2018年 06月 14日 ( 1 )

チミの名は・・・?

丘の上の山椒ホテルはいまナミアゲハチョウのお子さま方で大賑わいである。
全部で十匹以上はいるだろうか。
三鉢とも今年はよく繁ってくれたので、おそらく賄えると思うが、
お粗相が日に日に増えるので、朝に夕にベランダを掃き掃除をしなくてはいけない。

でも、梅雨の間にベランダの掃き掃除をするのって嫌いじゃない。
はるか遠くの横浜の海から吹いてくる風になびかせたくて育てている雑草の類いも
日照時間が少ないわりには元気にしている。

f0229926_08492498.jpeg

春、先住の草が枯れて放ったらかしていた鉢に、何か新芽が出て来た。
抜かずに見守っていたら、途中シャクトリ虫に派手に食われてはしたものの、
その後どんどん育ってきて、最近その先端にひょろりと細長いものが出て来た。

・・・なんだろう?どことなくタデの仲間かと思っていたのだけど
もしやこれは・・・ミズヒキ、では?!

f0229926_08494483.jpeg

うちのベランダの草木のほとんどは近所から採取してきた草や
飛ばされた種なのか、勝手に生えてきたものだったりするのだけど、
でも、たとえば猫じゃらし(エノコログサ)ひとつとっても、
無理に根つきの株とか種を採取してきて移植したところで、
うまく育たなかったり越年できなかったりするくせに、
古土にもかかわらず自分から生えてきたものはどーしてだか本当に元気に育つのよねえ〜。
そういうところ、ちょっとばかし憎たらしかったりもするけど、
自分の意のままにならないところが好きなんだもん、しょうがないわねえ〜。

f0229926_08493534.jpeg

で、チミの名は何ていうのかい?
もしミズヒキだったら、そうだったら嬉しいなあ〜♪
何年も前からうちの草むら園にも欲しいと思ってたんだよ、ミズヒキさん。

この先の成長を見守ろうと思う。

by team-osubachi2 | 2018-06-14 16:19 | 生きものの世界 | Comments(2)