丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:これが好き( 178 )


2019年 06月 19日

旅の便り

先日ハワイへ行ったというお友だちから旅の絵葉書が届いた。
いまどきのEメールではなく、正真正銘のエアメールね。

時代を感じさせるポートレイトに写っているのは
ハワイのカピオラニ王妃とリリウオカラニ王女とある。まあ、素敵♡

調べてみたら、英国ヴィクトリア女王の即位50周年の式典に出席するため
(渡航できなかった王になりかわり)英国を訪問なさった時のものらしく、
当時のハワイと英国は親交があったようでお二人は厚遇されたそうだ。

f0229926_08345000.jpeg

当時の移動にかかる時間と労力はかなり大変だったろうし、
現代から見るとまだるっこい気もするけれど、
実際にあの時代は、近代文明によって鉄道も開かれ、船での渡航もどんどん進んで、
今よりもはるかに「世界を近くに感じ始めた時代」なんだろうな。

もちろんその時代には郵便物が世界をまたいで(船によって)飛び交っていたわけで、
当時も今も変わりなくこうしてちゃんと海外から絵葉書が届くのって、
考えてみるとなんだか不思議な気がする。

私も旅先から友だちへ絵葉書を出すのは楽しみのひとつだけど
(そこはやっぱり自然と旅好き、食べもの好き、
手紙好きの人に書くことになってしまうけど・・・)
なかなか旅行へ、ましてや海外へなんて行けないでいる身には
こんな絵葉書を受け取ることは本当に嬉しい♡

私が今持ってるパスポートは結局仕事で上海へ行ったスタンプがあるきり。
来年は早々にパスポート更新しなくちゃいけないのだけど、
新しくなったら、私もどこか旅の空の下で書きたいな〜、旅の便り♪


by team-osubachi2 | 2019-06-19 17:08 | これが好き | Comments(0)
2019年 06月 12日

今年もヨロシク♪

今日の午後、買い物に出たとたん、急に雲に切れ目ができて青空が見えた。
つかの間、眩しい太陽の光が地面に降り注ぐ。
あ〜、良かった、帽子をかぶって出てきて♪

長年大事に使っているふたつの麦わら帽子。
いつどこで買ったかも思い出せないけど、夏に日傘と同じくらい頼りにしてるアイテム。

f0229926_22372989.jpeg

ひとつは外側に反り返しのあるつばのもの。
カジュアルな格好にもよく合うし、
ちょっとくらい風に吹かれても簡単に飛んでいかないところが便利なの。

もうひとつは、広めのつばのもの。
少しだけ大人っぽくしたい気分のときにかぶる。
ワンピースにも合わせたりするけど、あくまで日よけ帽としてね。

f0229926_22371881.jpeg

買い物から戻ったあと、また空が重くなってしまったけど、
明日はまた晴れ間があるかな?今年の夏もヨロシク♪


by team-osubachi2 | 2019-06-12 23:20 | これが好き | Comments(8)
2019年 06月 04日

海へ行きたくなる・・・『海の幽霊』と『海獣の子供』

昨夜、TVコマーシャルで見て、すぐにネットで検索してみたもの。

米津玄師さんの新曲『海の幽霊』。





そういえば、この新曲、ラジオで聴いたような・・・。
けど、こんなMVと映画の公開があるって昨夜まで知らなかったなあ。

この人物表現、わりと好きかも。
冒頭の港と浜辺の表現、昭和を思い出す。
幻想シーンになっても、海がきれいだ。

むかし、自分が死んだら、きっと魂は肉体からだけでなく、
地球の重力からも解放されて自由になるんだろうから、宇宙へだって行けるだろうし、
この映像みたいに、海の中へも自由に入って、クジラの横を泳げるようになる、と
そんな想像を馳せめぐらせていたことを思い出した。

映画『海獣の子供』/6月7日より公開




ああ、海へ行きたくなる・・・。


by team-osubachi2 | 2019-06-04 09:07 | これが好き | Comments(2)
2019年 05月 19日

ANAの機内安全ビデオ(歌舞伎編)

出張から帰宅した相方が教えてくれた。ANAの新作・機内安全ビデオ。





へえええー、よく出来てるネ〜♪

昨年の暮れからやってたの?
飛行機乗らないから知らなかったけど、搭乗しなくてもこうしてネットで見られるからイイね!w

メイキングも・・・。こちらは降機時用だそう。

個人的には、飛行機は乗るよりも、
離発着するところを近くで見るのが一番好き!だけど。w


by team-osubachi2 | 2019-05-19 00:37 | これが好き | Comments(6)
2019年 05月 17日

韓服( Hanbok )も知るほどに素敵と思う

先夜ハングルを学ぶ友だちがまた抽選に当たって
韓国から来日した古典芸能のこんな舞台を鑑賞した。
(今回は能楽者さんらとのコラボも一曲あった)

f0229926_13110487.jpeg

四谷三丁目にある駐日韓国文化院ではいろんな催しをやっていて、
無料で公開してくれるところが何ともありがたいのよね〜。
(無料の会員登録をすれば、どなたでも申し込めます。多数応募の場合は抽選)

駐日韓国文化院

無料とは言っても、日本で例えれば人間国宝級の人もいらっしゃるから見応えがある。
この日の演目でも、良い衣装をつけたベテランさんのパフォーマンスは素晴らしかった〜♡

韓流のドラマとKポップを愛する友だちはもう何度も渡航してるけど、
私は20年くらい前にソウルへ行ったことがあるだけ。一度こっきり。

だけど、韓国の時代物に関心を持っていた時間は長くて、
昔ソウル五輪以前に『芸術新潮』が韓国の文化を大特集した号を見て以来。
もとより時代劇好きだったこともあって韓国の文化の違いが興味深かった。

でも、1988年よ?当時日本に入ってきてたのは演歌ぐらいで、
映画も入ってこないし(単館ロードショーは何かあったはず)、ドラマの輸入なんてなかったし
ましてや韓国時代劇なんて論外だった。それが今やこんな状況。
そういう意味では、私もヨン様に感謝すべきかも?w

おかげで、今じゃ家にいて、いろんな情報をネットで知ることができるけど、
韓服(Hanbok)と着物の違いも知れば知るほど面白いんだ。

先日も韓服のことを調べていたら、↓こんな図解を見つけた。
着物の袖にも時代によって違いがあるように、
チョゴリ(上衣)の袖のカーブにも微妙な違いってあるのね。

f0229926_13101048.jpeg

数字から察するに年代による変遷かしら?
朝鮮半島は長い歴史の中、内外の争いによって消失してしまった歴史的資料がとても多いそうで
現存する実物や書画などが日本と比べてもとても少ないと聞いたことがある。

だいぶ以前になるけど、ソウルへ行くという別のお友だちにお願いして、
こんな衣装図録(画集)を買ってきてもらった。

f0229926_13101949.jpeg

ハングルは一文字も読めないけど、
韓服についてひと通りどんなのがあるのか描かれていて、絵もとても美しいし、
(多少服の作りの図解も載っている)眺めるだけでウットリしちゃう画集なんだ♡

f0229926_13103136.jpeg

20年くらい前に私が初めてソウルへ行った時、韓服を着た一般人を見たのは残念ながら一回だけ。
週末で結婚式に参列すると思しき韓服をお召しのおばちゃま一人きりだった。

ホテルまでの送迎だけ担当してくれたガイドさんに
「ソウルの女の子たちは韓服を着てデートしたり、観劇や会食に行ったりしないの?」って
質問してみたら、「ええー?!韓服でデートなんてあり得ないですよ〜(恥ずかしい)」
というリアクションだったけど、近年はキラキラ時代劇の影響か、報道なんかを見てても、
ポップな色柄の韓服に興味を持つ若い女子も多少増えたみたい?
ウエディング用の韓服も伝統的な形をベースに、たっぷりとレースを使ったり
髪に生花を盛ったりして、それはそれでとても綺麗。そういうところは日本と大して変わりない感じ?

f0229926_13104129.jpeg

私個人は今どきのキラキラ時代劇にはあまりそそられないのだけど、
ある時期から急に李王朝時代のドラマが制作されるようになったのは、
一つには反体制だった李王朝時代が見直されるようになったことと、
ハングル(表音文字)だけで育った現代人には判読が難しかった王朝時代の
資料の解読と分析などの調査がほぼ終わって、
李王朝について発表されるようになったことが影響しています、と
これも駐日韓国文化院での講演で、ある先生がおっしゃってるのを聴いてナルホド〜!だった。

これはね↓知ってる。『サンド(商道)』ってドラマで見た。

f0229926_13105296.jpeg

男性の喪服。テレビで見た感じでいえば、たぶん大麻繊維で織られた白(生成)服なのかな。
昔から大麻や苧麻の織物が朝鮮半島で盛んに生産されていたんだね。
それを大陸へ商いに行ってたんだなあって分かるドラマだったもん。

こういうの、書き出したら止まらなくなっちゃう。
さ、いい加減ここらで止めて、仕事に戻るべし。


by team-osubachi2 | 2019-05-17 11:23 | これが好き | Comments(4)
2019年 05月 14日

リネンコートがワンピースにもなるよう、手直し、ふたたび

今日みたいな雨降りの、ジッとしてると肌寒くて、
そのくせ動くと汗ばむような季節。

なにかこう着てて快適で、少しくらい裾が濡れてもハネが上がっても平気で
肌寒くても汗をかいても気にしないで心地よい服はないものかしらん?

むかし買った『fog』さんのリトアニアリネン(ちょいと地厚だけど)のコート。
ワンサイズしかなくて、肩幅が大きかったのを
以前、手縫いで肩揚げしてようやく肩の収まりが良くなった。
そうだわ、これ、ワンピースにもなるようにしたらどーかしら?と思いついた。

f0229926_12274462.jpg←before

ふくらはぎまで丈はたっぷりあるけど、コートだから裾が開きすぎるのを
ボタンホールを3つ付け足してみる。
せっかくミシンに搭載されているのに、今まで使ったことがない機能。
ちょっとビビって、あー、列がわずかにズレちゃったけど、まいっか〜。
(実を言えば、元のボタンホールとホールの距離も5ミリ長くなってしまった/汗)

f0229926_10164420.jpeg

貝ボタンをはずして、手持ちの木ボタンに付け替える。

f0229926_10165583.jpeg

着るとクタッとなるせいか、ボタンをしめても、
動きによってボタンとボタンの間に隙間ができてしまうことがある。
その隙間からチラッと下着が見えるよな事態は避けたい。

そこで、以前「なんちゃって琉装」の裙子(カカンという裳裾)を縫った
古い麻の布団カバーの残り布を活かして、ボタン列にマチ布を足してみた。

f0229926_10170702.jpeg

粗めの地に細めのマチ布じゃ布の表情が違うのだけど、
まあ、ボタンの隙間から下着が見え隠れするよりはマシ・・・ぐらいに思っとこ。W

f0229926_10171783.jpeg

ついでに、その残り布で、膝丈のペチコートも縫っておく。
ただのずん胴に縫ったものにゴムを通しただけの簡易式。
今日みたいな肌寒い日は(冷え性だし)これくらい下に重ねてもぜーんぜんOK!

さあ、完成したわ♪

f0229926_10162763.jpeg←after

インナーにはカットソーやタンクトップを着て、
首回りには白いコットンの巻きものをつければオッケーかな。

なかなか「新しいものは買えない」というのが現実だけど、
「あるものを工夫する」というのも、ときには新しいものを買うより
楽しかったり嬉しかったりするのも事実。

これで梅雨寒の時期も快適に出かけられそう♪


by team-osubachi2 | 2019-05-14 13:40 | これが好き | Comments(2)
2019年 05月 04日

菖蒲の花の色

去年は喪中だったこともあってか、気分もパッとしなかったし、
飾り棚の上はほとんど放ったらかし。
季節のものもほとんど仕舞いっぱなし。

今年はまたちょこちょこっと季節のものを飾って楽しむ。
新元号になって、ちょいとあわて気味に出した自作の熊と金太郎。

f0229926_20554352.jpeg

今年は菖蒲の花も買ってきて飾った。
(花器が小さすぎるのがなんだけど・・・)

菖蒲の花の色は、ほんの気持ちばかり田中昭夫御大へ捧げるつもりで。

f0229926_23281872.jpeg

活けた翌日、蕾がひらいた。

f0229926_21322853.jpeg

うるわしい和菓子「唐衣」を思い出すね。
もっとも、この花は菖蒲として売られてたんだけど。
我が家は上生菓子より柏餅ってところがちょうど好い♪

明日はもう端午の節句、こどもの日。


by team-osubachi2 | 2019-05-04 23:35 | これが好き | Comments(0)
2019年 04月 19日

買うは嬉しく、買わぬも心地よく

*4月18日(木)晴れ

実にいい天気だ。
前の晩は単衣の結城でも着ようかと思ってたけど、やーめた。
せっかくだから、“なんちゃって琉装”にしてみよう。
この数年、カラダがまだ暑さに対応できないせいか、
急に暑くなる4月や5月にいちばん熱中症予備軍に当たりがちだと気がついたから。
強い日差しの下、日傘をさす。風が袖を抜けて涼し〜い♪
でも、手織り木綿は厚みがあってお腹まわりは冷えることがない。
上布の襦袢に、手織り木綿絣の胴衣(ドゥジン)も
布団カバーを再利用した麻の裙子(カカン)も全部リメイク。
我ながらよーやると思わないでもない。

f0229926_20395889.jpeg

まず南青山の「イトノサキ」さんで、西川はるえさんの個展を拝見♪

*西川はるえ 個展「Shades of Purple ープリンスに捧ぐー」
4月18日(木)〜21日(日)/11時〜19時(最終日は18時まで)
南青山のイトノサキにて
*itonosaki/
*textile COCOON(西川はるえ)/

f0229926_20381369.jpeg

3年前に57歳で天国へ旅立ったプリンスへのオマージュ。

f0229926_12251323.jpeg

あ〜、はるえさんの手で染められた糸と織られた糸の間に
チラチラッと輝く金糸の煌めきが、写真にはまったく写らない〜!

どんなに便利な時代になっても、こういうものは実物をじかに見ていただくしかないのよね。


帯だけでなく、小物もいろいろとあって・・・。

皮工芸作家の加藤キナさんとのコラボのバッグを持たせていただいた。
(加藤キナさんのFBページ:https://www.facebook.com/kina.kaban

f0229926_12241860.jpeg

ちっちゃながま口が目に留まった。

f0229926_12244436.jpeg

やあ、カワイイな。
中に好きなお香を詰めて匂袋にしてもいいかも。

うかがえば、お茶会の時にとっさにはずした指輪を入れておくのにも良いとのこと。
あ〜、なるほど〜。
気に入ったのをひとついただいてきた。嬉しいなあ〜♡

f0229926_19055350.jpeg

その後、丸の内に移動して「ほぼ日」さんのイベント『生活のたのしみ展』を
はじめて見てまわる。へー!へええー!へー!と呟きながら・・・。

*生活のたのしみ展「東京と世界」produced by HOBONICHI
第4回生活のたのしみ展/東京・丸の内
4月17日(水)〜21日(日)/11時〜20時(予定)
東京丸の内仲通り、ほかにて(以下のサイトにてご確認ください)

f0229926_20405245.jpeg

気にはなってたけど、フードものドリンクものはスルー。

あ、露天にドコノココーナーを発見!
ハンカチは持ってるけど、トートバッグもかわいいなあ〜♡
でも、買わないの。

f0229926_12260973.jpeg

もっぱら雑貨だとか洋服だとかをちょこちょこ覗いてみた。
ある方向性でみんなして共有できるってゆーか、同じ方向を見てるって感じ。
来場の人たちもそういう方向性でお洒落な人が多い。
歳はカンケーない。若い人もうんとマダムな方もワイワイ賑わってた。
(途中「ブログ読んでます」と声を掛けてくださった方々と
ちょこっとお喋りを楽しませていただきました。どうもありがとうございました♡)

見るもの見るものに反応しちゃう。あれも素敵♡これも洒落てるわ♪
でも見ること自体が楽しくて、どれも買おうとはしなかった。
それ、今の自分に本当に要る?これ、本当に欲しい?う〜ん、なくてもいいな♪
実際には買えないの。笑。
今の私はこれを、それを必要としてない。なくていい。
あ〜、そう思えるのって心地いいもんだなあ〜。
もちろん、たまにはカーッと頭に血がのぼるよな買い物もオッケー!だけど。

f0229926_19094797.jpeg

楽しい一日はあっという間にすぎてゆくなあ。
丸の内から新宿に寄って、小田急百貨店で「梅ヶ枝餅」を買って帰った。
これは今日の私が買いたかったもののひとつ♪
最後はやっぱり食い気の勝利。w


by team-osubachi2 | 2019-04-19 19:19 | これが好き | Comments(4)
2019年 03月 08日

私の旅茶セット−2(準備完了!)

いまや男所帯になった舅どのの元へ去年の暮れに正月料理を届けた。
それが「とても嬉しかった、いやあ、あれは助かった」と言って
なんと舅どのからお小遣いを頂戴した。ひゃっほ〜!

そのお小遣いで、かねがね欲しいと思っていた軽量コンパクトな
アウトドア用の水筒(600ml)とレジャーシートを購入♪

f0229926_11150954.jpeg

この間仕上げた一閑張りの籠。
あれから少〜しずつ色も濃くなって落ち着いてきたみたい?

f0229926_15201034.jpeg

それから、琉装のドゥジン(胴衣)に直した能登上布の端切れで
こんなものを思いついて↓チクチク縫ってみた。

f0229926_15194917.jpeg

携帯用の茶筅筒を入れる袋物・・・。
上布(麻)だから、使用後に濡れたまま袋にしまってもへいちゃらネ?

f0229926_15200088.jpeg

敷物がレジャーシートのまんまじゃ色気も素っ気もないから、
何か敷物になるものないかなあ〜と押入れに引っ掻き回していたら、
これまで出番がなかった大判の風呂敷があることに気がついた。

お〜!これ、ちょうどいいじゃん!わりと薄手で丈夫だし・・・。
それと、一昨年銀座の『たくみ』さんで見つけて
何にするでもなく買った赤い格子木綿布は緋毛氈がわりにもなるネ♪

f0229926_15215352.jpeg

さあ!これで用意は万端、準備完了!・・・かな?
(私の旅茶セット−1/https://okakara.exblog.jp/30429563/
花粉のピークさえ過ぎれば「野点ごっこ」のマイ旅茶セット、いつでも出動可能よ〜♪

義理とはいえ、お小遣いをくれる親もいまでは舅どのだけになってしまった。
幾つになってもお小遣いをいただけるってありがたいことね♡
また暮れになったら頑張ってお料理こさえよ〜っと!w


by team-osubachi2 | 2019-03-08 16:54 | これが好き | Comments(8)
2019年 02月 23日

私の旅茶セット−1

毎夜毎夜の夜なべ仕事。
安いベトナム製の籠にチビチビと作業してきた一閑張りがようやく完成した♪
(実物はもっと濃く染まってるのだけど、この写真じゃ色が出ないね)

しかし、無臭の柿渋ってなんて素晴らしのかしら〜!
おかげで塗りの作業もサクサクと進められたし。
あの強烈な臭いの元を濾過することを考えた人に心から感謝したいキモチ。

f0229926_11502512.jpeg

中も半紙を張っておいたから、
物を出し入れするときに手指や布が引っかかる心配ナシよ。

f0229926_11503739.jpeg

そして、この一閑張り籠に詰めるのは・・・これ↓

f0229926_11512530.jpeg

時間をかけて少〜しずつ集めてきたお道具で用意した私の旅茶セット〜♡

f0229926_11514204.jpeg

実際戸外でお茶を喫することを考えると、まずはお湯を入れた水筒が絶対に要るワケだし、
その場ですすぎを捨てる建水もいるし、
デコボコした地面でも点てやすいようお盆もあるといいのよねえ〜。
そんなこんなを考えて寄せ集めたマイ旅茶セット。

そんな中で、以前お友だちがくれた仕分けポーチ↓・・・これが秀逸でね。

f0229926_11515352.jpeg

ちいさな菓子盆と(菓子敷きにしてもいい)杉板、お懐紙、茶巾、
(無理くり短くカットした(^ ^;;) 茶杓、銀の匙、菓子切の黒文字がコンパクトに収まるの。

f0229926_11522941.jpeg

ピクニック向きの季節になったら、友だちと一緒に公園へ行くときとか、
どこかドライブへ行くときとか、こんな風にセットしておいて、
出かけた先で野点を楽しみたいな〜♡

f0229926_11534642.jpeg

真新しくて、立派で、傷つけるのがこわいようなお道具じゃなく、
普段着のまま気軽に扱えるお道具の寄せ集めだけど、
すぐに出せて、すぐに片付けられる、そのために用意した一閑張りの籠。
気軽さと軽さ重視で、提げ紐もあえてそのままに。

桜が咲いたら、おままごと気分で、まず近くの公園でデビューさせてみたいな〜♪


by team-osubachi2 | 2019-02-23 13:14 | これが好き | Comments(4)