丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 31日

美しい手仕事、美しい布

生前うちのおふくろさんがいつも懐かしがって何度となく語っていたのは、
幼いころ、当時の農業政策の指導のためだろうか、
満州などでも農業指導(井戸掘りとかも)していたらしい祖父が
一家が朝鮮(現在の北朝鮮国内)に住み暮らしたひところの思い出だった。

寒い季節に、近所の朝鮮人の家へ兄妹で遊びにいくと、
言葉は通じなくても、そこの農家の子どもらと遊び、
帰るときにはいつもオモニが大根のキムチを出してくれたのだという。

その美味しさがわからなかった幼いおふくろさんは、
帰り道に田んぼへ捨てていたそうだが(なんちゅーもったいない)が、
親切にしてもらったのだろう、彼女の朝鮮での記憶は
いつも「懐かしい良い思い出」だった。

そういう話を聞いて育ったせいか、私自身は子どものころから朝鮮(という国土と庶民に)
ことさらな嫌悪をいだくこともなく大人になった。
(かろうじて入る太平洋側の旧FEN放送を聴こうとすると、
いつも大音量で流れてくる北の放送には辟易したけれど(^ ^;;)

先日のピョンチャンパラリンピック閉幕式で、
プラカードを持つ女性たちが着ていた防寒着の韓服のキルティング素材を見ていたら
むかし某着物雑誌で(モデルはたしか波乃久里子さんだったか)が
特別誂えの韓服のキルティングの和装コートをまとっていたのを思い出した。
あくまで特別にオーダーなさった方の参考品としての紹介だったけど、
草木染めと思われるシックな色合いの絹布と、
なんとすべて手縫いとおぼしきそのキルティングの布がなんとも不思議な魅力を放っていて、
とっても印象に残ったページだった。

閉幕式を見ながら、あ〜、こんな韓国式キルティング布の和装コート、
私も欲しいなあ〜♡なんて思いつきをFacebookにつぶやいたら、
お友だちの『布茶』さんが「ヌビですね」と教えてくださった♪
ああ、あの韓国キルティングの布はヌビって言うんですね。

布とお茶を巡る旅(ブログ)
金海子さんのヌビ/https://nunocha.exblog.jp/13490479/
金海子さんのヌビの作品/https://nunocha.exblog.jp/13507812/

金海子(キム ヘジャ)さんという方は
韓国の人間国宝(本国では何ていう言い方をするのかな?)でいらっしゃって、
ネットで検索していたら、こんな動画を見つけた。





金海子さんご自身もお美しいけれど、その佇まいや話す声やお住まいも美しいし、
その手から生まれるヌビのなんと美しいこと♡
・・・もう、ため息が出ちゃう。

朝鮮半島の歴史の上に、いまの国家と政治の諸問題とか抱えてる問題はいっぱいあるけど、
そういう現実の中でもまるで違う世界が同時に在る不思議。

ちなみに戦乱がひどくなりつつあった中、
祖父一家は朝鮮半島を南下し無事日本に帰国した。
赤ん坊の弟をおぶった母親(祖母)はそれ以上の子どもを抱えてはいられず、
お兄ちゃんとおふくろさんは、かろうじて自力で
歩くことが出来たおかげで帰ってこられたそうだ。
もしも歩けなければ、朝鮮に置いてこられたかもしれない・・・と
のちに中国残留孤児の人たちを見ておふくろさんはそう思ったらしい。

幼かったおふくろさんが見ていた朝鮮の山野や、農家の家々や、
遊んだ友だちやキムチをくれたオモニ、人々の様子ってどんなんだったのかな?
もしも“見るだけタイムマシン”があったら、ぜひ見てみたいものだ。

あ、もしも彼女が朝鮮に置き去りにされていたら、
私も生まれてなかったのか?・・・・・・か?

人生に「たられば」はないけどね、不思議だなあと思いながら、
私はいま日本にいて、ときどき朝鮮半島の現在を静観する。
綺麗なもの、美しいもの(美味しいものも♪)を
ただ見知るだけでも面白くて仕方がない。


by team-osubachi2 | 2018-03-31 09:57 | これが好き | Comments(4)
2018年 03月 30日

着物がらみの新刊のお知らせ

丘の上界わいはすでに初夏のような陽気の日が続いていますが、
三月と四月は卒業式や入学式だけでなく、
結婚式などのハレの日が多いこともありますし、
寒さから抜けてでた季節は心身のびやかになって
着物のお洒落を楽しむにはちょうどいい季節なので、
このシーズンに着物デビューを果たす方も多くいらっしゃいます。

そんなビギナーさん向けでもあり、
またあらためて着物のことよく知りたいと思う着物好きの方々に向けて
和装がらみの新刊を二冊ご紹介いたします。

*******************************************

ひとつは淡交社さんの月刊『なごみ』四月号。
先日発売されたばかりの四月号は帯の大特集です。

帯の種類から(帯の締め方そのものは出ていませんが)、
身長、年代によってお太鼓の形のバランスの取り方についてのアドバイスなどは
とても参考になると思います。
(帯の図でイラストを担当いたしました)

着物を着はじめて習いたいお稽古事の筆頭にあげられることが多い茶道ですが、
ベテランさんはもとより、これから着物でお稽古をしたいなと思い始めているビギナーさんに
ぜひ手にとっていただきたい一冊です。

月刊『なごみ』/淡交社

f0229926_08150996.jpeg

*******************************************

そしてもう一冊は日本文芸社さんから発刊の『あたらしい着物の教科書』です。
シックな着物をお好みな方々にはよく知られる「木下着物研究所」さんの
木下勝博さんと木下紅子さん夫妻がこのたび出されたご本です。

教科書と銘打っているだけあって、着物や帯の種類から着方(帯結びは前結びを提唱しています)、
組み合わせ方、始末の仕方、手入れの仕方まで着物に関するすべてのことを
木下好みの和装を紹介しながらおさえてあるご本です。
(各所補足としての線画イラストを担当いたしました)

こちらもシックな着物好きの方はもとより、
ことにいま着物をこれから着たいと思われる方や着はじめたばかりのビギナーさんに
おすすめする一冊となっています。

『あたらしい着物の教科書』木下着物研究所 木下勝博・木下紅子 著/日本文芸社

f0229926_08152533.jpeg

*******************************************

ともに発売中です。
ご興味のある方は、ぜひお手にとってご覧いただければと思います♪


by team-osubachi2 | 2018-03-30 09:30 | 着物のこと | Comments(0)
2018年 03月 29日

浅草『楽艸』さんのサンプルセールのお知らせ−2

*この催事は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が持っている浅草『楽艸』さんの履物は
シンプルな花緒のもの(が好みだものだから)ばかりなので、
サンプルセールに出す予定のもので、何か写真があったら送って〜ん!
・・・とお願いしましたところ、

こんなのとか、

f0229926_08372145.jpg

こんなのとか、

f0229926_08375975.jpg

こんなのも・・・

f0229926_08370531.jpg

あんなのもありますそうで、

f0229926_08374324.jpg

もちろんお草履だけでなく、こっぽり(木製)もあるそうです。

f0229926_08381300.jpg

ご興味のある方は、ぜひ浅草散策がてら、来週のサンプルセールへお出かけください。

*サンプルセール/4月2日(月)〜7日(土)
*午前11時〜夕方5時30分まで
*高橋慶造商店2階の『楽艸』ショールームにて
(台東区浅草5−68−4/電話03−3873−2398)

楽艸

f0229926_08025871.jpeg

来週、浅草花川戸あたりの桜は・・・きっと花吹雪でありましょう♪


by team-osubachi2 | 2018-03-29 08:52 | 着物のこと | Comments(0)
2018年 03月 28日

お酢の効いたものが美味しい季節

都内の桜はもう満開だそうだけど、
この丘の上界わいは、木によってはすでに七分、八分のもあれば、
まだ三分咲きのもあってバラつきがあるね。

いずれにしても、まだ三月だっていうのに、ちょっと早すぎる気がしなくもない?
うっかりするともう四月かと思っちゃうくらいあったかい。

こう一気にあったかくなると、食べるものも変わってくる。
おかずにもお酢が効いたものが美味しいなって思うようになってきた。

先日小女子と塩ワカメのいいのをいただいたので、
小女子は乾煎りにして、人参サラダにのせて食べるのが我が家の好み♪
(イタリアンでいえば「ラペ」ですかね。塩と胡麻油とお酢でこさえるんだけど)

f0229926_21060161.jpeg

ようやく野菜もお手頃価格になってきたので、
キュウリをバラではなく袋入りで買って来て、戻したワカメと酢の物に♪

f0229926_08035634.jpeg

お酢の効いたもの、たぶんカラダが欲してるんだろうね。

ウワサ(どこの?)に聞くように、これからの日本は、冬うんと寒く、
春はあっという間にすぎて夏はやたらに長く、
遅い秋もあっという間に終わってすぐ真冬・・・っていう四季になるのかなあ?

今日の予報では最高気温23度くらいまであがるそうだけど
もう初夏かと勘違いしてしまいそうだ。

えっと、今週はまだ三月だからね。
せっかくの春、桜だけじゃなく、ほかの草木の花もいっぱい咲いてるんだし
もっともっとゆっくりと味わいたいものだ。


by team-osubachi2 | 2018-03-28 09:26 | しみじみご飯 | Comments(4)
2018年 03月 26日

浅草『楽艸』さんのサンプルセールのお知らせ

*この催事は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京都の着倒れに対して、江戸は履き倒れの町と聞いたことがあります。
(神戸ってゆー説もあるようですが/笑)
お江戸下町浅草は和装の履物屋さんが多いところですが、
着物雑誌などでも度々登場している浅草の履物屋『楽艸(らくそう)』さんが
来週ショールームにてサンプルセールを開催します。

f0229926_22324043.jpg

*サンプルセール/4月2日(月)〜7日(土)
*午前11時〜夕方5時30分まで
*高橋慶造商店2階の『楽艸』ショールームにて
(台東区浅草5−68−4/電話03−3873−2398)

楽艸

f0229926_2350524.jpg

和装の履物として近年はカレンちゃんが登場し、
初めて履いてみたとき、その履きやすさはとても新鮮なものでしたが、
履きこなしてすっかり足になじんだところで、逆に懐かしさというのか、
木製のこっぽりやエナメル草履に本来の好ましさを再発見したのでした。

f0229926_23504756.jpg

もしも気に入った一足が見つかったら嬉しいですね♪

f0229926_10312119.jpeg

ご興味のある方は、どうぞお友達とお誘い合わせて、
浅草散策がてらお立ち寄りいただければと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*浅草寺の裏にある「雷ゴロゴロ会館」脇にある柳通りを歩いていくと、
(ゴロゴロ会館付近から)およそ十分ほどになるでしょうか。
浅草松屋前の都営バスという手もありますし、
タクシーでしたら浅草松屋付近の乗り場から馬道に入って2〜3分、
デニーズ前で下車するとすぐのところにあります。
f0229926_08025871.jpeg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*ご参考までに(過去ログ)
・楽艸さんのこっぽり/https://okakara.exblog.jp/14503608/
・楽艸さん平成中村座へ/https://okakara.exblog.jp/16972335/
・楽艸さんの履物のこと/https://okakara.exblog.jp/24733942/


by team-osubachi2 | 2018-03-26 23:56 | 着物のこと | Comments(2)
2018年 03月 25日

88歳の女性博士

昨日Facebookで毎日新聞社のタイムラインを見ていたら
こんなニュースに出くわした。

立命館大 88歳の女性研究員に博士号 国内最高齢/毎日新聞

わあ〜!スゴいね!!

縄文時代の布についての論文だそうだけど、
どんな内容か興味がわいてくるじゃない?
いったいどんな布なのか、ぜひお話を拝聴してみたいものだなあ〜♪

f0229926_22510264.jpg

国内最高齢という女性博士の誕生・・・なんだか遅咲きのすみれみたい♡
なんとも目出度い年齢でいらっしゃることにもビックリだけど、
いくつになっても好奇心と興味と勉学への尽きない情熱が
写真のお顔からも伝わってくるかのよう。

このたびは本当におめでとうございます♪
勉学に年齢って関係ないですネ。


by team-osubachi2 | 2018-03-25 23:13 | 日々いろいろ | Comments(0)
2018年 03月 23日

KIMONOでASAKUSA

一昨日の雪がウソのように、昨日の午後は晴れてキモチのいい青空になった。
月に一度、舅どのが浅草寺真裏の病院へ行くのに付き添い、
受付をすませたあと、あとは同行の義理の叔母ちゃんにお願いして、
その間にお使いで買いものへ出た。

f0229926_12384715.jpeg

おりから咲き始めた桜に誘われるかのように、
浅草寺界わいは大勢の観光客でたいそうな賑わいだ。

f0229926_12390471.jpeg

人の群れをよけて歩きながら見ていたら、
可愛らしく振袖を着た一人の女子が、浅草寺をバックに彼氏を撮っていた。

と、思いっきりしゃがんだものだから袖が地面についたのを彼氏が指摘して、
女の子は立ち上がって写真を取り直したまではいいんだけど、
あらら、今度は思いっきり大股を開いてカメラを構えて撮影したのを見て、
ああ、海外のお客さんだったのか、と気がついた。

いったい何年前から着物を来て観光地を散策することが流行りはじめただろう?
もともとだいぶ以前からこういうプランもないワケじゃなかったと思うけど、
海外からの観光客の間でこうも人気になるとはねえ〜。

f0229926_21500197.jpeg

でも、彼らのキモチもわかる気がする。
私も二十代のころ、コスプレ感覚で着物着て↑浅草を散策してたんだもん ♪

もっとも当時は着物着た若い女子はほとんどいなくて、少しばかりさびしかったから、
自分で段々に仲間を増やしたのだけど、いまじゃこの界わいで着物を着てるのは
日本人よりも海外からのお客さんの方が多いんだもんなあ。

卒業旅行とおぼしき女子グループもいれば、
アジア人だけでなく、欧米から着てる女子や、
カップル(日本人じゃなかったりする)で着てるコたちもいて、
いろんな着物姿をこんなにたくさん見られるようになって
なんでかな、ちょっとばかりこそばゆいような気もするけれど、
春、桜も咲いている浅草がこんな風ににぎわってるのを見るのはやっぱり嬉しい♪
観光客の皆さんには桜シーズンの日本の旅を存分に楽しんでいただきたいものだ。
いい思い出がいっぱい作れますように。


by team-osubachi2 | 2018-03-23 22:50 | 着物のこと | Comments(4)
2018年 03月 22日

行けなかった『日本万国博』を観る

先日GSS7でゲットしてきたEXPO'70の半纏を見て、
相方はおもむろに暗黒部屋的図書室に潜入し、
奥からしれ〜っとこんなものを取り出してきた。

f0229926_22252406.jpeg

は?・・・えええーーーっ?
いったいいつの間にそんなものを買って持ってたん〜?!

なんと公式長編記録映画『日本万国博』のDVD?!

f0229926_22253976.jpeg

十年ほども前に買ったものの、一度も見ないままだったらしいのを、
たまたま今月、太郎ちゃんの太陽の塔は復刻するわ、私が半纏を買ってくるわ、
テレビで放送もするわで、まさに機は熟した?さあ!今こそ見るべし!?

f0229926_22245863.jpeg

いや〜〜、開幕式のご臨席たまわったご来賓や招待客がスゴイ!
昭和天皇陛下と皇后陛下、皇太子殿下と妃殿下(美智子さま♡)、
(おそらくこどもの日にあわせてか、幼い浩宮さまと礼宮さまもご来場)
それから首相は佐藤栄作でしょ、もちろん設計の丹下健三氏にかの岡本太郎氏でしょ、
思いがけず川端康成センセのお顔もあって・・・。

参加国のコンパニオン女性らのご挨拶・・・着てるコスチュームがなんとも
70年代に描かれた近未来的コスチュームはおされだし、
フォークロアはあくまでベタな民族的衣装でとっても可愛いんだ〜♪
日本の着物もすごい素敵なの。
私好みの、もろ昭和的好みが見てとれる着物で、晴れ着の色合いの美しいこと!
当時人類の叡智と科学の最先端を謳った万博ではあっても、
オープニングのショーは今のものとは違い、手作り感満載ってところがなんともイイの。
世界の国々がはるか遠くの見知らぬ国々だったころの万博・・・。

映像に残されたあっちこっち各国のパビリオンの様子や、
何より来場した観客みんなの様子の面白さったら、書きだしたらきりがない。

じつに正味137分の感動巨編(?)である。
面白い、とても面白い!
当時の私はといえば、富山の片田舎に住み暮らすまだ保育園ひよひよの小児で、
そもそも「日本万国博』というもの自体が何なのかわからなかったのだから、
クラスメイトに一人か二人行った子がいたように思うけれど、
それが羨ましいとも何とも思っていなかったんである。
何十年も後になってこんな記録映画を見ることになるとは思いもしなかったなあ〜。
カバーにある通り、これってまさに見るタイムマシーンだわ。

そうそう、これが話題だったのは、子ども心にも記憶にあるわ!
「月の石」・・・?!

f0229926_01404706.jpeg

太郎ちゃんの太陽の塔の内部のオリジナル映像もある。

f0229926_22260260.jpeg

・・・・・・行け?
やっぱり?この半纏着て行け?
でも、すでに4ヶ月先まで予約でいっぱいらしいよ。
ま、この映像を堪能できただけで私はいっかな〜♪

それにしても、なんだろうなあ〜、そりゃ公害とか汚職とか社会的な問題は
今と変わりなくいーーっぱいあったろうけど、元気がなくて覇気もない今現在の日本より、
この1970年の映像からは、夢と希望がいっぱいで、
はち切れそうな勢いみたいなものを感じるのはなんでかなあ〜?

ちょっとしたタイムカプセルを発見したようなキモチになる記録映画である。
いいもの見せてもらったな。ありがとさん♪



by team-osubachi2 | 2018-03-22 23:40 | 出かける・見る | Comments(4)
2018年 03月 21日

うちの洋食

決してまだ安いというワケではないけれど、
(でも農家の事情もあるから、あまり野菜の値段に文句も言えないし)
春キャベツが出回りはじめたのが嬉しい♡
ジャクジャクと刻んでおく。

f0229926_07531742.jpeg

その日のおつとめ品にイワシの開いたのがあったので、
うきうきと2パックも買って、ひさしぶりにフライをやった。

春キャベツの千切りはフライを引き立て役にはもってこいだネ♪

f0229926_07533342.jpeg

昨日は晩ご飯の献立がまったく浮かばなかったので、
スーパーに行ってしばしうろついてからようやく思案が決まった。

低予算で、カロリーも低く抑えられる豆腐入りハンバーグにした。
ひき肉と同じ分量で水切りした木綿豆腐を混ぜ込んであるんだけど、
年のせいかなあ〜、いまやこんな豆腐入りの方が食べやすかったりする。

f0229926_08395615.jpeg

今朝、ゴミ捨てのときはまだ小雨だったのが、
昼過ぎになって、なんだか冷えるなあ〜とカーテンをあけたら、、、
雪だった?!

ふわ〜、どうりで寒いハズね。
でも、関東って三月に雪降るのはそうめずらしくもないでしょ?
遅めのお昼にはそんなワケで(どんなワケよ?)雪見ナポリタンにした ♪

f0229926_16444753.jpeg

こう洋食をならべてみると、和食も恋しくなってくる。

f0229926_16443020.jpeg

今夜はあっさりと熱々の湯豆腐にしようかな。
白菜とネギ、もっと安くなってくれてると有難いんだけど、
そうそう、農家さんの事情もあるからね、
つべこべ言わず、まずは買い物行ってこなくちゃ!

雪は?・・・どうやら止んでくれたみたい。
しかし、外はむっちゃ寒そうだ。


by team-osubachi2 | 2018-03-21 17:14 | しみじみご飯 | Comments(4)
2018年 03月 20日

今年のヒメスミレ

昨日の夕方、買い物に出ようとして
ひょいとうちの長屋のゴミ捨て場の土手を見たら、
小指の爪先くらいのちいさな紫色の点々が目に入った。

あら?!ヒメスミレの花・・・いつの間にか満開の時期を迎えてたんだね。
よく見れば、去年よりさらに数が増えてて、なんだか嬉すい〜〜〜い ♪

f0229926_20381543.jpeg

数年前からボランティアでやってる土手の草むしり・自称「土手ラー」のときには、
自分なりの基準で、これは不可、これはオッケーと選んで草取りをしてるのだけど、
スミレの葉っぱも摘んでしまわないように気をつけている。

もともと何年も前からひっそりと咲いてはいたのだろうけど、
わずか数年の間、選別して草むしりをした、ただそれだけなのに、
確実に数を増やすってどういうことだろう?

ある程度は理屈でわかるのだけど、
個人的には、なんとな〜く、スミレの側も、こちらの意図にわずかに反応して
数を増やしてるとしか思えない感じがしたりして・・・。w

出来るものなら、この土手いっぱいヒメスミレの花が咲くといいなあ〜♡って思う。

f0229926_20372560.jpeg

とまあ、ヒメスミレの方はいいけど、その一方で、
ちょっと残したつもりが、翌年一気に増え過ぎたハハコグサとチチコグサ。
これはなるべく早くに摘まなくちゃ!
花から種子になって飛散する早さときたら、もう油断も隙もないことが判明。

野の草は決してこちらの思うままにはならないところが、ま、魅力といえば魅力なんだけど、
うかうかしてる間に、今年も野の草がめきめきと育つ季節に突入しちゃったなあ。
日ものびてきた分、なんやかや忙しくなる。


by team-osubachi2 | 2018-03-20 09:40 | 生きものの世界 | Comments(8)