丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 11月 04日 ( 1 )


2018年 11月 04日

文化の日に駒井哲郎展と映画「白鳥の湖」を観る

*11月3日(土/文化の日)晴れ時々曇り

文化の日だそうだ。祝日である。
朝食もそこそこにして、午前中のうちにまず横浜美術館へ向かった。
なんと横浜美術館はこの日限定の無料公開日なんである。

現在開催中の『駒井哲郎ー煌めく紙上の宇宙』展を観る。
結構混んでたかも。版画世界に疎いこともあって無知のままなのだけど
とても繊細で内的宇宙を映したような世界観。

f0229926_12233436.jpeg

以前見たことがある長谷川潔さんの作品も、拝見してると夢の中にいるような気持ちになったけど
モノトーンの版画の世界って、どこか共通して夢の既視感があるかのように魅力的だ。

しかし、銅版画や石版画世界の技術的なことは、
どんなに文章で説明してあっても相変わらずまったく理解できていない。
こればっかりは実際にやって見ないと覚えられないかもね。

『駒井哲郎ー煌めく紙上の宇宙』展/横浜美術館にて12月16日(日)まで

美術館のカフェで相方とサンドイッチを半分こして
コーヒーでささっとお腹を満たしてから神奈川県民ホールへ移動。
神奈川県民ホールへ来るのは、むかしバレエに夢中だった頃、
廃止になる前の東急東横線の桜木町駅から徒歩で何度かバレエを観に来て以来かも。
なんか懐かしい・・・♪

私の今日の眼目はこれ。ルドルフ・ヌレエフ生誕80年記念上映、バレエ映画『白鳥の湖』を観る〜♡

f0229926_12240472.jpeg

残念ながら私が上京してようやく憧れ続けていたクラシックバレエを初めて観ることができたときには
もうマーゴ・フォンティーンさんは引退されていて、この二人の踊りはすでに伝説になっていたけど、
いまネット動画でも断片でしか見たことがなかったマーゴの踊りを
こんなに大きく、しかも全幕もので観られるとあって胸躍らせて出かけた♪

幕が上がって冒頭ヌレエフの王子登場!うわ〜っ、映画なのになんてオーラ?!ゾクッときた。
当たり前だけど、後年の彼の姿とはお尻のカタチがまるで違う〜!(髪も)
当然ながら、動きもまるで違うわ。

そして、マーゴ♡ ああ〜、なんてエレガントで可憐な白鳥なのかしら。
なんてキュートな黒鳥なのかしら、こりゃ王子が騙されてもしょうがないかも。
上半身の、ことに腕の動きのしなやかさ、足の確かさ、ヌレエフより19歳も年上だなんて思えな〜い!
現代では足が高〜くあげられるバレリーナが普通にたくさんいらっしゃるのに比べて
足を高くあげない(あがらない?)古典的なバレリーナの
ほぼほぼ最後の時代のプリマの一人だったかもしれないけれど、
役を踊ることというのは、足をただ高くをあげればいいってもんじゃないんだわってことに
あらためて気づかせてくれるような踊りだった。
ウィーン国立歌劇場(現ウィーン国立バレエ団)の舞台セットも衣装も素晴らしいわね。
(白鳥たちの群舞はマリインスキーバレエにはとても敵わないけど)





バレエ「白鳥の湖」は実はなかなか骨太で大人向きな物語なのだけど、
いろんな演出の「白鳥の湖」を観てきた中で、
こんなスペクタキュラリーなエンディングは初めてかも。
なんと、悪魔が最後に湖の堤防を決壊させ、王子が水中で溺れつつ白鳥の永遠の愛を誓うってゆー。
え?音楽はもう最後の最後に迫ってるのに、王子はいつ水から上がって悪魔と闘うのかしら?
あらら?姫がまた白鳥になって去ってゆくなか、かくて王子は力尽きんとす・・・・・マジ?!

会場にいらしたお客さまの大半は、往年のバレエファンとおぼしきおばさま方で
そのおばさま方からも「ええ?これで終わるの?」といった驚きが漏れていた。
まあ、これはこれ、あとは好き好きとしか言いようがないかなあ。
個人的には「白鳥の湖」はハッピーエンドが好きかも。

でも、いーの。それでもいーわ。
伝説の二人の踊りの素晴らしさを余すところなく記録出来てるって思うもん。
映画なのに(トウシューズの音がないってだけで)舞台を観てる気分を味わわせてもらい、
観ながら何度鳥肌がたったかしれやしない。この映画は間違いなくバレエ映画の傑作の一つよ。

さて、と。
映画を観終わって、県民ホールの目の前にある山下公園に出て、
脇のコンビニでビールだのおつまみだのを買って、暮れなずむ横浜港を眺めながらひと休み。

f0229926_12241759.jpeg

あ〜、何度来てもいいね〜、横浜は〜♪
いちおう市民ではあるけど、みなとみらいからこの山下公園界隈などは
訪れるたびに観光気分を味わわせてくれるんだ♪

つるべ落としに日が沈んでも、時間はまだまだ夕方。
でも肌寒くなるのが早い。ゴミを片付けてから帰路についた。
夕飯は?そうね、餃子買って帰ろうか。あとは昨夜の残りもので。


by team-osubachi2 | 2018-11-04 16:56 | 出かける・見る | Comments(0)