丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日々いろいろ( 608 )


2019年 04月 23日

薫風と野点

*4月22日(月)晴れ

春先に「お待たせ!寄せ集めの野点セットができたよ〜」と声をかけたら、
ライターの友だちMちゃんからリクエストがあったので、
封を切った新しい抹茶をジャム瓶に、熱々のお湯をポットにそれぞれ詰め、
一閑張りの籠に一式全部をセットして、さあ!野点ごっこの本番だよ〜♪

そうそう、その前に、お軸がわりに何か葉書にしたため持って行こうかと思いつき、
調べてみたら、いま話題の万葉集の中にこんな一首をみつけた。

ーーーわが屋戸の花橘にほととぎす今こそ鳴かめ友と逢える時ーーー
大伴書持(おおとものふみもち、父は旅人、兄は家持)読める

あら!今回の私たちにぴったり〜♪
自分なりに考えて文字を変体仮名に直してみる。

ーーーわ可やとの 花多ちは那に 本ととき須 い万こ曽奈可免 とも耳逢へると支ーーー

紙の空間を活かすような工夫なんてまだ出来ないし、
丁寧に書くだけで精一杯。でもいいんだ。
葉書はそのまま友だちへのお土産にした。

f0229926_00065271.jpeg

場所はたくさんの人で賑わう商業地域をちょっと奥まで行ったところにある野っ原。
遊具などもなく、市民がひと息つける憩いの広場みたい。

f0229926_00112457.jpeg

大きな樹があって、その木陰に場所を決めて、敷物を広げる最中から、
うふふ、あはは、うふふ・・・笑いが出ちゃう。
いい季節だね〜。野っ原、気持ちいいねえ〜♪

公園の横にあるお洒落な海外アパレルブランドの喫茶室にいたお客さまが
興味深そうにニコニコとこちらを見ていたので、こちらからも笑み返したり、
自転車に乗っていたおばちゃんがわざわざ降りて「いいわねえ、野点?」と声をかけて行く。

友だちは黒いお茶碗を選び、私は朱いお茶碗にして、
さあ、袱紗もないからお点前なしに点てようとして、あらあら、どうしましょ?!
もうひとつの茶碗で慌てて茶筅通ししたりして、お喋りに夢中で手順はもうむちゃくちゃ。
でも、いーの。今日はぜ〜んぜん気にしないんだ。
(って、それじゃお客さまに申し訳ないから、次からはちゃんと意識しないとね)

お菓子はMちゃんが用意してくれた。
木の芽がほんのり香る薯蕷饅頭、それと季節のお干菓子。
美味しかった〜♪ どうもありがとうさんでした。

f0229926_00085919.jpeg

この日、友だちは紺絣の木綿の単衣に八寸帯という姿。
私は荷物が多いから、なんちゃって琉装で。
(この季節プチ熱中症になりやすいのでそこも警戒して)

f0229926_00062373.jpeg

萌え出ずる新緑のチカラと、お抹茶のチカラ。楽しいお喋りのひととき。
忙しい仕事をこなしながらお母さんの介護を頑張っている友だちへ慰労の一服。
心配したお湯の温度も丁度よく「美味しい」と言って貰えてひと安心。

街を離れる時、ちょっと気温も高かったからくたびれるかと思いきや、
不思議と私も元気をいただいて帰ってきた。
風が気持ちよかったよね、またいつかやろうね♪


by team-osubachi2 | 2019-04-23 18:40 | 日々いろいろ | Comments(4)
2019年 03月 21日

開花

春は気圧の変動が激しい。
夕方、まだ陽のあるうちに買い物へ行こうとして、
その前に、丘の上界隈の畑や公園へ桜の木の様子を見に寄った。

ちいさな墓地や畑の脇にある早咲きの桜花は満開♪

f0229926_19355669.jpeg

菜の花も、いつの間にやら盛りを過ぎたくらい。

周りはいたって普通の住宅街だけど、
ほんのところどころだけのどかな田舎の風景が残ってて好きなんだ。

f0229926_19362300.jpeg

公園のソメイヨシノはまだ蕾か。・・・でも、あっ!
一本の枝先に花が六つ七つほど開いてるのを発見。

東京や横浜も開花宣言出されたそうだし、うちの近所も「開花宣言」ね!


by team-osubachi2 | 2019-03-21 23:16 | 日々いろいろ | Comments(4)
2019年 03月 11日

8年目の「3.11」

正直に言えば、思い出さないことの方が多いです。
でも、忘れているのではありません。
ちょっとした、ほんの小さなきっかけでも、すぐに記憶を呼び覚まされます。

知らないことも未だ未だたくさんあります。
明るい報道を見ると、そうか、それはよかった、とサラリと流していられます。
でも、いくつか見てきた報道の中で、ゆうべ見たNHKスペシャル、
「終の住みかと言うけれど〜取り残される被災者〜」これは切ないものでした。
問題はそこここで常にたくさん起きているのだと知らされます。

f0229926_09424804.jpg

今の自分にできることは何でしょう。
そっと祈って、ちょこっと寄付したり、産地のものを買ったり食べたり。
そして、これからも静かに経過を見守っていきたいです。

備忘録
「先祖の声が聞こえるー私が見た東日本大震災」
AFP記者コラム(ミエ・コヒヤマ/2017.5.2)/AFP BB News

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*本日限定↓「3.11」と検索するだけで、ヤフージャパンから10円が復興支援のために寄付されます
3.11企画「いま、わたしができること。」/「3.11」検索は応援になる。/Yahoo!JAPAN

*Tポイントで出来る寄付があります
東北の高校生の進学・就学のために給付型奨学金「まなべる基金」等/Yahoo! JAPAN ネット基金


by team-osubachi2 | 2019-03-11 09:46 | 日々いろいろ
2019年 02月 19日

桃の花もひらいて

さすがに去年はまったくそれどころではなかったのだけど、喪もあけたので、
二年ぶりにお出ましいただいた・・・私のお雛さまたち♡

f0229926_12171405.jpeg

私の齢と変わりないはずだけれど、すずやかなお顔だけはまだまだ綺麗で
シミ・シワひとつない。(←あったら怖いわ)

でも、よ〜く見れば傷みがきはじめてる。
女雛さまの髪飾り、ビラビラの一枚がポロリと外れた・・・!
ルーペで見てみたら、留具が錆びて切れてしまったようだった。
仕舞うときにでも手当てを考えようか。

f0229926_12180922.jpeg

おおきな立ち雛の足下に飾ったのは、京都土産に連れ帰ったちいさな立ち雛。

こういうちいさな人形も、やっぱり京都のものは丁寧に作ってあって
色柄も繊細で雅びやかで綺麗ね♡

どことなく眠気を誘われるお顔だけど。w

f0229926_12173525.jpeg

二段めには奈良絵のお扇子を置いて、これも京都土産に買って帰ったお豆な雛段を。
この豆雛も眠たそうなお顔だけど大好き♪

三十年は経ってるけど、案外元気ね。
一緒に飾ろうと銀座の伊東屋で買ってきた
粘土細工の菱餅、桜と橘、雪洞の方が先に古びてきたようだ。

f0229926_12174746.jpeg

三段めには母親や友だちママが手遊びにこしらえた
ミニお手玉や、ガチャの玩具もついでに並べちゃえ♪

f0229926_12175710.jpeg

棚にお人形だけ飾り終えてみたら、何かが足りない気がした。

夕方の買い物ついでに、スーパーで桃の花を買ってきて
ちいさな瓶子に挿して両脇に置いてみたら、
ふわあ〜っとお人形たちの顔に生気が宿ったみたいになった。ほおお〜・・・。

古い人形(ひとがた)ほど、そのそばには生きている花を飾ったほうがイイのかも。

f0229926_12172402.jpeg

蕾ばかりの枝だったのに、室内の暖かさのせいか、
縮こまっていた蕾もじきぽんぽんに膨らんできて、朝には花がひらいていた。

今日は「雨水(うすい)」だそうな。
節気の通り、朝から曇天で、夜には雨が降るらしいけど、
この部屋の隅だけ一足早く華やかな春気分〜♪


by team-osubachi2 | 2019-02-19 14:15 | 日々いろいろ | Comments(0)
2019年 02月 03日

一陽来復と一陽来福

朝からあったかい。
肩の力が抜けて、気持ちも身体もどことなく軽やかだ。
だって今日は節分だもの。たとえまた寒さがやってこようとも、明日は立春よ♪

先月のことになるけど、この方、詳しいことは何も知らないまま
初めて「一陽来*」のお札をいただこうと早稲田へお参りに行き、
授かって来たお札をお家で見てみたら・・・あれ?
他所ん家やお店なんかでよく見かけるのとはなんか違う?

なんのことはなく、私がお参りしたのは放生寺さんてお寺さんで、
いただいて来たのは「一陽来福」のお札だった。

その後になってちゃんと検索して見たら、
「来復」と「来福」違いで、ふたつあることを初めて知った。
もちろんどちらもご利益はある(招き猫の右手と左手の違いのように)。

へえ〜、知らなかったなあ〜。しかし、相変わらず私もそそっかしいねえ〜。

で、どーする?今回はお参りした放生寺さんのお札だけ貼る?
それとも、もっかい早稲田へ行く?せっかく初めてなんだし行こうか?・・・と思案していたら、
なんとまさにそのタイミングで友だちからLINEでメッセージがきた。

「穴八幡のお守り買って来たけど、いる?」

ひゃあ!ビックリしたあ〜!どしてわかったの?見てたんかい?
穴八幡さんの「一陽来復」、いる!いる!是非ともいただきます!!
・・・と、先週友だちと会ってお札をありがたく頂戴してきた。

このお札、恵方に向けるだけでなく、貼るタイミングも決まってるんだってね。
でもって「来復」は上に、「来福」は下に。
ふむふむ、節分から立春を迎えるその時に貼るのか。

内心、あーんまり細かいとこまで神さまはお気になさるかしら?と思いつつ、
かといって出鱈目にやって効力なしでもいけないとは思うから、
一応お決まり通りにやっておきましょうかね。はじめてなんだし。

それじゃあ、今夜は恵方巻き食べることより、豆撒くことより、
しっかりと時間を見てありがたいお札を貼らせていただこうかな♪

f0229926_15550592.jpeg

ちょいとふくれっ面の鬼の顔は、以前人からいただいた豆菓子の袋。
今は(母方の祖父の形見の)古い天眼鏡入れとして、机の上で睨みをきかせてる。

私がまたしても“逃避”してやしないか・・・て?w

f0229926_15552051.jpeg

うーむ、効果のほどはしれないけど、この天眼鏡、ローガンになったいま
母方の祖父がどんな風に愛用してたかを実感できる歳に私もなって来たようだ。

さあ、今夜はせっかくのお札を貼るの、忘れないよーにネ!w


by team-osubachi2 | 2019-02-03 16:36 | 日々いろいろ | Comments(2)
2019年 01月 29日

冬の土用

数日前、家の近所を歩いていたら、
この真冬に何を思ったか、ベルベットのような花びらを綻ばせて
きれいなバラの花が一輪咲いているのをみた。

あらら、どうしたこと?しかもこんなカラッカラのお天気に。
バラの花には申し訳ないけど、私はいま、お湿り、いや、お湿りじゃ足りないな、
いっそ大雨が降ってほしいと願っている。

f0229926_08062192.jpeg

まあ、それはともかく。
昨日ラジオを聴きながら台所仕事をしていたら、
ゲストの方のトークで、冬の土用について話されていたけど、
年に四回ある土用のうちでも、冬の土用の期間は、
一年を通じて一番気をつけたい大切な時期なんだそうで、
それはつまり「体の冷え」に気をつけなくちゃいけないってことらしい。へーーー。

以前は年に四回も土用があるなんて知らなかったけど、
検索していたら、こんなサイトが出てきた。

[2019年度版]冬の土用って何をしてはいけないの?間日や食べ物の意味/さんぽみち

な〜るほど〜。道理で、この方、長屋のゴミ捨て場を囲む土手に、
こんなにカラっからのお天気でも育つ雑草の草取りもどうも気がすすまないし、
ベランダの植え替えもやる気になれないのは土用のせいか?・・・な〜んて思って見たり。
(本音は、単に寒いからってだけの話だけど)

ホントに理解できてるかは不明だけど、この宇宙と大自然から
人間が長い長い時間をかけて見つけだした摂理って何かしらあるんだろうなって思うし、
自分の日常と気候や食べ物とつながりがある方が、日々に飽きない気がする。
雑節をちょっぴり知ってる方が、暮らしの彩りって豊かな気がする。

昨日の夕方、ひとっ走りお習字へ行ってきた。
自分の都合で半年ほどお休みをいただいているのだけど、
昨日は先生に見ていただきながら、ハガキを持参して寒中見舞いを書いた。

f0229926_10103337.jpeg

やぱやば!早くしないと、立春がやってきちゃうよ〜!

ちなみに冬の土用は節分の日でおしまいだそうな。春や遠からじ。


by team-osubachi2 | 2019-01-29 10:21 | 日々いろいろ | Comments(4)
2019年 01月 23日

デコボコ

人生はデコとボコとで出来ている。

だんだん調子が上がってきたな、いいな、なんて思ってたら、
知らぬ間にトンと軽くつまづいて、気がついたら
あれ?なんでこんなに落ち込んでるんだ?ってことにもなったりする。

そうなると、表からはパッと見わからないところで、
悩みのタネは低温火傷のようにジクジクと痛む。

↓こんな記事が目にとまった。

ロシアのアニメーション作家、ユーリー・ノルシュテインさんが
30年も手掛けてきた『外套』のドキュメンタリー映画が公開されるらしい。



これ、見たいな。それにしても、一本の作品に30年・・・。

長い創作活動中には、これほどの巨匠でも、凹むこともあるのかな。そりゃあるか。
自分の変化に戸惑ったり、苦しむ時期もあるかな。そりゃあるか。ない方がおかしい。

というより、その苦悩も巨匠クラスとなるとケタ違いに大きいかも。

f0229926_23184308.jpeg

昨日、装画塾の若いクラスメイトの個展の最終日だったので、所要を済ませたあと見に寄った。

カフェが経営するちいさなギャラリー。
キュートなカフェラテを喫しながら、卒業後の互いの近況をお喋り。
去年彼女は人生の大波乱があったのに、
今一人で元気で頑張ってる様子に、こちらが励まされた感じ。

失敗続きや迷いで凹んでる場合ぢゃないヨ。・・・うん。

人生はデコボコ。
ボコったら、あとはデコるだけ。
一つおおきく深呼吸し、自分を落ち着かせてからまた前へ。


by team-osubachi2 | 2019-01-23 09:19 | 日々いろいろ | Comments(6)
2019年 01月 21日

9周年記念

昨日は9周年の記念日だった。

物品の贈り物に興味がない私が思いついて、紙婚式以来
毎年手書き(手描き)のカードを交換するのがこの日のお定まりになった。

文章はうんと短くていい。
(真面目に文章綴ってても照れるし、それだとたぶん続かない)
それよりも、お互い落書き好きのせいか、この間どこへ行ったとか、何を見たとか、
そんな記憶をゆるい絵日記みたいに好き勝手に描いて、
ひと言メッセージを記して交換するだけのものだけど、
溜まってくるとこれはこれで面白かったりする。

f0229926_13440393.jpeg

昨夕近くへご飯を食べに行き、その帰り、駅前の花屋さんでおねだりをした。

たぶんお正月のお飾り用松の売れ残りとおぼしき小さな黒松のポッド。
命名「マツコ」。w
折をみて手持ちの鉢に植え替えてあげようかな。
その前に、ちょっと土のこととか調べた方が良さそうだ。育てたことないし。
せっかくのエバーグリーン、枯らすまい。


by team-osubachi2 | 2019-01-21 13:53 | 日々いろいろ | Comments(8)
2019年 01月 17日

いつものお守り

今日1月17日。
早いもので、あの阪神淡路大震災から24年が経つのだそう。
そっと犠牲者のご冥福を祈る。

ラジオでも防災の話題が出る。
いい機会だから、今日は日ごろ持ち歩いてる非常時ポーチをちょっと点検しておいた。

以前お友達からいただいたポーチは結構みっしりと入る便利サイズ♪

f0229926_15414970.jpeg

このポーチには、エマージェンシーブランケット、携帯ラジオと電池にとイヤホン。
それから常備薬にポケムヒ、マスク、小さなポリ袋、携帯トイレ、ティッシュ。

そこへ今回、家族の電話番号を記した紙片とテレカを追加しておいた。

f0229926_15424811.jpeg

それからキーケース。相方が以前小銭入れにしていたののお下がり。
こちらには、自宅の鍵(鈴付き)、相方の実家の鍵、
小型ナイフ(ハサミとボールペン内蔵)、LEDのキーライト、ホイッスル、そしてメジャー。

・・・・・・メジャー?!?
いえね、何かの時に寸法計りたいってことあるでしょ?・・・ない?

f0229926_15423161.jpeg

ホイッスルは阪神淡路大震災以来、
ラジオとブランケットと携帯トイレは東日本大震災以来持ち歩くようになった。
あの日、切実に身近に欲しいと感じたもの。

スマホのチャージャーと充電池については、う〜ん、どうするか目下検討ちう。

そして、非常用ポーチには、豆地蔵さん♡
・・・どこで買ったんだっけな?忘れちゃった。

f0229926_15425989.jpeg

ちょっと持ち重りするけど、これが私のお守りみたいなものデスね。

もちろん「役立たずの出番なし」という状態が一番いい。


by team-osubachi2 | 2019-01-17 18:16 | 日々いろいろ | Comments(2)
2019年 01月 01日

平成三十一年 元日

関東地方は穏やかに平成最後の年、2019年の元日を迎えました。

***************************************


f0229926_17054092.jpeg

***************************************

暮れにお友だちから毎年浅草の羽子板市の時だけ売られる
「己亥(つちのと・い)」の字を記した小さな羽子板を頂戴しました。

十干(甲乙丙丁戊己庚申壬癸)と十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)、
この十干・十二支の文字の組み合わせで、
「己」と「亥」が組み合わさるのは六十年に一度だけ。
今年使わないと、次に使えるのが六十年後ということになるので、
それは勿体ない気がして、勝手ながらこの棚の上だけ喪も治外法権にさせてもらって
干支のウリ坊と一緒に飾ることにしました。

さて、その「己亥(つちのと・い)」の今年はどのような一年になりますか、
どうぞ世も人も平らかでありますように・・・と、祈る年明けです。

備忘録:「己亥(つちのと・い)」


by team-osubachi2 | 2019-01-01 02:16 | 日々いろいろ