丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 09月 11日 ( 1 )


2011年 09月 11日

あれから半年、あれから10年

半年前のあの日は寒いさむい一日だった。
日本橋で罹災し、東京駅のモニターで仙台平野を襲う津波の中継を見た。
「あぁ・・・神さま!なんてこと!」
半年たって、今あらためて放送される数々の津波の映像に肌が泡立つようだ。
目が釘付けになる。それくらい今も衝撃的だ。

そして10年前のあの日も、たまたまテレビをつけたら、
しばらくの間、音声もなく、ただ画像だけが映しだされていた。
・・・なんの中継?ビル火災?いったいどこの?
それからほどなくして、目を疑うような、まるで映画としか思えないような
シーンがどんどん展開して、結局一晩中寝ることも出来ずに
朝まで中継に見入った。

これが!こんなことが本当に、現実に起きてしまうなんて・・・!
それから追い打ちをかけるようにして、福島の原発事故が起き、
米国はアフガニスタンやイラクへの攻撃を始めてしまった。
今もその大きすぎるほどの深い傷と後遺症をひきずって
世界も日本もあえいでいるかのようだ。

f0229926_2356576.jpg

それまで原発に対して無知無関心だった私。
イスラム世界のことについても無知無関心だった私。
半年前と10年前に起こった大きな出来事から
せいぜい「無関心でいないコト」を心がけるようになったくらいが関の山だけど
今も、自分に出来ることはなんだろう?と思う。
どうすれば、心沈む人たちが、どんなに小さくても希望という光を抱いて
前へ進めるようになるだろう?
わずかばかりの義援金や支援金の寄付や、救援物資を送るくらいなら
私にも簡単に出来るけれど、もっと長い目でみて出来ることは何なのか。
これからも考える日々・・・。

せめて今日は、いつもより深く祈ろうと思う。
東日本大震災で亡くなられた人たちと、今も行方不明の人たちに。
ニューヨークや、アフガニスタンやイラクで犠牲になった人たちに。
それから、世界中の大きな自然災害や戦争で今も苦しむ
大勢の人たちみんなを想って・・・。

by team-osubachi2 | 2011-09-11 10:03 | 日々いろいろ | Comments(4)