12-07 13:24 | 着物のこと | Comments(6)
2018年 12月 06日

『二代目 中村吉右衛門 写真展』@ミキモト銀座四丁目本店

昨日美容院へ出かけたついでに銀座の街中を数カ所まわってきた。

銀座は大好きだな〜♡
たとえ手前の懐事情がどんなに寒かろうとも、
そういうこととは無関係に、いつ来てもワクワクする街だ。
クリスマスシーズンの銀座はウィンドーも人もいつもよりさらにキラキラしてるしね。

銀座四丁目のミキモト本店へも足を運ぶ。
よかった。間に合った。
今月九日(日)まで開催中の『二代目 中村吉右衛門 写真展』へ。

私が歌舞伎に夢中になれたのはこの方のおかげ。
二代目中村吉右衛門丈♡

f0229926_20360067.jpeg

もっとも、追いかけるほどに盛んに観に行ってたのは、
吉右衛門さんがまだ四十代から六十代になるころで、
今じゃ年に一度も歌舞伎座へ足を運べたらいい方なのだけど、
「贔屓でいる」とか「好き」という気持ちって、
そういうこととは無関係に自分の中にちゃーんと在るものなんだなってこと、
この写真展を観てあらためて教えてもらった気がする。

f0229926_09132504.jpeg

個人的には、鳥屋揚幕越しに見える熊谷直実のショットがシビレた〜・・・。

亡くなられた稲越功一さんの吉右衛門さんを捉える視線も素晴らしかったけど、
今回の鍋島徳恭(なべしまなるやす)さんの吉右衛門さんの姿の切り取り方も素晴らしい。

そうよね、もっと今のうちに舞台を観ておかねば・・・という気持ちになる。嗚呼。

『二代目 中村吉右衛門 写真展』
ミキモト銀座四丁目本店ミキモトホールにて12月9日(日)まで/入場無料

『二代目 中村吉右衛門 写真展』のお知らせ/歌舞伎美人


# by team-osubachi2 | 2018-12-06 09:17 | 出かける・見る | Comments(4)
2018年 12月 05日

木瓜の花も

朝、窓を開けると冷気がきた。
今朝はまだマシなようね。
風も北西から吹いてるみたいだし。

先月からあったかすぎて、師走ってことを忘れてしまいそう。

昨日、買い物に出た道端で・・・あら?

木瓜の花?


f0229926_23525694.jpeg


木瓜の花が咲いてるわ。

そりゃあ木瓜だってボケてもおかしくはないわ、こんな陽気じゃあねえ。


# by team-osubachi2 | 2018-12-05 08:36 | 生きものの世界 | Comments(2)
2018年 12月 04日

Dior men's Pre-Fall 2019 Show (Tokyo)

先週末の11月30日(金)に東京(江東区青海のテレコムセンター)で行われたらしい
ディオール メンズのショーの映像見てびっくらこいた!

わっ!なに?空山基(Hajime Sorayama)さんのセクシーロボ、でかっ!!
でもって、むちゃくちゃ綺麗〜〜っ!!





空山さん、スゴイわあ〜。
私や相方が若かったころからとっくに有名で、もちろんまだまだ現役バリバリ、最前線でご活躍。
この方の作品は、もっとも、昔から日本より海外での評価が高いってゆーね。
SF好きな人ならどこかで見たことがあるハズ。

どうよ?このやりがいありそな設営現場の様子!
つま先だけで立つ全長12m近いアルミニウムの立体像よ?どうやって立たせてるのかしら?





調べて見たら、ディオールの新しいディレクター(キム・ジョーンズさん)が
今回東京でショーやりたかったっていう。

ほおお〜。大好きなの?東京。





なんかスゴイね。美術も音楽も照明も演出も・・・。
映像で見てもこんなだから、もしも現場で見たならどんなかしら?夢心地になってしまいそう♡

ランウェイのショーって正味10分もあるかないかって感じ?・・・じゃないかと思うんだけど、
そこに投入される資金ってどんくらいかしら?想像もつかないわ。

まさに今、燃料税引き上げで大揺れのパリではなく、
のんびりした東京でショーが開催されるって一体どういう偶然?皮肉な感じがしないでもない。

世界の超セレブな方々には(たとえタックスヘイブンやっちゃうようなシト達であろうとも)
こういうところには文句ナシにお金使うだろうから、ここはもう大いに振舞っていただきたいものだわ。
ほれ、どんどんパンパンどんパンパン、とな♪
そのおかげで大勢の職人さんたちに仕事が回るなら結構なことではないの。
そう思う。

キム・ジョーンズが提案する“ストリート・アンドロイド”!?
ディオール2019年プレフォールコレクション/GQ


# by team-osubachi2 | 2018-12-04 10:18 | これが好き | Comments(0)
2018年 12月 03日

落花生とチョコレートで

今年はピーナッツにご縁があるのか、そこかしこから落花生をたくさん頂戴した。

以前にいただいた農漁業系雑誌の仕事で知ったのだけど、
落花生の実のつけ方や干し方は独特でとてもユニーク。
この実をこんな風にして食べると美味しいんだってことを考え出した人は
本当にエライっ!って思う。

f0229926_14462739.jpeg

落花生の殻を剥いて直にポリポリするのも美味しいし、お料理にも使ったりするのだけど、
我が家でもっとも消費が早くなる(手が伸びる)のは
チョコレートと一緒に食べる方法であ〜る。

以前はスーパーで安い板チョコを二、三枚買ってきてこさえていたピーナッツチョコ。
今回は何しろ落花生がいっぱいあるので、板チョコなんぞ買ってたのでは拉致があかないので
思い切って製菓コーナーでブロックチョコレートを買ってきてこしらえてみた♡

f0229926_16112422.jpeg

ピーナッツの薄皮を剥いて、小さなフライパンで軽く炒ると、
本来の油脂のせいか表面がうっすらと艶が出て香ばしくなる。
それを冷ましておいて、湯煎で溶かしたチョコレートに「混ぜるだけ」〜♪
市販のピーナッツチョコより、こちらの方が断然美味しい♡
もちろん肝心のピーナッツが違うんだもんネ。

でもって、昨日の午後、帳簿整理していて飽きてきたところで、
急に思いついてこんなチョコレート菓子をこさえてみた。
ちょうどレーズンに干しイチジク、クコの実もあったし♪

f0229926_16113567.jpeg

YouTubeで小澤征爾さんのチャイコフスキー『くるみ割り人形』を聴きながら作業開始♪

なんのことはなく、これも湯煎で溶かしたチョコレートに、
炒ったピーナッツとドライフルーツを「乗せるだけ」ってゆー、こちらもちょー簡単なお菓子。

だけど、レーズンとクコの実はお湯で戻してから
よく水気を拭き取って乾かしておく程度の下準備はやらないと美味しくないし、
干しイチジクはカットするより、ちぎった方が粒々の表情が出て面白いとか
仕上がりの綺麗さを考えて作業する。

f0229926_16114563.jpeg

BGMは、バレエ『くるみ割り人形』でいうと、
クララがちょうどお菓子の国へ誘われるあたりで作業完了♪
あ・・・残念ながら我が家にはなかったんだけど、
くるみを乗せたらさらに美味しさが増したかもね?

お外で買うとなると決して安くはないチョコレート菓子。
まあ、家でこんな風に加工すると、ちょっと手に持っただけで溶けやすいのが難点だけど、
お口に入れた時の“口福感”(味そのものじゃなくて)は市販品に負けないわって思っちゃう。

まだまだ材料があるから、また時間を見て年末年始用にたっぷりこさえておきまひょ。


# by team-osubachi2 | 2018-12-03 15:33 | 食べる | Comments(4)