丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 09月 18日 ( 1 )


2018年 09月 18日

彼岸花

昨日はまた山のお仲間に誘われて大山トレッキングへ。

備忘録:日向薬師 大山、三峰山の登山口情報/YAMAKEI
*トイレはバス停(終点)脇に水洗式あり。
その先車で5分ほどの日向ふれあい学習センター奥の駐車場にはトイレなしのため
見晴台よりさらに歩いて阿夫利神社下社までトイレなしを覚悟のこと。

いやあ〜、今回は早朝からむちゃくちゃ蒸し暑かった〜!
週末に降った雨のあとで気温がうんと上がったせいもあってか、
山道のそこここでいろんなキノコが美味しそう(?)に生えてて、
見ればやっぱりそこはかとなく秋の到来を感じさせてくれる。
(もちろんここは国定公園だし手は出さないけど、
素人がキノコを採取して口にするなんて事もとても怖いからやらない)

f0229926_10033678.jpg

たいそうな日差しと高い湿度のせいもあってか、メンバーの一人が体調さえず
昨日は大山山頂まで行くのはやめて、見晴台から阿夫利神社下社へ行き、
戻って見晴台で昼食してゆっくりしたあと下山という山歩きになった。

登山口から日向薬師そばのバス停まで山を降りて、
そこでトイレ休憩ついでに、ちょうど盛りの彼岸花を見に寄った。

日向薬師周辺の里山はいま彼岸花の盛りで、
地元ボランティアさんが観光客用に一部あぜ道に遊歩道を用意して解放中であった。
斜面の稲田は稲刈りの真っ最中。
辺りに漂う刈田の匂いに、子供のころ母方の実家の農家へ
稲刈りを手伝いに行ったことなんかを思い出して懐かしくなっちゃった。

f0229926_10012493.jpg

歳とともに身内や親しい人たちを幾人も人をあちら側へと見送ってきたせいか、
あちらの世界とこちらの世界の境目に咲き乱れる花があるとしたら、
こんな景色みたいだったりするのかな?なんてことまで想像してしまう。
彼岸花を毒々しいとか不気味、妖しいとも見る人もいれば、
あでやかだとか華やかとも見る人もいて、
見た目の通りか、見た目に反してか、その有毒性も含めて不思議な花だ。

f0229926_08494347.jpeg

まあ、棚田を縁取るように日本好みの朱赤の花が咲く光景は、
でもやっぱり日本の里山の美しい眺めには違いない。

来週はもうお彼岸。
うちの近くの公園脇にあるちいさなお地蔵さまの小屋のまわりにも
この花が咲き乱れる季節になった。


by team-osubachi2 | 2018-09-18 10:15 | 日々いろいろ | Comments(8)