2018年 07月 05日 ( 1 )

受難の花・トケイソウ

買い物へいこうと丘を下っている途中、
あるお宅の玄関先にトケイソウが咲いているのを見た。

もぞもぞとオンボロの我がアイポン(iPhone6)をバッグから取り出し、
すぐ電源落ちするのを気にしつつ、思わずその花をパチリ!

頭のなかで

いま何時?
そ〜ね、だいたいね〜♪

・・・と歌が流れる。
しゃーないなあ〜、そんな世代だもんだから。w

f0229926_19504834.jpeg

トケイソウ・・・よく見てみれば、5進法の文字盤に3針。

これじゃいったい何時なんだかわかんないじゃん!
などとつまらぬことを思いながらネットで調べてみたら、
パッションフルーツの仲間の花と知ったのも「へええ!」だったけど、
このパッションが「情熱」ではなく「受難」のパッションと知って
なおさら「へえ〜〜!」であった。

時計に似ていると考えたのは、
文明の利器として時計というものが誕生してからのことなんだろう。
可憐さとは別ものの、奇妙とさえ映る花の造形に、
それ以前はキリストの受難と結びつけたというのも、
名付けた人の想像力のたくましさだろうかと感心してしまった。
花言葉は、だから「信仰」とか「聖なる愛」だって。

とまあ、そんなこと、まったく意に介さず咲いて、
その不思議な魅力で人間をぐいと惹き寄せるトケイソウである。

by team-osubachi2 | 2018-07-05 13:10 | 生きものの世界 | Comments(4)