今年草木はなべて駆け足でせわしなく育ち、春の日がどんどんとすぎてゆく。
スーパーで最初に筍を見たのはいつだったろう?
あれ?もう出てるんだ・・・と思う間もなく
見るなりその姿の小ささと値段の高さにガッカリして通りすぎた。

もう少し大きいのが出回りはじめたところで、もう一度値段を見る。
う〜ん、これじゃあ皮を剥いたら水煮のより小さいんじゃない?
・・・という大きさのものしかないので、またもやスルー。

ああ、筍ご飯が食べたいなあ〜。
うちの山椒の鉢の新芽はまだまだ豊富に芽吹いてるのに、
肝心の筍が買えないんじゃあねえ〜。

で、先週のこと。
相方の実家案件で浅草へ行き、雷門すぐ斜め向かいにあるスーパーへ寄った。

おりょりょー!!
福岡産だというドでかい筍がなんと500円台で
何体も段ボールの中でゴロゴロと身を横たえておるではないか?!

連れて帰るべき?・・・お、重い。
が、このさい、しのごの言うておる場合ではない。
ここで買わぬと「もう今年は筍ご飯が食べられないかもしれない」恐怖にからめとられた私は
そのスーパーでは平均的にドでかいひとつを選び、買って帰った。

重い思いをして持ち帰った甲斐あって、
翌日筍ご飯に若竹煮、かたいところは小口にそぎ切りにして炒め物に、
さらに翌々日はハヤシライスに入れて、今年はたっぷりと食することが出来たのだった。

f0229926_06473469.jpeg

都心で買う筍の方が高いと思い込んでいたけれど、なんのことはなく、
郊外のこの丘の上界わいのスーパーはいずれも価格競争で完全に敗北を喫した。

しかし・・・。

うちのベランダの目の前にある隣家の竹薮を見るたびに思う。
この時期、有料でいいから筍掘りをさせてもらえないものだろうか。
一定の間引きは、健やかで美しい竹の成長のためには不可欠だと思うのだが、
駄竹でお構いなしの竹薮には無駄に筍がぼこぼこと生えてきていかにも窮屈そうだ。

ホーーーホケキョ♪
今日も朝からその竹薮で、このあたりを徘徊するウグイスが見事な美声で鳴く。
そのたびに竹薮に視線を移して思う。

嗚呼、もったいない・・・。

# by team-osubachi2 | 2018-04-22 20:57 | しみじみご飯 | Comments(2)

三枚の産着

春先、お姑さんに、若い潜り友だちに、大杉蓮さんと
自分の好きな人たちが軒並みこの世からサヨウナラとなったころ、
入れ違いのように、若い着物友だちのYちゃんのおめでたを知った。

ある時期からドクターのもとへときおり通っているのをSNSで知って
ちょっと気になっていたのだけど、
そっかあ〜!おめでただったんだね〜♡

と、SNSでの彼女の言葉の中で、目に留まったのは、
「ひとつの体に心臓が四つ」といった意味のことが記されていた。
え?・・・・・・あら!なんと、三つ子?!
まあ〜!ひとつの体に心臓が四つだなんて!!
胸がキューーン♪ってなった。

そして、人間という生きものひとつだけでみても
とってもおおきな「生命の循環」があるんだってことを
彼女のおめでたを通して感じることが出来た気がした。

回遊魚のように(?)活発で、いろんなイベントはもとより
着物は着付けも日本髪の結髪も和裁も出来ちゃうYちゃんはいま
生まれてくる三つ子ちゃんたちのために勢力的にチクチクちう♪

f0229926_15004679.jpeg

Photo by Y.O.

そして縫い上がった真っ白い産着は三枚。

まあ〜!な〜〜んて綺麗♡

f0229926_15003282.jpeg

Photo by Y.O.

さらにはネルウールの一つ身も現在進行ちうみたい。
今からもうちいさな一つ身を着たところを想像しちゃう。
かわいいだろうなあ〜♡

遠からず三人のベビーさんのおかあさんになるYちゃん。
みーんなで、無事「身四つ」になるよう祈ってるネ!!

# by team-osubachi2 | 2018-04-21 15:33 | 着物のこと | Comments(4)

船橋屋のあんみつ

ゆうべホッケの干物などでしみじみご飯を食べたあと、
F子おばちゃん(舅どのの妹さん)が持たせてくれた
「船橋屋」さんのあんみつを夜のお甘にいただいた ♪

f0229926_22505319.jpeg

コクのあるあんこ玉に、私が好きなクコの実がふた粒のっかってるのも好きだけど、
優しい甘さの黒蜜が入ってる舟形の容器も好き〜♡
また「船橋屋」さんといえば、くず餅で有名なだけあって、
ちっちゃなくず餅がひと切れ入ってるのも嬉すい〜〜っす♡

お江戸で藤の花というと有名なのが亀戸天神。
まだ着物ビギナーだったころ、その藤の花を見に行って以来足が遠退いてしまってるけど、
そろそろまた藤棚の藤がいっせいに咲き出したころじゃないかしらん?
もしもまた亀戸天神へ行くことがあったら寄りたいな、船橋屋本店へ ♪

船橋屋

# by team-osubachi2 | 2018-04-20 07:31 | 食べる | Comments(4)

山また山

昨日の雨上がり、浅草寺の大屋根や五重塔のてっぺんの相輪に当たる日も
だんだんに弱くなって暮れかかったころ、
舅どのが肩の骨折の手術から無事ご帰還した。

f0229926_06454879.jpeg

幼少時「この子は二十歳まで生きられないでしょう」と
お医者に言われたそうだけど、その予想を見事に裏切っていま御歳八十七。

その人生は山また山のくり返しだったそう。
けれども、むかし占いする人に
「山の上に山が重なると『出る』になりますから」と言われもしたらしい。
・・・なるほど。

はたしてこれで抜けて出ることができるのか、また山がやってくるのか、
いずれにしても、もう完全に抜けて出るまでは、
たとえまたどんな山がやってきても、それを乗り越えてゆくだけである。

しかーし、骨と筋肉は大事ね。
いまからでも充分間に合うから、我々世代は骨と筋肉をしっかりと意識して生活すべし。

# by team-osubachi2 | 2018-04-19 08:02 | 日々いろいろ

熱いわっ!燃え(萌え?)てるわっ!さすがの貫禄!石川さゆりおねえさまっ!!

クライアントさんペプシさん。新商品なの?「J コーラ」だって。





ペプシのZEROだったっけ?小栗くんの桃太郎シリーズもよかったけどね。

いいなあ〜、こういう制作の現場、むっちゃ面白いだろうなあ〜♪





基本的に一人作業でやるのが私の仕事だけど、
むかし某大手企業のテレビコマーシャルをスタジオで4日間カンヅメになって描いて
スタッフのみなさんにお世話になりながら制作したり、
PR用アニメーションのお仕事を、これも何人ものスタッフさんらと
数ヶ月かけて経験させていただいて以来、
監督指揮のもとみんなが一眼となって、ひとつの目標にむかって制作する、
そういう高揚感が感じられる現場って大好き!になっちゃった。
そうやって出来あがった作品がよければ、もう云うコトなし!

そんな打ち上げ花火みたいな仕事も今はむかし。
五十代に入って、またこつこつとマイペースで一人仕事に明け暮れる日々。
でも、それもまたよし♪ってところね。

# by team-osubachi2 | 2018-04-18 00:12 | これが好き | Comments(6)