丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2013年 06月 18日 ( 1 )


2013年 06月 18日

海洋実習二日目

*6月17日(月)曇り のち 晴れ
神奈川県小田原市の江之浦にて海洋実習二日目。

先週の予定が台風の影響で日延べされたけれど、正解だったかも。
この日も早朝の曇り空がじきに消えて、ほどなくピーカンの晴天になった。
波もベタ波、おだやかな相模湾の朝。
海岸線に沿って、早朝からたくさんの釣り人の姿が見えた。
前日の江之浦はシトシト雨でだ〜れもいなかったそうだけど、
この日は何組ものダイビング客がやってきて賑やかだった。

f0229926_7353183.jpg

前回も今回も初心者に優しい海岸。
小田原とか、前回潜った真鶴とか、静岡県の伊豆半島に行かなくても
半島の付け根の神奈川県内で潜れるということをはじめて認識。
う〜ん、神奈川県っていいぢゃん ♪(横浜市の税金は高いけど・・・)。

f0229926_8201631.jpg←海底の
ドラえもん石と
記念撮影
photo by Frontier

伊豆半島界わいの夏の海は、
上はクリームテイストのムース、下は透明なゼリー(?)の
二層構造になっちゃうんだって。
(写真はみどり色だけど、ホントはもっと青い白水色)

入水してみたらば「うわあ〜〜ホントに見えないや、こりゃ」だった。
でも、潜っていくところはちゃんとロープで手繰れるようになっているし
インストラクターさんにつきっきりで見てもらえるから
安心して潜降していけたし、深いところは視界が良くてキモチよかった。

f0229926_883617.jpgサンゴもいるんだね
photo by Frontier

前回より深いところへ行くのはドキドキしたけれど、
でも、潜ってしまえば、やらねばならないスキルに集中するので
案外落ち着いていて一所懸命になるのだった。

今回は二度目の海洋実習ということもあってか
なんだか「潜る」ってこと自体が面白くなってきた。
むかし着物の着付けなんかでも感じたコトだけれど
(ダイビングと着付けじゃまるで違う世界だけどネ)、
新しいコトをカラダで覚えるのって格別な面白さがある。

ましてやこの年齢になって、
まったく未知のコトに挑戦するってすごく刺激的だ。
キンチョー感もハンパじゃないけど、面白くて愉しくてワクワクする ♪

f0229926_8264376.jpg

今回の海では、前回見られなかったアオリイカの姿が群れで見られた ♬
(スーパーの生鮮棚で見かけるのとはまるで違うんだ〜、あたり前だけど)
白く半透明みたいに見えて、産卵した場所で
ひれをヒラヒラ波打たせて浮かんでいるところなんて
まるで宇宙船!地球のエイリア〜ン!・・・みたいで素敵だった。

そのイカを狙うウツボが砂地で横たわっていたり、
ひとつ穴で仲良く住み暮らすハゼとエビの姿や
イソギンチャクにうろうろするクマノミ、
近づくと「なにか?」と目をきょろきょろさせてこちらを見るカサゴだとか、
海の住人たちは実に表情豊かなんだなあ〜!
水族館で見るのとは大違いなんである(って当然か)。
う〜ん、めちゃめちゃ楽すぃ〜〜〜い〜〜〜♬

f0229926_8441945.jpg

無事に二本潜って二日目の実習を終えて、
小田原の飯屋さんで遅めのお昼ご飯。
お魚のフライ定食。食べるお魚は大好きだけど、
海で生き生きと動いている姿を見たあとだと感慨もひとしお。
ああ、感謝して美味しくいただかなくっちゃネって思った。

食後、横浜市内のショップに戻って、
無事認定証を発行していただいた。
Kさん、I さん、この度は大変お世話になりました。
へなちょこダイバー、これからも上達目指してがんばりますので、
どうぞ今後ともよろしくお願いいたしまーす!
感謝。

by team-osubachi2 | 2013-06-18 09:02 | 海に潜る | Comments(10)