丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 09月 30日 ( 1 )


2018年 09月 30日

縁の下の力持ち

どうしても今年の秋は着たいの!と思って
だいぶ前にお願いしてあったお仕立て物が・・・今日届いた。

ネットのセールでポチったものを洗い張りして、
何年も押し入れに寝かせっぱなしだった紬を一枚、小紋も一枚、
自分で用意した八掛けや手持ちの胴裏などをやりくりして添えて
いつもお世話になってる悉皆屋さんに仕立てに出したのが出来あがってきた。
嬉しい!とっても 嬉しい♡

・・・だけど。
私の胸は、まるで真っ赤な唐辛子の入った大甕に蹴つまずいて
唐辛子を頭から思いっきり浴びたような心持ちだわ。
・・・イタイ。嬉しいけど、イタイ。ヒリヒリする。
いったいなんだって出費のタイミングがこうもぜーんぶカブってしまったのかしら。
嬉しい気持ちと、額に膏薬貼りたいくらい下手クソなやりくり算段とのせめぎ合い。

でも、こうして新しい畳紙に包まれて戻ってきた着物を見ると、
やっぱり喜びが勝る、、、かな。仕立ててくれた人の労力を思うと
すみやかにお支払いしなくちゃいけないことを念頭においておく。


f0229926_15491606.jpeg


ところで、数日前に、仕事でご一緒したことがある熊本在住の着物ライター安達絵里子さんが
ハースト婦人画報社さんのサイトで連載している記事を読んで思ったこと。

どんなに有名な作家さんのものであれ、名もない職人さんのものであれ、
布物である着尺や帯地は、仕立ててくれる人や直したり手入れしてくれる人なしには
身に纏うことが出来ないんだということ。
縁の下の力持ちである人たちへの感謝は忘れずにいたものだ。

それにしても、安達さん、あいかわらず素敵な着姿だこと♡
若い頃よりも麗しいっていうのかな、人間味が潤ってるって言った方がいいのかな、
着物が皮膚のようになってゆく人のお一人に違いない。

「安達絵里子のきもの暮らし」/ハースト婦人画報社

キモノチャンネル/婦人画報


by team-osubachi2 | 2018-09-30 00:44 | 着物のこと | Comments(4)