丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 01月 29日 ( 1 )


2018年 01月 29日

好きなとこからやる家事

朝、起きて、あら?今日はちょっとあったかいんじゃないかしら?と感じた。
洗濯ものも少ないし、楽勝ぢゃん!?・・・と思ったのもつかの間。
洗濯機のフタをあけてみれば、いったいどこで紛れたのか
洗い上がった洗濯物にティッシュ紙の残骸が・・・。
すべてのことにヤル気を失った月曜の朝である。とほほ。

はたくだけはたいてひとまず干してから、朝のお茶を飲みながらこんな記事を読んだ。

「家事しすぎ、もうやめよう」くらしナビ・ライフスタイル/毎日新聞

まあ、家事は楽にできるならそれにこしたことはないけど、
世界にはいろんな国や地域や人種があるから、
それぞれに考え方があるだろうし、価値感もそれぞれに違ってていいはずで、
他者や他国と比較してもねえ・・・って思う。

家事も食事の支度も他者にまかせることが出来る人はそのようにやればいいと思うし、
そこは否定もしないし反対もしないけど、そのぶん、子供には、
便利なこと、助かること、家事をする人へ感謝することを
みっちりと仕込んでおいて欲しいものだ。

世のおかあさんたちは本当に大変だ。
家事の大変さを理解して評価してくれるとか
感謝してくれる家族や身内がいてくれると、それだけでずいぶん違うんだろうな。
大昔から、家事への労いと感謝の気持ちを
次世代に教え育ててこなかったツケもある気がするなあ。

子供のうちに刷り込まれた価値感から抜け出るのって、ホント簡単じゃないんだもん。
だけど、どこのどんな家であれ、古い固定観念や価値感に縛られてきたとしても、
その縛りから自分を外す(解放する)自由と選択は自分自身にあるわけで。
たった二人分の家事でも「今日はそれやらなくてもいいよ。やれることだけでいいから」って
私自身何度自分に言い聞かせてきたことだろう。

でも、家事って悪いことばかりじゃない。
理屈抜きで、やってみたら気持ちよかった、せいせいした、スッキリした等々
たとえ非科学的だろうと、そういういい面を集めて、
やりたいところや好きな部分にフォーカスして、そこからやるんだ、自分は。

f0229926_16175552.jpg

ちなみにアイロンがけはあまり興味がない家事のひとつ。
シャツは洗いざらしの方が好きだけど、
お気に入りの中にはアイロンをかけたくなるものもあるの。

新古品でみつけたマーガレット・ハウエルの白いシャツ。
縫製が良い衿の先がアイロンでピンとなったところは見ていて胸がスッとする♡
家事の面倒くささは否定しないけど、こんなアイロンの成果を見るとき、
手間とか面倒と自分の心地よさはワンセットかもねって毎回思う。

春になったらデニムのマキシスカートにあわせて着たいな♪
そんなお出かけの日がいまから楽しみだ。


by team-osubachi2 | 2018-01-29 16:30 | 日々いろいろ | Comments(8)