丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2013年 02月 01日 ( 1 )


2013年 02月 01日

『和服女性』二月の展示@青山ゑり華

*この展示は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先月から、青山・骨董通りわきにある「青山ゑり華」さんで、
思いつくままに描いたいろんな着物姿の人物画を
月替わりで展示させていただいています。

****************************************

二月はまず節分にちなんだものから。
これは一昨年、好きなお話、浜田廣介の「泣いた赤鬼」から
お福さんと仲がいい鬼もいていいんじゃない?・・・と
ひょいと思いついて描いたものです。
題して「豆ひろう鬼」です。*非売品

「なんと、このように豆を散らかしてしもうて。
そなたたちも早うひろうてたも」

「へーーーーい」

f0229926_23511180.jpg



下の絵は、虚子の句から。
うちのベランダにある鉢の日本水仙も日に日に育って、
もうつぼみをつけ始めました。
いまから花がひらいて漂う香りが楽しみです。

「日についで めぐれる月や 水仙花   高浜虚子」


f0229926_21102297.jpg



ひところ、都々逸の文句が面白くて、まだパソコンを持つ以前、
自分で拾える限りの都々逸を集めて
半紙に書き記してみたことがありました。
憎し恋し、皮肉もまっ正直も洒落に込めた七 七 七 五の言葉。
下の絵はそのひとつから。

「うちの亭主と 炬燵の柱 なくてはならぬが あって邪魔」


f0229926_21105687.jpg



*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

****************************************

スキャニングがあまりよくなくてすいません。
もしもお近くにいらっしゃることがありましたら、
ぜひ「ゑり華」さんの店頭で、額絵としてご覧いただけましたらさいわいです。

青山ゑり華
http://www.erihana.co.jp

by team-osubachi2 | 2013-02-01 00:10 | 時代もの画 | Comments(8)