丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 10月 10日 ( 1 )


2018年 10月 10日

塩と紅茶で

季節の変わり目だし、気温の上下も激しいね。
毎年経験しているはずだのに、急に肌寒くなると、
え〜っと、何を着たらよかったんだっけ?・・・とちょっと考えてしまう。

油断した覚えもないのだけど、今月に入って喉の深いところがちょっと怪しい。
家にいるときもタオルをぐるりと巻いて保温してはいるのだけど
油断すると腫れそうな気配がする。

なので、この数日、日に一、二度と「塩紅茶」でうがいをする。

なんのことはなく、うがいできるほどの温度の紅茶に、小さじにふんわりひと盛りの塩
(口にした時にしょっぱいのがちゃんとわかるくらい)を溶かしてうがいをするだけの話ネ。

f0229926_08472419.jpeg

マグカップに一杯温かい塩紅茶でゆっくりうがいをすると、ビロウな話で恐縮だが、
紅茶に染まった粘膜がたくさん出てきて、
なんだかお口の中が消毒されているような気がするのであ〜る。
ついでに鼻腔にまで上がってきた塩紅茶が垂れて出てくることもよくあるのだけど、
これにもお構いなくうがいを続けて、あとでそっと鼻をかむ。
すると、不思議と喉の奥が落ち着いてスッキリする。

私にこれを教えてくれた友だちは、元は舞台女優の友人から教えてもらったのだそうだ。
あ〜、なるほどね〜。
舞台で声を出す人の知恵というなら、なおのこと信頼できる気がするではないか。
それに、うっかり飲んでしまってもなんの支障もないしね。

少しでも喉が怪しいなと思ったら、帰宅後にすぐ手洗いと塩紅茶でうがい。
これだけで、この秋冬、ずいぶんと避けられるものがあるに違いない・・・という気がする。


by team-osubachi2 | 2018-10-10 15:35 | 日々いろいろ | Comments(4)