丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 03月 05日 ( 1 )


2018年 03月 05日

3月7日発売の『七緒』より

年が明けて、お正月の慌ただしさもちょっと一段落したころのこと。

この日、前もって取り決めてあったざざんざ織りの縞の着物に、
春向きの黄色い色目の八寸帯を締めて家を出た。

f0229926_21385488.jpeg

何年かぶりで、雑誌『七緒』さんの取材依頼をお受けしたはいいけれど、
撮影場所に困り、着物友だちである朋百香さんに相談し、
アトリエ「長平庵」さんをお借りして撮影させていただいた。

若いころは、あくまでイラストレーターといういわば雑誌制作の外部スタッフとして
縁の下の力持ちという役割にこだわって誌面にでるようなお話はお断りしていたけれど、
でも、その後もまわりの様子を見ていると、
着物というものが一定以上にはなかなか広がらないし、
雑誌を制作する編集部側のご苦労もわかるので、
四十代のころからか、オファーがあれば(って言っても滅多にないけど)
出来るだけ協力するよう方向転換した。

f0229926_09213749.jpeg

あさって3月7日発売予定の見本が届いたので、ひと足早く中身を拝見。
特集は「着物と髪形」だそうな。長い髪の人にも、短い髪の人にも、
着物は着たいけど、いまの自分の髪でいいのか思案中の人にも
参考になりそうな内容で構成されている。

で、今回自分が取材を受けたページのテーマは↓

f0229926_09215479.jpeg

・・・である。

日本語は読み方がムツカシイ。
よく見ると、ちゃんとルビがふってある。
「白髪と、あの女」と書いて「はくはつと、あのひと」と読むらしい。
ローガンで一瞬ルビを見落とした自分は、
「しらがと、あのおんな」と、つい乱暴読みしてしまった (^ ^;;
ははは、私自身はどっちでもオッケーだけど、
誌面でご一緒に載っていらっしゃる方々にはそぐわない。気をつけよう。

まあ、こんな自分のゴマシオヘアも、
いま髪のことで悩んでいるどなたかのご参考になるならさいわいである。

f0229926_09230974.jpeg

「長平庵」さん、このたびはお世話になりました。
スタッフのみなさんも、どうもありがとうございました。

ご興味のある方は、ぜひお手にとってご覧いただけましたらさいわいです♪

『七緒』(最新号ページ)/プレジデント社


by team-osubachi2 | 2018-03-05 12:31 | 着物のこと | Comments(19)