丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 15日

映画『日日是好日』

いつもは相方と車でレイトショーに訪れる映画館。
電車でなら10分ほどのところへ初めて一人で行く。
今日はみんなにお得な観覧曜日。なので、朝のうちにサクッと一本映画を観に行ってきた。

今日のお題は『日日是好日』。
圧倒的にお婆さんお爺さんが多い中、最後尾の席に座ると、お隣は大学生と思しき若い男子二人。
ふと、良い席につけたかな、なんて思ったりして。w

お話がはじまって、主人公の典子と美智子が初めて武田先生のお宅に伺い、
お稽古場で最初の一服を先生が点ててくださるというところ・・・
武田先生こと樹木希林さんの手はカメラにぐっと寄って撮られていても、手指は全く震えていない。
大ベテランの女優さんなのだから、そんなことは当たり前な話なのだけど。
でも、お茶に入りたての若い二人に袱紗さばきを教えるときも、点前の手順を一手一手教えているときも、
茶会で茶碗を拝見するときも、樹木希林さんの中にはもう茶の湯が何十年分も入っていて、
身についたものを自在に出し入れできるお師匠さんという感じだ。

観ているうちに、かつて自分にも茶道を手ほどきしてくださった
(流派も年齢も大きく違う)二人の先生の佇まいも自然と思い出されて、
お稽古場に入った時の炭火の匂いや、灯りの陰ったほの暗い水屋や、
居ずまいを直す時や茶道具がかすかにたてる音が鮮やかに蘇ってきた。

そういえば、お茶を習っていた当時は、自分がお茶会に出かけるということがなかった。
どちらの先生も、他の先生とのおつきあいは個々にあったのだろうけれど、
弟子の私たちには強要なさらず、むしろ様々な点前の勉強やお茶事の勉強の方に熱心でいらした。
私がお茶会へ出かけるようになったのは、だから、茶道から遠ざかってからのことだ。
この原作や映画にも出てくる三渓園での茶会へ行ったこともあったっけ。
茶人といってもいろいろな人がいるから、場合によっては嬉しくないささやき声も聞こえてきたりして
あんまり規模の大きな茶会は行かなくてもいいなあ〜なんて思うようになったり。


f0229926_1473913.jpg


映画の中のお話が進むにつれ、典子も美智子もそれぞれの人生を歩んでゆく。
はて、武田先生はどんな人生を送ってこられたのだろう?
・・・ああ、そうだ。思い出した。
大正はじめの生まれでいらした老先生の人生もすごく波乱に富んでいたし、
私より若かった若先生の人生もすでに大きく悩み、揺れ動いていたんだっけ。
姉弟子さんらも実に様々なことが起きていたけれど、私自身もお茶を習っていた頃は
ジェットコースターに乗っかっているような出来事が色々あったり・・・。
でも、お稽古場ではみんな頭を空っぽにして、静かに目の前のお点前に集中してたんだった。
当時、茶道を習う弟子の一人として皆さんのお点前を見ていたころよりも、
今の方がひしひしと皆さんの人生の来し方というものを感じる。

本当に、世の中には、すぐわかるものと、すぐにはわからないものがあるね。
いつの日か、茶道を通して、それをまた体感する日がくるのかも。
焦ることはないんだな。お茶だけでなく、自分の仕事もあれこれも・・・。


映画『日日是好日』公式ホームページ





# by team-osubachi2 | 2018-10-15 15:05 | 出かける・見る | Comments(2)
2018年 10月 14日

新入りの紐

数日前のこと、あるお友だちから帯留用の紐を一本頂戴した。

焦げ茶色の縁に、ベージュと藍色の縞の紐は今からの季節にちょうど良さそう。
「木綿なのでよく締まります」とのこと。嬉しいな〜♪

f0229926_21551776.jpeg

三分よりちょっと広い、これは何分の幅かな?
どんな帯留めなら通せるかな?

これ、いけるネ!

f0229926_21555074.jpeg

これもいける。うん。

f0229926_21554136.jpeg

あ、これもいけるわ〜♪

f0229926_21552876.jpeg

最近新しい紐を買うこともなく、手持ちのもので充分まかなえるけど、
たまに新しい紐が登場すると、早速使ってみたくなる。

お気遣い、どうもありがとうございました♡


# by team-osubachi2 | 2018-10-14 23:11 | 着物のこと | Comments(2)
2018年 10月 13日

薔薇のシャツ

洋服で好きなアイテムといえばシャツでしょうか。
ブラウスではなくシャツ。

これも万年好きで履くデニムに合わせて着るのはだいたい白いコットンやリネンのシャツ。
もちろん柄もののシャツも好きなのですが、
どういうワケか、可愛かったり面白い柄はなぜかメンズものに多く、
こちらが着たいと思うような綺麗なものや面白い柄ものは
レディースもののシャツにはとても少ないという不思議。
(いろいろな柄ものはシャツではなくブラウスに多いように思います)

そんな中で、かれこれ20年ほども大切に着ているのが
ピンクの薔薇の花模様のコットンシャツです。
さすがに買った当時より色が褪せて着てはいるものの、処分するにはまだ早く、
ゆくゆくはよそゆきでなくても、家着として大切に長く着たいと思います。


f0229926_16092482.jpg


「薔薇のシャツ」(c)Tomoko Okada

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます


# by team-osubachi2 | 2018-10-13 16:51 | 人を描く
2018年 10月 12日

映画『2001年宇宙の旅』70mmニュープリント版を鑑賞する

*10月11日(木)小雨のち曇り

朝8時過ぎ、京橋の「国立映画アーカイブ」に到着。
この春までは「国立近代美術館フィルムセンター」だったのが独立して
四月から「国立映画アーカイブ」になったらしい。へえ〜〜知らんかった。
個人的には「フィルムセンター」の方が馴染み深かったんだけど・・・。

ビルの入り口からはすでにかなりの行列がのびていた。
すごいね〜。一番目のシトっていったい何時に並び始めたんだ?
訊いて見たいキモチをこらえて、急いで最後尾の看板を持つおじさんのところへ向かう。
看板を持つおじさんが言った数字は150番代。やったー!なんとか間に合った!!
本日の上映2回分の当日券を手にできるのは200人までなんであ〜る。

なんのことかといえば、かの鬼才スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』が
制作から50周年を迎えるんだって。そういう節目に合わせてか、
70mmサイズのニュープリントが作成され、そのフィルム上映会が今月あるというので、
この作品がSF映画の金字塔と仰ぐ我が家としては、
こりゃやっぱり見ておかねばならぬとばかりに出かけたのであった。

f0229926_22213529.jpg

ニュープリントのフィルム上映は6日間で12回のみ。追加上映は一切ナシ。
ホールの客席数310席のうち、前売り分200席(それを12回分)は
開始2、3分で完売してしまった〜!オーマイガーーッ!!
かくなる上は、当日券狙いで行くしかない。

携帯椅子と補給食と水持参で、いざ列に並んで見たら思いのほか若い世代が多かった。
いいねえ、これ、お家のテレビ画面で見るよりやっぱり劇場で見てもらいたいもんね。
中には私ら世代より上の方もいらっしゃれば、一人で並んでる若い女性も多かった。

無事整理券を手にした後は、京橋のサラリーマンに混じってランチしたり、
日本橋三越まで歩いて行って、呉服売り場で出店中のペタコさんを陣中見舞いしたり、
三越のベンチで寸暇寝落ちしたり、隣の富山ショップをのぞいたり、
スタバでゆっくり読書して時間を潰し、本日の2回目夜6時半からの上映を鑑賞できた♪

f0229926_08564624.jpeg

冒頭、この上映会の企画担当の女性のご挨拶によれば、今回の上映に当たって、
まずチケットの高額転売を避けるためにとった販売の対処法の説明とお詫びのこと、
制作した米ワーナー・ブラザーズの意向に添う形で上映すること、
フィルムの多少の傷はそのまま、音声はかくかくしかじかと説明されていた。

また、12回の上映でも多いということ(よその国に比べて最多)、
上映終了後は次の上映予定の国へ回されること、だから追加上映はできないのだということ、
そして、70mmのフィルムを上映できる映写機を持ってるのは、
ここ国立映画アーカイブだけなのだということ、等々のお話をされていた。

この作品を「封切り当時」の雰囲気で観られたことがファンとしてはなんとも嬉しく、
これを見るために集ったファンの皆さんきっと同じ気持ちになったんだと思う、
上映会の終了後、会場から拍手が起こった。うん、素晴らしかったもんね〜!!

先に挨拶なさった担当者の女性のお話によれば、
映写技師の人も今回の上映は毎回緊張して作業なさっているとのことだった。
上映終了後、何人もの人がスクリーンの側に行って、映写機の様子をスマホで撮っていた。

f0229926_08565545.jpeg

映画館で観る映画がすべてデジタル上映になってしまった今、
映画のフィルムだの、映写機だの映写技師って言葉は、なんだかとても魅力的に響く。
50年前の作品よ?後世のためにも、やっぱりフィルムで残していただかないとね。

しかし、朝から並んで観終わるまでほぼ14時間。今日の1日は長かった〜〜〜!!
まあね、考えようによっては、Z*Z*の社長Mさんがお月さまへ向かう旅より
何億倍もお安く安全に月世界旅行(気分)を楽しめたワケだし、十分満足したってコトで、
今回のプロジェクトの製作から上映までに関わる世界中の人々に心から感謝♡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

製作50周年記念『2001年宇宙の旅』70mm版特別上映/国立映画アーカイブ

『2001年宇宙の旅』を70mmプリント、IMAXデジタル鑑賞する意義とは?/CINEMORE

*今月19日よりIMAXシアターでも2週間の限定上映あり
『2001年宇宙の旅』IMAX上映情報ほか/cinefil

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新しい予告編。
いかにも現代のSF映画の予告っぽくなってて、
個人的にはこのバックの効果音や音楽には違和感を覚えるんだけどね〜。
でも、これで若い人たちを呼び込めるならオッケー。
スタイリッシュで、哲学的で、宇宙への夢とロマンと謎に満ちた164分間。
ヘイSiriも、オッケーGoogleもない時代に HAL9000よ?!
若人らよ、是非観てくれたまえ!
CGなど一片もナシにすべてアナログで製作されたSF映画の傑作を!!






# by team-osubachi2 | 2018-10-12 15:50 | 出かける・見る | Comments(4)
2018年 10月 10日

塩と紅茶で

季節の変わり目だし、気温の上下も激しいね。
毎年経験しているはずだのに、急に肌寒くなると、
え〜っと、何を着たらよかったんだっけ?・・・とちょっと考えてしまう。

油断した覚えもないのだけど、今月に入って喉の深いところがちょっと怪しい。
家にいるときもタオルをぐるりと巻いて保温してはいるのだけど
油断すると腫れそうな気配がする。

なので、この数日、日に一、二度と「塩紅茶」でうがいをする。

なんのことはなく、うがいできるほどの温度の紅茶に、小さじにふんわりひと盛りの塩
(口にした時にしょっぱいのがちゃんとわかるくらい)を溶かしてうがいをするだけの話ネ。

f0229926_08472419.jpeg

マグカップに一杯温かい塩紅茶でゆっくりうがいをすると、ビロウな話で恐縮だが、
紅茶に染まった粘膜がたくさん出てきて、
なんだかお口の中が消毒されているような気がするのであ〜る。
ついでに鼻腔にまで上がってきた塩紅茶が垂れて出てくることもよくあるのだけど、
これにもお構いなくうがいを続けて、あとでそっと鼻をかむ。
すると、不思議と喉の奥が落ち着いてスッキリする。

私にこれを教えてくれた友だちは、元は舞台女優の友人から教えてもらったのだそうだ。
あ〜、なるほどね〜。
舞台で声を出す人の知恵というなら、なおのこと信頼できる気がするではないか。
それに、うっかり飲んでしまってもなんの支障もないしね。

少しでも喉が怪しいなと思ったら、帰宅後にすぐ手洗いと塩紅茶でうがい。
これだけで、この秋冬、ずいぶんと避けられるものがあるに違いない・・・という気がする。


# by team-osubachi2 | 2018-10-10 15:35 | 日々いろいろ | Comments(4)