丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 08月 09日 ( 1 )


2019年 08月 09日

夏の甘味、和菓子帖

慌ただしい中、ちょっと油断したのか、
したたかに夏風邪をひいてしまいました。今夏二度目の夏風邪にやれやれです。

すでに立秋を迎え、お盆休みも間近です。
すっかり遅くなってしまったなあと思いつつ、
私の和菓子帖には夏のお菓子を描き溜めています。

若かりしころ、夏の京都でいただいたお菓子の一つが忘れられません。
(ひょっとして毎年祇園祭りの頃に祇園の街中で開かれる大寄せの茶会のお席ででしたか)

透明で綺麗な琥珀色の中に、思いもかけない黒いお豆の味覚に衝撃を受けました。w
その独特な風味から、一瞬浜辺を思い出しました。

なるほど、『浜土産』と書いて「はまづと」と読むネーミングも、
菓子の容れ物も、色も、デザインも、そして包みまで抜群のセンスの良さを感じます。

f0229926_19153448.jpeg

大人になって、はじめて知る和菓子の味の数々は、
子供の味覚から大人の味覚の世界への扉をいくつも開けてゆくようなイメージがあります。
知っているようで、ぜんぜん知らなかった、または気付かずにきた和菓子の美味しさ。
葛切りを口にしたのも、京都でだったように思います。

そのせいか、葛切りは、できることなら、どこか夏旅に出て、
小体な茶店の奥で、簾越しに蝉しぐれを聴きながらいただきたいと思う甘味です。

f0229926_19154618.jpeg

他にも、夏柑糖や麩まんじゅうなども描いている最中なのですが、
暑さにも飽きがくるころには、もう秋のお菓子を描きたくなることでしょう。

はやくこの風邪も治してしまいたいものです。
そんな風邪っぴきが言うのもなんですが、w
どなたさまも夏風邪、夏バテ、熱中症にはお気をつけていただき、
どうぞご自愛くださいますよう。


by team-osubachi2 | 2019-08-09 09:47 | らくがき帖