カテゴリ:これが好き( 148 )

わが青春時代のヒーロー

二十歳前後の青春まっただなかの私にとってクラシックバレエとNASAは二大関心事だった。
まったくもってばかばかしいことではあるが、
そのころの私の将来の夢(妄想ともいう)のひとつは、
もしも結婚したら男の子を一人と女の子一人を産んで
女の子はバレリーナに、男の子は宇宙飛行士にする〜♪・・・というものだった。

科学好きでもいらっしゃるフリーアナウンサーの楠田絵里子さんが
当時原宿の竹下通りのわきにある通称(?)「ブラームスの小径」に
天文と宇宙開発のグッズを輸入販売していたお店を開いていらして、
上京した私は一人で原宿にでかけ、住所を頼りにそのお店を探し、
ときめきと共にお店へ行ってはスペース・シャトルのプラモデルだの、
海外の星座表ポスターや月面ポスターを買い、部屋に飾って悦に入ったりもした。

ときどきそのお店で科学者さんらを招いてトーク会やミニ講演会もあったりして、
たま〜にそんな会でお話を聴いていた私が心ひそかに妄想していたのは
「いつかジョン・ヤングさんが来日して講演するときには
絶対行ってお会いするわ!」ということだった。

月面に二度も降り立ち、スペースシャトル・コロンビア号の最初の船長であった
ジョン・ヤング元宇宙飛行士は、二十歳のころの私のヒーローだったから。

f0229926_22175349.jpeg

©NASA

おかしなことに、もう一方の私のヒロイン、憧れのバレリーナ森下洋子さんと
ひょんなことから青山の隠れ家のようなバーでお会いできたという事も重なったせいで
「心に強く思えば願いは叶う♡」ものだとかたく信じていた。

でも、いつしか私の関心事も移り変わってしまって、
その後ジョン・ヤングさんを想うのは、宇宙開発の大きなニュースや
話題の映画に触れたときくらいのものになってしまった・・・。

年が明けたばかりの1月5日のこと、
わが青春時代のヒーロー、ジョン・ヤングさんが亡くなられた。御歳87。

とうとうお会いすることが叶わずに終わってしまったけれど、
この丘の上の空から、はるか遠くヒューストンへむかってご冥福をお祈りする。

NASA Mourns the Passing of Astronaut John Young / NASA

by team-osubachi2 | 2018-01-19 08:28 | これが好き | Comments(0)

Faber-Castell の鉛筆

子供のころからなじんだ道具でも、
大人になってはっきりと「好き」だと認識できたものがある。
そのひとつは透明水彩。

でも、それよりももっと古くからつきあっていながら
これも大人になってあるときようやっと「好き」だと気がついたものがある。
・・・それは鉛筆。

f0229926_18041450.jpeg

お土産にもらったFaber-Castellの9000番シリーズ・ジャンボ版2Bの鉛筆。

引出しに仕舞いっぱなしだったのを、
これからとりかかる挿し絵仕事(子供向け)の海外の資料を集めていたら、
なぜか急に思い出した。
この鉛筆でラフスケッチを描きたいなあ〜♪
とかく自分はとりかかるまでに時間がかかるタイプなのだけど
これで描くと気分があがる・・・気がする。

そして、たった今検索してみたら・・・あっ!え?へええ〜〜!
これから描く挿し絵は中世のニュルンベルクが舞台のお話なのだけど、
世界で最初の鉛筆も、Faber-Castell社の創設者も、
偶然ながらなんとニュルンベルクの出だという。

こんなこともあるのね〜・・・呼ばれた、かも?w

Faber-Castell(日本サイト)

by team-osubachi2 | 2018-01-18 09:42 | これが好き | Comments(2)

台所の道具

届けられた包みを開け、ビニールの封を切ると檜の香りがした。

使わせていただく前に、カタチ良く並べて記念撮影。w

f0229926_16011246.jpeg

これも「用の美」だなあって思う。

ましてや忙しなくなる暮れの台所仕事だけど、気持ちが高まる。

感謝♡

by team-osubachi2 | 2017-12-17 13:14 | これが好き | Comments(4)

餅花飾りをこしらえる

今年の端午の節句飾りで紙粘土の工作の面白さをおぼえたので
昨日またひとつ作ってみることにした。

題して「かえぬなら こさえてみせう」シリーズ第二弾!

今回は正月飾りなどでよく見かける「餅花」。
これも実は前々から欲しかったもののひとつだったから。

なので、いつかこしらえるのを想定して、夏の間にね、
台風のあとなんかに近くの公園で折れて落ちていた竹の小枝を少しずつ集めておいた。
本当言うと、枝垂れる柳の枝が欲しいとこだけど、
近くで入手は難しいし、買うと高そうだし、
それにあんまり大きな飾りにはしたくないし、で、竹の小枝でいっかなあ〜、と。

ほかに用意したものはスーパーで買える軽量タイプの紙粘土と手持ちの赤絵の具だけ。
材料費は200円とかからない。笑

f0229926_20075462.jpeg

作り方は説明も要らないね。
竹の小枝の節に適当に練り込んだ紙粘土を付けていくだけだもん。

f0229926_20081871.jpeg

とはいえ、一発で枝にくっ付けようとすると、どうもピタッといかない。

ちょっと考えて、いったん米粒ほどの「止め溜まり」をあらかじめ節々に付けておき、
それを巻き込むようにしてひと玉分を付けるとしっかりと定着した。

あとで紅玉もつけるスペースをあけておいて・・・と。

f0229926_20083141.jpeg

端午の節句用に作ったくまと金太郎の置物はどっしりと重い紙粘土を使ったけど
このごろの新素材の紙粘土はなんて軽いのかしらん?!
手にべたべたとくっつかないから、扱いも楽チン〜〜♪

紅いものは赤絵の具を色味をみながら混ぜ込んで・・・。

f0229926_20084640.jpeg

バランスを見ながら、白玉のと同じ要領で紅玉もくっ付けていく。

f0229926_20085965.jpeg

あとは乾燥させて出来上がり〜♪

f0229926_20091320.jpeg

なんてカンタン!!

実際棚に飾るのはまだもうちょっと先だけど、
これにあう容れ物、何かあったかしらん?・・・ちょっと考えないとね。

f0229926_20094006.jpeg

今回使ったこの紙粘土、気に入ったわあ。
安いし軽いしテーブルも手もほとんど汚れないし、また何か作りたいなあ〜♪

・・・って、ホントは胸の中に作りたいものはもうあるんだけど、
ま、あわてない、あわてない。

by team-osubachi2 | 2017-12-12 14:11 | これが好き | Comments(4)

熊猫的記念品

先週末、相方が出張先の成都から帰国した。

休日に同僚さんらと行った「熊猫基地」で買ってきてくれた土産が
私の“五歳児魂”を揺さぶる・・・!!

f0229926_09185452.jpeg

か・・・か〜いい〜♡

一瞬頭の中をGSSのけろさんとこのパンダちゃんがよぎっていった。
仲間になれるかも?・・・なーんて。w

一方、相方は自分用の土産に、成都の空港で見つけたという写真集をひろげていた。
私の土産品の12倍もしたってゆー・・・。

f0229926_09190860.jpeg

中の文章は読めないけど、なかなかいいわ、この表情。さすが熊猫の國ね。

調べてみたら、中国語でお土産は「記念品」っていうみたい。
私の熊猫的記念品、気に入ったわ。どうもありがとう♪

by team-osubachi2 | 2017-12-11 12:59 | これが好き | Comments(0)

切手の楽しさ♪

いまではそうそう手紙や葉書をしたためるワケじゃないけど、
日本郵便で発行される切手を物色するのはホントに楽しい♡

この前買っておいた切手。
請求書を出すのに一枚使ったあとになって気がついた。

f0229926_09052763.jpeg

ん?・・・なんだろう、この折れ線?

何も考えずに折ってみたら・・・あらま♪
「竹皮包み」になるように裏面にも絵があった!?

f0229926_09055074.jpeg

箸につままれたタコさんウィンナーがきゃわいい〜〜〜♪

f0229926_09061242.jpeg

記念切手、じゃなくて、特殊切手、って言うんだね、こーゆーの。

以前テレビで見た日本郵便本社のデザイン室にいる
十人にも満たない(八人くらいだったような?)メンバーのデザイナーさんたちの仕事ぶり。
日々いろんなデザインを考えて大変だろうけど
こんなアイデアと絵柄を考えるの、むっちゃ愉しいだろうなあ〜♪

手紙や葉書ってもらうと嬉しいから、自分もわりあい葉書など書いて出す方だと思うけど
もっと切手を消費したい、てゆーか、貼りたい〜♪

買う年賀用切手も年々数は減ってきてるけど、そろそろ年賀状も描かなくちゃ!

新着切手情報一覧/日本郵便

by team-osubachi2 | 2017-12-02 09:39 | これが好き | Comments(2)

相方の従弟さんがこの夏に訪れたパリの蚤の市で買ったというお土産をくれた。
「PERNOD FILS」・・・お酒のメーカーのロゴのマット。

ジュートのような麻の地に羊毛らしき糸で織られたもののようだけど
そこそこ使い込まれたせいか、端はだいぶほつれてはいるものの
毛糸のパイルがもうフェルト状に近く手触りがキモチいい♪

f0229926_09292780.jpeg

よく洗ってみると、さすがに地の麻が痛んで割れそうなので、
何か当て布をして補強した方がよさそうだ。
押入れから端切れ箱を出して物色したところ、ちょうどいい縞木綿があった。

もともとはアンティークショップで売られていた布団用の大風呂敷なんだが、
いや〜、たしか二千円で買ったこの布、想像以上に大活躍してくれたわ〜!

最初はこたつもどきの掛け布にしたんだっけね(http://okakara.exblog.jp/18230840/)。
残りの布でデニムスカート用のペチコートも縫ったし(http://okakara.exblog.jp/27520955/)、
このマットの裏地分をとっても、まだそこそこ残ってるから、あずま袋なら縫えるかな〜♪
もしそこまで使い切ったら布の看取りとしては大成功かも。

f0229926_09295213.jpeg

無事裏地への補強も済んで、
パリ土産の古いマットは玄関のあがり口に敷かれることとなった。

今後私たちが家を出入りするのを見守ってもらうとしよう♪

by team-osubachi2 | 2017-11-29 22:40 | これが好き | Comments(8)

秋も本番、カレンダーの日付はすでに11月に突入した。
なので、私の飾り棚にはいま奈良を意識した鹿や室生寺の土鈴を飾ってはあるのだけど、
そういう季節にまったくカンケーなく、私の飾り棚に初登場したのがコレ・・・。

ジャジャーーーン!!だれが名付けたか『コレジャナイロボ』!!

f0229926_15574881.jpeg

「欲しかったのはこれじゃなーい!!」

↓公式ホームページに記してある謳い文句がまたいいのよ。w
コレジャナイロボ公式/ザリガニワークス

f0229926_09072470.jpeg

一見して、模造品も、他の追随をも、いともカンタンに許してしまうような
このユルい作りにこだわりは・・・あるの?あるのね?きっと。

一部のコアなファンにはよく知られた(?)
この「コレジャナイロボ」を買ったのはもちろんうちの相方。

ええ、そうですとも。
こんなモノを偏愛するのはいまや我が家の家風ですもの。
それ用に設けた下足箱上のステージにはもう置き場所がないわ。
だから飾り棚の一段あけて置いてあげたの。
なんて優しいのかしら、ワタシって・・・。

まあ、こうして一人舞台になると、案外サマになって見えなくもないわね。

それにしても、いったいどうすればこんなモノ考えつくのかしら?
思いついた人に、クレヨンとかで手書きした賞状あげたいくらいだわ。w

by team-osubachi2 | 2017-11-03 16:06 | これが好き | Comments(4)

先週末も台風22号の大雨に見舞われたため、家で大人しく過ごした。
土曜に出かけた箱根で、帰りがけに土産物店に寄り、
十何年ぶりかで箱根名物のひとつ「湯もち」を買った。嬉しいな♡

ふわふわのほたほた柔らかいお餅に、切り羊羹のアクセントと
ほんのり柚子の香りのハーモニーがたまらな〜〜い♡

湯もち本舗「ちもと」

f0229926_09565024.jpeg

その「湯もち」でお茶をしながら、お家deシアターを愉しんだ♪

お題はいま話題の作家カズオ・イシグロさんの『日の名残り』。

f0229926_09570400.jpeg

いま渋谷文化村で朝イチ限定(『日の名残り』を朝から・・・w)上映を観賞することはさっさと諦め、
相方におねだりして買ってもらったDVD版。

なんて大人の映画だろうか・・・。
たまたま気に入って英国テレビドラマ『刑事フォイル』と
『ダウントンアビー』シリーズを見ていたせいもあって、すんなりと時代背景はつかめた。
そういうおおきな時代の流れの中の、それこそ世界の、時代の片隅で生きている一人の男性のお話。

主演のアンソニー・ホプキンスさんとエマ・トンプソンさんの会話のシーンを見ていて、ふと、
「あ、文学だ、文学の香りがする、これ・・・」と、もろ世間の刷り込み的な感想を抱いたのだけど(^ ^;;
国語が大の苦手だった私には、文学はとっても難解なものというアタマがある。

原作を読んではいないし文学ってものがどういうものかはわからないまんまだけど、
しかし、こんな中晩年の人生が醸す世界を三十代半ばで書いたイシグロさんってば、
どんな大器の人かしらん?!って思っちゃった。
(再放送してた文学白熱教室も面白かった/http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=11917

テレビの音量こそは多少大きくしたものの、台風による大雨の音がまったく耳に入らないくらい
静かに主人公の人生の物語に見入ったひとときだった。






by team-osubachi2 | 2017-10-30 13:46 | これが好き | Comments(2)

うちのベランダはほぼ東南東に向いている。
そのおかげで、東の空に昇ってくる月や日の出を拝めるというのが
我が家の“贅沢なこと”のひとつだなあ〜と思う。

今宵は2017年の「仲秋の名月」だそうな。

夕方、群雲に見え隠れしながら月が昇ってきたのを見た。
望(もち=満月)には二日ほど足りないのかな?
それでも、雲の隙から見えるお月さまの顔はエッジが効いて冴え冴えと明るい。
(私のiPhoneじゃこれが精一杯の画像だけど)

f0229926_21471894.jpeg

今年はベランダの糸ススキの植え替えをしなかったせいで、尾花はない。
ちいさな三方を持っているから、紙粘土でちっちゃな月見団子でも
お飾りにこさえようかと思いながらも、紙粘土を買ったまんまで
結局何もせずにもう十五夜になってしまったので、ま、来年にしようか(^ ^;;

しょ〜がないので、前に金沢で見つけて買って来たちいさな玩具でしばし遊ぶ♪
加賀の郷土玩具で「もちつき兎」というらしい。

加賀人形と金沢の郷土玩具/中島めんや

f0229926_21473252.jpeg

相方に頼んでYouTubeで動画にしてみたけど・・・・・・あらら!?横位置になってしまった。

どう縦に起こすのかわからないので、不本意だけど、このまんま貼り付けておくことにする(^ ^;;




今宵どなたさまも、どうぞ良い夢を・・・♪

by team-osubachi2 | 2017-10-04 23:23 | これが好き | Comments(2)