丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 08月 30日 ( 1 )


2018年 08月 30日

書籍と映画『日々是好日』

Facebookを流し見していたら、
『婦人画報』(ハースト婦人画報社)さんのトピックが目に留まった。
婦人画報/ハースト婦人画報社
https://www.hearst.co.jp/brands/fujingaho

9月1日発売の新しい『婦人画報』10月号は「みんなのお茶」ということから、
この秋、森下典子さんの著書『日々是好日』が映画化されるということを知った。

お茶を習っている人や、習ったことがある人だけでなく、
このご本を手にした人は多いのではないかしら。
私も単行本が出たときに読んで、ああ、はじめて教えてくださった老先生が
このご本に登場する先生と同じことをおっしゃっていらっしゃったなあ〜、と
懐かしい気持ちでいっぱいになったりしたっけ。

初版だったその単行本はその後人に差し上げたのだけど、
映画化されると知って、またぞろ目を通したくなって書棚を探してみたら
あったあった、ありました!文庫版の『日々是好日』。

f0229926_13301379.jpeg

時と人を得て、初版から十六年経って映画化というのは、
このご本に書かれている内容が時を越えても古くならない普遍性があるからなんだろう。
映画館へ観に行けるかはまだわからないけど、まずは久しぶりに読み返してみようかな。

小三治師匠による解説がまたなんともいいの。
そのまんま枕話を聴いてるみたいな気分になる文章で・・・♡





秋のはじまりにお茶の話題ってちょうど好いなって思う。
美味しい一服いただきたくなっちゃった。
しょうがない、台所で一服点てますかね。ひとくち羊羹なかったかな〜っと♪


by team-osubachi2 | 2018-08-30 14:01 | これが好き | Comments(10)