丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2019年 03月 31日

友も桜小紋、我も桜小紋

先週末、女四人のちいさな懇親会があったのでお出かけしてきた。
着物がらみの仕事を通してお会いした編集さんやライターさんや研究家さんたち。

お互い世代も出会った場所も年月もまったく違うのに
面白い角度から去年ピタリとご縁が繋がった四人で、
美味しいものをいただきながら、おしゃべり三昧の愉快なひとときを楽しんできた。

ことに、某出版社をすでに退職なさった着物と編集の大ベテランの方が
むかし入社二年目か三年目の時に、郷里の新潟でお見合いをなさって結婚が決まり、
結納を交わした日の「足入れ婚」といったむかしの婚礼話を興味深くお聞きした。
越中生まれの私とは十年ほどの違いでも、
雪深かった越後にはまだそういう婚姻の風習が色濃く残ってたんだなあ〜。
お父上の物の言いようも、戦後昭和の映画みたいに
映像として浮かんでくるようなお話が聞けてとても面白かった♪

この日集まった中で、ライターをしている友だちは着物を着て参加。

f0229926_23375877.jpeg

まるで夜の水面に漂うおびただしい桜の花びらを見るような黒地の江戸小紋に、
元はお祖母さまのものだったという絞りの羽織を活かしたくて帯に直したという
名古屋帯はほんのり茶がかった桜色。絞りのツノが揃ってて綺麗ね〜。
お太鼓の裂取りもとても洒落てて、そっちも写真撮らせて貰えばよかったわ。

道明さんの帯締めの色といい、紫の飛び絞りの帯揚げという組み合わせは
「私もすっごく好み〜!」な装い。
指輪のアメジストの紫も効いててお洒落ね〜♡

f0229926_23380861.jpeg

私も桜小紋を着て参加。
上代の生地に、桜色と鼠色とで染められた枝垂れ桜は
色柄の好みも寸法も私にぴったりで、この日の夕方、しつけ糸を抜いていたら、
まるで自分で誂えたかのような勘違いをしてしまった。w
いやいや、これは新古品のセールでポチったお品だから・・・と、誰に言うでもなく独りごちる。

f0229926_23373600.jpeg

帯は白、桃 柳茶(淡く緑がかった鼠色)と染め分けられたところに、
金刷毛でたなびく春霞のようなものが描かれた塩瀬。

この日は関西巻きにして、金色が太く描かれた面を表側に出してみる。

f0229926_23374607.jpeg

淡い草色の二分紐に、かまぼこ彫りの「祇園提灯」をぽっちりと留めて、
ひと足早く京都の「都をどり」をお江戸で先取りする気分。
そう、こんな風に一人勝手に“悦に入る”っていうのも装いの醍醐味よね♪

図らずも、友だちと二人して夜桜見物気分の装いとはなったかな?
愉快なひとときをありがとうございました♡


by team-osubachi2 | 2019-03-31 12:35 | 着物のこと | Comments(6)
2019年 03月 30日

近所で花見ブランチ&野点ごっこ♪

桜花はまだ満開ではないけれど、せっかくの週末。
今日はご近所で花見するつもりだったのに朝ゴミを捨てに出てみたら、
重たげな曇天と寒さに花見気分もすっかり萎えてしまった。

だのに、二度寝して起きたら突然ヤル気スイッチオン!
おし!行くどー!今日は〜!(明日もお天気ビミョーみたいだし)
30分で支度して、寒さと花粉対策をして、うちから徒歩3分の公園へGO!!

ここへ越して来て9年ほど。
広場(と子供と)と桜の樹が多い公園の下道ばかり気にして、
これまで上道のことは完全に失念してた。
二本の老木桜のそばにはベンチとテーブルもあるんじゃん!

f0229926_18141891.jpeg

水筒の熱湯でコーヒーを淹れ、ただの野菜サラダと、
粒マスタードを添えたソーセージと昨日買ったパンとで花見ブランチ。
途中ちょっとだけ晴れて、思ったほど寒さも感じなくなった。
大したものはなくても、お外で食べるご飯は美味しいね♪

f0229926_09013152.jpeg

いい機会だから、寄せ集めたマイ旅茶セットも初出動♪

f0229926_18143811.jpeg

新しい水筒のお湯の温度や量を確認がてら、自分でも一服。
たま〜にしか点てないものだから、何度やっても加減が下手っぴなままだ。w

f0229926_18150747.jpeg

何年も前からこの界隈に棲みついてるウグイスがいて、
食事中もすぐそばの木を移動しながら盛んにさえずっていた。

公園の上道側にあるひと隅。以前から知らなかったわけでもないのに、
なんでもっと早く思いつかなかったかなあ。
いやあ〜、勿体無いことしてたなあ〜。でも、何事もタイミングってあるからね。


by team-osubachi2 | 2019-03-30 18:55 | 食べる | Comments(2)
2019年 03月 29日

今年のヒメスミレ

今年の1月は雨無しのからから天気だったせいかな、
この大長屋のゴミ捨て場の土手に咲くヒメスミレが
なかなか顔を出さなかったのが、先週からようやく群れて咲きはじめた♡

f0229926_20214387.jpeg

よかった〜♪ やきもきしてたんだよ〜。

f0229926_20213143.jpeg

野の草といえども栄枯盛衰があって、毎年同じようで、かならずどこか違う。
何かで読んだことば「春はいつでも新しい」って、
つまりはそういう事なのかな。


by team-osubachi2 | 2019-03-29 12:56 | 生きものの世界 | Comments(2)
2019年 03月 28日

桃色

先月から月イチで再開したお茶のお稽古。

色は地味だけれど、二十代の時から着ている大島紬は
だいぶ柔らかくなって着心地良いんだ〜♪

帯は「もう若いかな?里子に出した方がいいかな?」と思いつつ、
きれいな桃色に惹かれてか、いまだ手元においたままの八寸をあわせて。

f0229926_08355266.jpeg

お稽古場の床には、利休梅と貝母の花、
お軸は、立ち雛の墨画に「桃花千歳春」の書。

f0229926_08360796.jpeg

紙の色、墨の色、そこに「桃花」の文字が見てとれるだけで、
侘びて寂びた世界に、ポッとあたたかみとはなやかな春を感じさせるんだなあ〜。

この帯を見た八十代の姉弟子さん方の目に悦びが表れたのが感じられて、
うん、そうだ、この先おいおいに老いていっても、
こんな桃色の帯を締めるってこと、あってもいいかもー♪・・・って思ったりして。

f0229926_08362399.jpeg

昨日もお薄のお点前。へ〜〜、四方に房がさがるお棚って初めて。
まだもたつく柄杓の扱いね、
指の動きを何度も確認しながら姉弟子さん方に点てて差し上げる。

許状は要らない、このお稽古の時間と空間(お茶とお菓子も)を味わいたい自分は
まだまだおらおらの下手っぴってところが楽しい ♪


by team-osubachi2 | 2019-03-28 09:12 | 着物のこと | Comments(6)
2019年 03月 26日

かまぼこ彫り、楽し♪

前回の彫りものから・・・あら、六年ぶり?
そんな間があいてました?

久しぶりのせいか、かまぼこ板をこつこつと彫るの、楽し♪

f0229926_09374299.jpeg

でも、逃避もほどほどにね。ははは・・・。

仕事に戻ろ。


by team-osubachi2 | 2019-03-26 10:22 | 着物のこと | Comments(2)
2019年 03月 25日

かまぼこ板の帯留め・第三弾(その一)

三月ももう今週で終わっちゃうね〜。来週はもう四月だよ。

去年私のところにやってきた枝垂れ桜の小紋と春霞の帯を見ていたら、
♪ みぃ〜や〜こ〜を〜ど〜り〜はァ〜・・・よーーいやサァ〜〜♪
・・・の掛け声が頭に浮かんで
にわかに「都をどり」にちなんだ帯留めが欲しくなっちゃった。

こういうのって、探してもまず見つからない。
だったら彫った方が早い。w

そんなワケで、今回まず急いでこしらえた帯留めは「祇園提灯」。

f0229926_12583104.jpeg

京都の祇園(甲部)では、恒例の「都をどり」が四月一日にはじまるね。
今年は(歌舞練場建て替え中につき)臨時で南座で開催されるため、お茶席はないらしいけど、
古い歌舞練場では、お茶席が設けられていて、日替わりで当番の芸舞妓ちゃんが
お点前とお運びをする姿を見られるのが楽しみだった。
(まるでベルトコンベアーに乗せられるみたいにえれ〜忙しないのだけど)

お饅のお菓子がのせられたお皿には祇園提灯のつなぎ団子模をもじった模様が描いてあって
そのお皿を貰って帰れるのが嬉しくてね。
色違いを何枚か集めておかずのお皿に愛用してたのに、
割ったり欠かしたりして、気がつけば手元にはもう一枚も残っていない。

f0229926_12550377.jpeg

またいつか春の京都へ桜を追いかけるような(気分だけでも)優雅な旅がしたいな。
そんな夢を抱き続けている自分への慰めみたいな帯留め、ひとまず出来上がり〜♪

しょせん「工作」だから、相変わらず仕上がりはどこかちょっぴり稚拙。w
でもこれくらいが「かまぼこ彫り」の味わいというか、良さなのかもネ?
さて、もうあとふたつ。時期がくるまでにおいおいこしらえましょ。

*過去ログ
かまぼこ板の帯留め・第一弾/https://okakara.exblog.jp/17435829/
かまぼこ板の帯留め・第二弾/https://okakara.exblog.jp/18665481/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







by team-osubachi2 | 2019-03-25 15:16 | 着物のこと | Comments(4)
2019年 03月 24日

ひさびさの、かまぼこ彫り♪

こんな帯留が欲しい。
でも、実際探すとなると見つからないし、見つけたとしても手が届かなかったり。
そこで、かまぼこ板を彫って自作することを思いついた
「かまぼこ彫り」の帯留シリーズ第三弾。

f0229926_21373686.jpeg

ひとまず三つくらいを粗切りしておいて、と。

もとより「工芸」なんて目指せるハズもないから、
あくまで「ただの工作」ってところを大事にして・・・。

f0229926_11055198.jpeg

取り急ぎ、ひとつだけ仕上げてみますかね。
間に合うかな・・・?


by team-osubachi2 | 2019-03-24 13:29 | 着物のこと | Comments(2)
2019年 03月 21日

開花

春は気圧の変動が激しい。
夕方、まだ陽のあるうちに買い物へ行こうとして、
その前に、丘の上界隈の畑や公園へ桜の木の様子を見に寄った。

ちいさな墓地や畑の脇にある早咲きの桜花は満開♪

f0229926_19355669.jpeg

菜の花も、いつの間にやら盛りを過ぎたくらい。

周りはいたって普通の住宅街だけど、
ほんのところどころだけのどかな田舎の風景が残ってて好きなんだ。

f0229926_19362300.jpeg

公園のソメイヨシノはまだ蕾か。・・・でも、あっ!
一本の枝先に花が六つ七つほど開いてるのを発見。

東京や横浜も開花宣言出されたそうだし、うちの近所も「開花宣言」ね!


by team-osubachi2 | 2019-03-21 23:16 | 日々いろいろ | Comments(4)
2019年 03月 20日

「PAUL」のスイーツ

昨夜は深夜までかかってようやくファイルブックを一冊まとめあげ、
今日は目標にしていた営業仕事を一つやりとげ、
午後帰る道すがら「PAUL」があったので、同行の友だちとお茶をした。

ええ〜っと、これ、なんて名前のデザートセットだったかな?
注文する先から名前が抜けていくのは毎度のことだけど、
ポット入りの紅茶と、デザート盛り合わせで1000円(+税)って嬉し〜♪

f0229926_17450723.jpeg

いやあ、やっぱ美味しいねー!「PAUL」。
さあ!営業がんばって、お仕事もがんばったら、また行こう♪


by team-osubachi2 | 2019-03-20 23:43 | 食べる | Comments(8)
2019年 03月 19日

新学期

学校はそろそろ春休み。
一年間を学び終えて、春、どんな気持ちだったかなと思い返してみると、
仲良くなった友達と次の学年も一緒のクラスになれるかどうか、
このことがとても気がかりだったように思います。
そして、どんな先生が担任になるんだろう?といったことでしょうか。

思えば、学生だったころの、わずか一時間、たった一日のなんと長かったことでしょう。
週に五日(当時は六日)も学校で半日を過ごすのですから、
好きな友だちがいるかいないか、気のあう仲間がいるかどうか、
相性がいい先生に当たるかどうか、はとても大きなことだったのだなあ〜と
今ごろになって気づくのでした。

そこここで田んぼの土や、土手の早緑と、まだほのかに冷たい風の匂いが
思い出とともに鼻先をくすぐってゆきます。


f0229926_15503310.jpg


「新学期」(c)Tomoko Okada

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます


by team-osubachi2 | 2019-03-19 15:55 | 人を描く