2018年 02月 04日 ( 1 )

週末、要請をうけて、舅どのの腰の診療に相方とつきそいにいってきた。
可能なかぎり自力で暮らす舅どのと姑どのであるが、
さすがに年齢とともに体力の衰えや、足腰の不具合が出てくるのも不可避なことなので、
これからは出動回数もぐっと増えることだろう。
介護と書くと大袈裟かもしれないのだけど、ヘルプ要員の身内としてうかがえば、
それはそれで楽しみもあったりする。

この日は姑どのの買い物につきそって千束通りのちょっと脇にある
和菓子屋『徳太楼』さんへもはじめて行った。
清々しく小体な店構えも好ましいけど、商品棚に並んだ和菓子も見るからに美味しそうで
名物の「きんつば」は地元でも人気らしい。

f0229926_09213034.jpeg

姑どのがヘルプのお駄賃にうちへもひと箱買ってくれたので、さっそくいただいてみる。

f0229926_16591117.jpeg

こぶりで食べやすそうな大きさのきんつば。
割ってみれば、中はみっしりと美味しそうな粒餡・・・。

う〜んん、この美味しさ、たまらないなあ〜♡

f0229926_09214264.jpeg

同じく浅草にいる私の友だちんちのお父さんも大好きだったという「豆大福」も
ちなみにふたつだけ買ってみた♪

この『徳太楼』さんとこの豆大福は、
こし餡と粒あんをうまいことミックスしような餡をちいさな豆のし餅で巻いてある。

f0229926_16584329.jpeg

ガブッとほおばると、豆餅と餡このハーモニーがたまらない。
う〜むむ、おいすいなあ〜!!

いったい何しに浅草の(相方の実家)へ行ったのかも忘れてしまうような
そんな口福感でいっぱいになった。・・・おいおい。w

介護って一人一人みんな違ってて「出たとこ勝負」でやるしかないと思っているし、
ま、これからいろいろとやってくるだろうけど、きっと大変なことばっかりじゃないさ。
何かしら楽しみもみつけながら、その時その時で
自分たちに出来ることを淡々とやっていくのみだ。

浅草『徳太楼』

by team-osubachi2 | 2018-02-04 18:24 | 食べる | Comments(0)