丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 07月 12日 ( 1 )


2019年 07月 12日

そして、布は残る

昨日、友人や知人のグループ展や個展、そして物産店での買い出しなど
銀座界隈だけで数件ハシゴしてまわった最後に、
交通会館で開催していた「出羽の織座」さんの自然布展を拝見してきた(会期は終了しました)。

お昼どき、何人ものお客さまでにぎわっていたけれど、
展示物の一角に今年身罷られた田中昭夫御大の正藍型染の作品も
(だいぶお嫁入りしたあとながら)まだ少し残っていて見ることができた。

f0229926_12295441.jpeg

その帰り道、御大ひとりで染めてきた大量の布の行方に思いをめぐらせた。

それぞれにお求めになった人たちのもとで、大切に扱われる布もあるだろうし、
やがて着古されて使命を終える布もあるだろうけれど、
その中から、持ち主が変わり、時代も変わっても生き残る布がかならず出るのだと思う。

f0229926_08365673.jpeg

そういう一途で懸命な仕事をしてきた中で、
どれほどの苦労や、どのくらいの失意があったかなんて外野の人間には想像もつかない。

人からうかがったところによれば、ずっと以前、御大が交通会館で個展を開いたとき、
お客さまがいらっしゃらない会場に御大が一人でポツンといたなんてこともあったそうだけど
昨日(その時と同じ交通会館での)展示会場にいらした着物姿のご婦人たちが
「ネットで知ったんですけど、こうだったんですってね、ああだったんですってね」と
御大の仕事ぶりについておしゃべりしながら見ていらした。

晩年になって、思いがけず何人もの人の助けを得て、
大勢の人が御大が染めたものを求める様子をその目でじかに見たときの気持ちは想像するに余りある。
「俺は運がいい」と口をついて出たというのも、
ふたたび染めようと熱量があがったのも自然なことというか、無理もないという気がする。

f0229926_08404319.jpeg

もう何百年もの昔から、時間と空間も超えてなおも
人を強く惹きつける布を生んできた幾多の名もなき職人たち。
田中昭夫という人も、職人の中では数少ない名前が出たお一人だと思うけれど、
たとえ名前は時代とともに忘れ去られても、染めた布そのものは後世までずっと残るんだと思う。

彼岸の向こう側に渡って、御大は、そういう仕事をしてきた
古の職人衆の仲間入りをなさったのだなあ〜・・・と、そんなことを思った一日だった。

羽ばたいていった布たちに幸いあれ。


by team-osubachi2 | 2019-07-12 12:50 | 着物のこと | Comments(4)