カテゴリ:しみじみご飯( 244 )

昨日は二月九日で、誰が言い出したのか、二・九(肉)の日。

ちょうど前の日に姑どのからお駄賃にお肉をいただき、「食べきれなくて」というメークイン、
それから「通販で買ったけど重くて使えない」という
蓋付き28cmの新しいフライパンをいただいてきたところだ。

その大きな蓋付きフライパンを見るうちに、ひらめいた。
これで肉じゃが作ってみようかな?ってコトで、土井善晴さんのレシピに初挑戦!

f0229926_20472914.jpeg

水を使わずこさえる肉じゃが・・・しらたきはなかったから、かわりに人参を入れて
味付けもレシピより半分ほどで薄めにしたけど
充分に味が滲みてほっくほくに美味しかったあ〜〜〜♡

f0229926_01214826.jpeg

二人で食べるには多すぎる量・・・いやいや、三連休だもん、
翌日も食べる分もこさえておかないとね。

じゃがいもはさすがにもう崩れてきても、味がさらに滲みて美味しかろ♪

肉じゃが(土井善晴さんのレシピ)/みんなのきょうの料理

by team-osubachi2 | 2018-02-10 09:38 | しみじみご飯 | Comments(5)

キタアカリの芋饅頭

いつごろから登場したのか知らないのだけど、
このごろお気に入りのジャガイモがある。
「キタアカリ」という名前で、見事なくらいホクホク系 ♪

ジャガイモは潰して食べるのが大好きだ、
なのでキタアカリも皮ごと茹でてフォークでマッシュにして
塩、牛乳、マヨネーズで軽く味付けしておく。

冷めてきたら、スーパーで売っていた茹で枝豆とハムを混ぜ、
ラップで巾着にキュッと絞って芋饅頭にしておく。

f0229926_09261465.jpeg

ケチャップに赤ワインや塩胡椒でソースを作る。

f0229926_09262833.jpeg

食べる直前にソースをお皿に敷いて、
ラップごとあっためた芋饅頭をその上に盛れば出来上がり〜♪

f0229926_09264004.jpeg

お箸で食べるかんたん洋食ってとこかしら♪

ジャガイモはマッシュして食べるのが好き♡

by team-osubachi2 | 2018-02-02 13:27 | しみじみご飯 | Comments(4)

ちぢみほうれん草

青菜はだんぜん小松菜党である。
ほうれん草は食したときの歯ぎしぎし感が苦手なのだ。
(もちろん検索すれば除去する方法も出てくるのだろうけれど)

でも、これは別。
冬のお楽しみ、ちぢみほうれん草。

f0229926_22160532.jpeg

ひと冬に何度も買うわけじゃないけど、
一度食べたらこの甘みと葉の柔らかさが好きになっちゃった。

卵とふんわり炒めにするのもいいけど、
ちょうど焼き豆腐があったので、焼き豆腐を溶き卵とからめていったん炒めておき
それとちぢみほうれん草とを一緒に炒めたら美味しかった。
(これなら卵も一個で済むしね。)

f0229926_22180459.jpeg

また入荷してくれるかな?
野菜も高いから、なんとかうまくやりくり算段しなくちゃだけど、
寒いうちに冬のお野菜を楽しみたいものだ。

by team-osubachi2 | 2018-01-20 13:09 | しみじみご飯 | Comments(4)

奈良漬け

先日でかけた川崎大師でのこと。
お詣りの帰りの参道で、相方が奈良漬けを買うと言う。
彼は柴漬けなどの漬物は食べないのだけど、奈良漬けは好むらしい。
ほおお〜、ひょっとしてこれは酒粕の醸す効力・・・かね?

f0229926_22282908.jpeg

七日をすぎて安く売られていた七草セットの菜を
湯がいて刻んで七草菜飯にして、奈良漬けといただく。

f0229926_22284381.jpeg

カリッと爽やかな歯ごたえと、口中にぷうんと香る酒粕の風味。

なんだか大和の国の旧街道を旅して、ふと立ち寄った茶店で飯を食べる・・・
なんてことを妄想しながらほおばるしみじみご飯である。

by team-osubachi2 | 2018-01-11 07:55 | しみじみご飯 | Comments(2)

梅の甘露煮アゲイン

昨日あたりから、スーパーには七草粥用の青菜パックが山積みだ。
今日はもう正月六日なのね〜。
時間が過ぎるのがイタイほど早いわ・・・。

去年の夏、はじめてこさえた梅の甘露煮は見事にしくじったので、
スーパーで売れ残っていた青梅をひと袋買い、
今度は針で穴をあけて(はじめてのときは知らなくて竹串でやっちゃった)、
下茹でしておいてから小分けして冷凍庫へ。

で、暮れのうちに再度挑戦してみることにした梅の甘露煮 ♪

f0229926_21490985.jpeg

八粒のうち一つだけ皮が割れてしまったけれど、
他の粒はまあまあ上手くいったかな?

梅シロップも美味すいもんだね〜♡
夏ならソーダ割りもいいけど、
冬場はお白湯にたらしていただくのも乙なものだ。
正月料理もとっくに終わって胃腸が疲れた今ごろ
お茶うけにちょっと食べるとお腹がスッとする気がする。

今日は私の仕事始め。
さあ、また一年、体調に気をつけながらやれる事をやろう。

by team-osubachi2 | 2018-01-06 18:25 | しみじみご飯 | Comments(2)

2018年のおせち

元日の朝は毎度のことながら大寝坊から始まる。
ゆっくり起きてから、映画『ジョーズ』を尻目に
お重におせちを詰めながら雑煮の支度をする。

まずはお伊勢さんへ気持ちばかりのお供え。塩と米とお神酒・・・。

f0229926_13040602.jpeg

二人暮らしになってなるべく自分でこしらえるおせち料理もようやく九回目。

メニューはほぼ決まってきた。
でも、自分の口にいいように甘さも辛さも加減できるところが自作のいいところね?

f0229926_13030515.jpeg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*雑煮椀 焼き角餅(姑どのより)、八つ頭、かしわ、小松菜、なると、セリ、ゆず

*一の重 黒豆、数の子(塩抜き)、小肌の粟漬け、紅白かまぼこ、いくら、
 紅白なます、田作り

*二の重 伊達巻き、たたき牛蒡、栗と芋きんとん、蓮の甘酢炒め、

*三の重 煮豚、煮しめ(大根、焼き豆腐、筍、京人参、スナップエンドウ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5年日記に記している夜の献立帳。
一昨年の暮れのところにメモが一枚貼ってあった。

「今度のおせちは作りすぎないように」

はいはい、そうでした。もう以前ほど量が食べられなくなってきたので、
今回はほどほどの量にして「二日で食べ切る」を目標にしておく。

f0229926_13064432.jpeg

秀衡塗の椀を使うときは箸も秀衡塗のものにしている。
ブログ仲間の方が箸袋をこしらえていたのを見て、
そのアイデアをたよりに千代紙で箸置きだけ新しくしてみる。

そして、食後は花びら餅とお薄で一服するというのが
だんだん我が家の定番になるつつある、かな。

こうして日記に残すのは「去年はどうしてたっけ?」と確認するため。
そうすると、具材の増減などを考えるときにも役に立つ。

f0229926_13393858.jpeg

お腹を満たしたあと、まだ日の明るいうちに氏神さまへ初詣。
帰宅して、夕方また寝床にもぐり込んだり、いまだ終わらぬ賀状書きする。
そして夜は夜でテレビ中継のウィーンフィルのニューイヤーコンサートを聴きながら
足し増しおせち料理と雑煮でだらだら食べる。

大人だけの正月休みは静かでのんびりなのが一番 ♪

by team-osubachi2 | 2018-01-01 21:27 | しみじみご飯 | Comments(8)

牛蒡と長芋のポタージュ

世間でいうところのクリスマス・イブの昨晩。
我が家ではチキンではなく、お手頃オージービーフでハヤシライスにした。
毎度これもおなじみの人参サラダに、サラダ菜やプチトマト、竹輪キュウリで
お皿にぐるっとデコ盛りのサラダと、ピクルス。
スープは今回はじめて牛蒡と長芋のポタージュをつくってみた。

牛蒡に、長芋に、押し麦を少々と、ちいさなローリエを一枚、ブイヨンを一個。
いつものようにクタクタになるまで煮て、牛乳と一緒にミキサーにかけ、
金ザルで漉して、湯煎であっためて、ほんのひとつまみ塩を加えて味を調えるだけ。

白っぽく仕上がるところが、気分的にクリスマスっぽい?

f0229926_22230420.jpeg

なんとも優しいお味で、五十代二人だけのしみじみ洋食にはちょうどよかった。
長芋はもう少し減らしてもよかったかもだけど。

夕食の後、年賀状を描いていたら、予報に違わず夜半から雨が降り出した。
どうりで空気がふっくらしてるはずだわ。
あ〜よかった。この半月ほど、ずっと雨が欲しい!と思っていたところだよ。
草も、木も、土も、お肌も乾いてパサパサだったんだもん。

f0229926_08390022.jpeg

一夜明けて、窓をあけたら、たっぷりと雨を落とした雲がちょうど去ってゆくところだった。
空気がピカピカに光ってるね。おかげでお肌もしっとり。化粧水のノリがまるで違う。

さすがはサンタさん!雨のプレゼントをありがとう♡

by team-osubachi2 | 2017-12-25 15:31 | しみじみご飯 | Comments(8)

柚子の皮

明日は冬至である。

スーパーにいくと、ここぞとばかりに柚子とカボチャが棚に居並ぶ。
安くはない。歳時に弱いお客は足下を見られているしネ。

ふと離れた場所にあったおつとめ品の中に、
少しばかり「中年顔」した柚子が四つ袋に入って売られていた。

そりゃ若くてピンピンのお肌のコたちに比べて、
ちょっと時間が経過してシミだのそばかすだのが浮いた中年のコたちはいかにも安売りである。

でも、いいの、いいの、こういうコたちで♪ 私は拾う神。
(捨て魔でもあるけど・・・w)

さっそく買って帰って、皮を小口に削いで瓶に詰めて冷凍庫へ。

f0229926_16070049.jpeg

一昨年だかテレビで柚子の産地の人が
「こうすれば保存できますから」と言っていたのを聞いてから実行している。

瓶だけでなく、ジップロックの袋も便利だろうな。

f0229926_16071115.jpeg

冷凍の皮なれば、解凍してすぐ浅漬けに混ぜたり、
煮物やお吸い物なんかの彩りに活躍してくれる。

皮をはがされて全身丸裸(?)にされた柚子は、朝の白湯に絞って飲む♪
爽やかな酸味から元気をもらえる気がしてくる。

寒さはこれからが本番でキツくなるけど、お日さまの光はひと足お先に折り返し。
光と熱のタイムラグに、地球と太陽との距離を想う。

by team-osubachi2 | 2017-12-21 09:30 | しみじみご飯 | Comments(6)

はじめての小豆炊き

このあいだ、小豆を炊いてみた。
自分で小豆を炊くのは実はこれがはじめて。
だいたいは小豆缶で済ませちゃうしね。

で、よく調べもせず、長年愛用の圧力鍋のレシピ本に記してある通りにやってみた。

・・・・・・結果、すばらしきかな、見事な惨敗!!

f0229926_09102985.jpeg

熱々のうちでも硬かったけど、冷めてから食べてみたら
どうにもこうにもまさに「歯がたたない」というやつ。

いったいなんだってこんなレシピが載ってるのかしらん?

しかし、せっかくの小豆、ここでめげてなるものか?!

ちょっと調べて、失敗小豆ひたひたより少し上までの熱湯を加え
圧力鍋で再加圧6分、減圧後に見たら少し膨らんだみたい?よし!もうひと圧し!
ふたたび熱湯で再々加圧4分・・・・・・どうだ〜?

ここでようやくふっくらしたので、ホーローの小鍋に移し、
再度加糖してコトコト煮てみたら、どうにかこうにか粒あんになってくれた。

というところで救済完了!ふう〜〜・・・。

f0229926_09104481.jpeg

うん、まあ、味は最初に加えた黒糖の香りが豆に残ってて悪くない感じ。
小豆が無駄にならなくてよかった♪

次回は諸先輩の意見にならって、
圧力鍋にたよらず、はじめっからコトコト炊いてみよっか。

by team-osubachi2 | 2017-12-16 13:13 | しみじみご飯 | Comments(10)

ゴミ捨てもなく、相方出張でお弁当の必要もなく
プチ独身を満喫できる朝はまず寝坊を楽しむ。

そのあとゆっくりと起きて、のんびりと第一食を何にしようかなと考える。

昨日リンゴをいただいた。
ちょいと生でひとかけら食べてみる・・・美味しい♡
リンゴをレンチンしてヨーグルトかけるのも好きだけど、
薄い五穀パンがあったのでバナナとともに
フルーツスライスのトーストにすることにした♪

耳はカリッと、中はしっとり。ちょっと熱であぶられたフルーツは甘い♡
(バナナに少しレモン汁ふっておけばよかったな・・・後の祭りだけど)

f0229926_15211281.jpeg

だいたいいつもは午後に飲む珈琲もマグに一杯添えて・・・。
たっぷりとミルクを入れて飲むのが好き♡

十一月も今日でおしまいなんだね。寒い一日だった。

by team-osubachi2 | 2017-11-30 21:50 | しみじみご飯 | Comments(6)