丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 04月 07日 ( 1 )


2018年 04月 07日

長襦袢のお直し

うちのおふくろさまが身罷ってかれこれ四年近くになるけれど、
和箪笥の中味をぜんぶ整理して、形見分けとして私がひきとった中に
ほとんど袖を通していないよそゆき用の長襦袢が二枚あった。

どれも身丈も袖丈も短い。そのうちの一枚を自分で直すことにした。

で、和裁が出来る着物友だちの家へ押しかけ、およそ教えてもらったのが
・・・ええと、一昨年だったかしら???

f0229926_08143037.jpeg

それからしばらく他のものばかり先に縫ったりして
この長襦袢の方はずっと中断したまま後回しにしていたのだけど、
ようやく気が向いて、お直し再開。

無双袖の丈を出し、裾で身丈も出せるだけ出せば完了である。
これだけのことだのに、ずいぶんと時間がかかっちゃったわね。

f0229926_23214265.jpeg

明るく淡い黄色の長襦袢。
お襦袢でもいい生地のものは安くないものね。大事に着よう。

いわゆる「お古」だけど、新しい長襦袢が一枚増えて嬉しい♪


by team-osubachi2 | 2018-04-07 23:47 | 着物のこと | Comments(8)