丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 07月 02日 ( 1 )


2019年 07月 02日

帯留めをブローチにして、ショスタコ三昧

*6月29日(土)雨のち曇り

わあ〜、また今日も雨かあ〜・・・。
久しぶりのクラシックコンサートへ行くのに、着物着たかったけど、
今日はあんまり消耗させたくないのよね〜、明日の外出もあるし。
しょうがないわね、またリネンのワンピースにしとこっか。

できれば着物着て、あの帯留め、つけたかったんだけどね〜。

でも、出かける支度をしていて急に思いついた。
安全ピン使えば、ブローチみたいに付けられるんじゃない?

付けたい位置に帯留めをあてておいて、
服の裏からから完全ピンを帯留め金具に通して留めるだけ。

f0229926_15101149.jpeg

どう?ほら!・・・出来たじゃん!?

f0229926_15100302.jpeg

帯留め金具とプローチ金具が一体化したものって、大きくておさまり悪くて嫌いなんだけど、
この方法なら他の帯留めも、簡単にブローチとしても利用できそうだわ。
やたっ!!

で、雨の中意気揚々と出かけたのは、何度か訪れているすみだトリフォニーホール。

f0229926_19064939.jpeg

今日の演目はショスタコーヴィチ三曲。
井上道義さん、有名だけど今まで一回も指揮なさるとこ拝聴したことがなかったの。
サービス精神旺盛で、見た目通り、お喋りもユニークな方ね♪なかなか面白かった。

テレビで、ロシア、旧レニングラード(現サンクトペテルブルク)の
近代〜現代史のドキュメンタリーを見たせいもあって、にわかに聴いてみたくなったショスタコーヴィチ。

ジャズ組曲第1番、組曲「黄金時代」、そして交響曲第5番。
アンコールはなんでしたっけね?ショスタコのバレエ曲からじゃなかった?

いやあ〜〜〜、どれも素晴らしかった〜♪
この人もやっぱり天才だ!ってド素人の私でもそう思っちゃうもんね。

素晴らしい音楽って、頭の中でビジュアル化できるものだと思う。
なんだか欧州の絵本を見開くようなキモチで聴き入っちゃった。
例えばだけど、今どきのアニメおたくの人たちなんて
ショスタコからクラシック入ったらどうかしら?
アニメーションでも使えそうな劇的なメロディーや変調ぶり、オススメしたいくらいだ。
一番お安い天井界なら、映画一本見るのとそう変わりないお値段だし。

復習も兼ねて、この方の演奏を貼っておこう。
私が生まれるよりも以前の演奏。クラシック音楽ってこういうところ、すごいね。





「演奏会」って言葉には、それだけで何か魅惑的な響きがある。
経験とともに、少しずつ受け止め方が広く深くなってきた気がするクラシック音楽。
楽器から生まれたての音をひたすらに浴びる二時間・・・良いわあ〜♡
まだまだ知らない世界(楽曲)がいくつもあって、とても嬉しい♪


by team-osubachi2 | 2019-07-02 20:11 | 出かける・見る | Comments(6)