丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 10月 20日 ( 1 )


2018年 10月 20日

眠りから覚めて−1

この週末のお天気はどうかな?
秋晴れという予報もあり、一時的に崩れるかもしれないという予報もあり。
ま、何れにしても、ようやく袷の着物を快適に着られる季節の到来ネ♪

米沢あたりの産かしら?クヌギの葉が枯れたみたいな色に、
焦げ茶色の琉球風の絣模様(確か米琉って言いますね)が飛んでる真綿紬。
何年も前にネットで見つけて洗い張りに出し、その後押入れでずっと眠らせていた。

f0229926_16424512.jpg

でも、いい加減仕立てに出そうと思って、これに合わせて八掛けを用意したが去年の一月。
「秋までで結構ですから」と、お仕立てに出したのがようやく今年の春。
そして仕立て上がって着たのがこの秋・・・・・・。
何にしても気が長いというのか、仕方なかったというべきか。

でも、とにかく着物になって戻ってきたわ♪
いつか袖を通す時には、どの帯を合わせようか何度も頭で思い描いてた。

真っ先に思い浮かべていたのはこんな組み合わせ。

f0229926_14595776.jpeg

二十代の頃に日本橋三越で買った八重山ミンサーの木綿八寸帯。
反物で売ってたのを、自分でかがって名古屋帯に仕立てたものの、
全く初めてかがったものだから(手先とお太鼓のとこだけだもん)、
締めた時にかすかにたれ先が反る気がしないでもない。でも気にせず長年愛用している。

広げたついでに、もう一つくらい帯のせてみようかな。

f0229926_15000661.jpeg

これもネットで見つけた某織元さんの八寸名古屋帯。
そこそこ古いのか、ネットでうんとお安く反物で出ていたのを、またまた自分でかがったもの。
(この時にはだいぶ慣れて、たれ先に帯芯を挟んでしっかりさせる工夫も出来るようになった)

気のせいかな?
ほんの少しずつだけど、このごろ自分と同世代の着物好きの人たちの間で
赤や朱茶といった色目の帯を締める人の姿を見かけられるようになった気がする。
現代は大人がシックな赤い着物を着ることが特におかしいという時代でもなく、
また昭和のひところのように若い人なら猫も杓子も締めたような単純な赤い色の帯でもなく、
今は各人が今の自分の年齢と肌色に似合う色や模様をもう自由に選べる時代じゃないか。
今後、赤い系統の帯は流行るわよ!・・・・・・な〜んてね。
こんな予想、当たった試しがないけど、赤い帯贔屓の私はそうなるといいな♡と思ってしまう。

何年も待たせてすまなかったわね。
サンドベージュ色の真綿紬がようやくわが箪笥に収まった。
デビューは?・・・できれば今月中に♪


by team-osubachi2 | 2018-10-20 01:09 | 着物のこと | Comments(8)