丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 10月 19日 ( 2 )


2018年 10月 19日

今夜放送!NHK BSプレミアム—美の壷「心をつかむ 本の装丁」—

本という宇宙、本という世界がお好きな方へ。

毎週金曜の夜、BSプレミアムで7時30分から放送の「美の壷」。
今夜のお題は「心をつかむ 本の装丁」だとか。

f0229926_13210929.jpeg

装画塾卒業後も厳しくご指導くださる装丁家の坂川栄治先生も登場されます。

ご興味がある方はどうぞご覧ください♪
(再放送もあります)

NHK BSプレミアム「美の壷」


by team-osubachi2 | 2018-10-19 11:42 | お知らせ
2018年 10月 19日

「神宗」の椎茸昆布

富山で生まれ育ったせいか、子供のころから、
おむずびは(海苔ではなく)とろろ昆布を全体にまぶして巻くものだった。

春、大きな網元さんらが大漁旗を張った船の一団となって軍艦マーチを鳴らしながら北海道の海に向かうのを
近隣の漁村や海沿いに住まう人たちみんな浜辺で手をふって見送る風景を思い出すんだ。
晩秋になると、その船いっぱいに昆布や塩をされた鮭や鱒、干した鱈を持ち帰って
網元さんが暮れの歳暮みたいにして収穫のおすそ分けをリヤカーに積んで村中に配って歩いたものだった。

小学生のころ、新湊へ遠足に行った時だったか、北前船の歴史を聞いたような記憶がうっすらあっても
その北前船がどういうものだったかわかったのは、
大人になって司馬遼太郎さんの『菜の花の沖』を読んでから。
司馬さんが書く歴史的背景のおかげで、あ〜、そういうことか、と初めてちゃんと理解できたかも。

とにかく、日本海側から関西は北海道の昆布との付き合いが深くて長いわよね。
そういうこともあってかな、上方はことに炊いたお昆布さんが美味しい。
関西から届いたこの椎茸昆布は、大阪「神宗(かんそう)」さんていうとこのものだって。

秋、新米の季節。炊きたてご飯(我が家は麦飯)にのせていただく♪

f0229926_23472224.jpeg

ああ〜うう〜、ご飯がすすむ、すすむ♡

・・・え?誰?糖質制限なんて言うシト。そういう言葉は私の辞書にはないのよ。
そのかわり「食べ過ぎ注意!」てゆー警報が出ちゃうけど。w

神宗 ホームページ


by team-osubachi2 | 2018-10-19 08:02 | 食べる | Comments(4)