丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 09月 20日

切り干し大根と麦とろ飯

なんか急に涼しくなった、かな?
煮物炊物が恋しい季節になった。

・・・ってことで、昨晩は切り干し大根とさつま揚げの炊いたんをこさえた。
切り干し大根は少し硬めに歯ごたえを残して仕上げる。

f0229926_06414831.jpeg

で、夕べは久しぶりに山芋をすりおろして麦とろ飯にした。

子供のころ、これが唇に触るとかぶれるものだから、食べる気がしなかったけど
大人になって食べられるようになった。

きっかけは二十代のころ夢中になって読んだ池波正太郎さんの小説や食のエッセイ。
たしか東海道の丸子宿のとろろ汁だっけ。
自然薯をとろろ汁にして麦飯にかけ回して食べるんじゃなかったかな。
ほだされて行ったのは、浅草の「むぎとろ本店」さん。
おそるおそる口へ持っていったけど唇はもうかぶれなかった。
なので、あとは自分で山芋を買ってきてテキトーに。

f0229926_06420044.jpeg

お供のおかず、魚は秋刀魚にしたかったんだけど諸事情により鯵のひらきで。w
それと切り干し大根の炊いたん、キュウリの浅漬けも。

夕べ買い物に出たら、日暮れが少し早くなっていた。
今日はお彼岸の入り。


by team-osubachi2 | 2019-09-20 08:05 | しみじみご飯 | Comments(2)
Commented by sogno-3080 at 2019-09-20 16:10
このメニューいいなあ。ほっとします~
麦とろごはんが、美味しそうで美味しそうで♡
Commented by team-osubachi2 at 2019-09-20 20:49
sognoさん
山芋のすりおろしたの、むっちりねっとり、だけどさっぱりして美味しかったですー。
(うちはいつも押し麦入りのご飯でして)
秋刀魚、今年の水揚げのものはびっくりするような値段で出てますですね。
お高い百貨店系スーパーをわざと覗き見しては、ヒョエエとのけぞってからスルーします。w
台風のせいか、この秋は栗がまた高値の花であります。


<< はじめてのラグビー、の秋      雨降りの日は >>