丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 09月 19日

雨降りの日は

昨日は人とお会いして、一緒に松濤美術館へ琉球の染織展を観に行った。
着物という世界を通して知り合った方。
お話をしてみると、自分が知らない世界を経て来られた経歴と
楽しいおしゃべりで、あっという間に時間がすぎてしまった。
またお目にかかりましょう♪ 楽しい時間をありがとうございました。

そんな昨日は雨降りの日だったけど、着物が着たかったので、
ちょっとくらい濡れても平気な紙布単衣に南部菱刺しの八寸(木綿)帯を締めて出かけた。

f0229926_06501556.jpeg

出しなに雨が降り出したので、
カレン草履には爪革をかけ、雨ゴートを着て、傘をさして家を出た。
いいね、雨の予報の日はいっそ出だしから降っててくれる方がいい。(個人的な意見ですが)

帰り道も雨に降られた。
買い物もして増えた荷物を肩からさげて丘を上って帰った。でもいーの、気にならない。
だって、雨が降りそうだからと言って、あれこれ手荷物を抱えて一日出歩き
結局降られもしないで帰宅するのが一番くたびれる。(個人的な感想ですが)

雨の予報の日は、いっそ出だしから降っててくれる方が私には好ましい。


by team-osubachi2 | 2019-09-19 09:07 | 着物のこと | Comments(4)
Commented by 香子 at 2019-09-19 17:17 x
おお、南部こぎん刺し!
(ワタシは南部領ではありませんが)
地元の物産をお使いくださり感謝(^人^)
こぎん刺しや紫根染め…欲しいものは多々あれど
なかなか宝くじが当たりませんの〜(滝汗)
Commented by team-osubachi2 at 2019-09-19 23:09
香子さん
これ、ネットででしたか、求めたときには色物のこぎん刺しかと思っていたら、のちに布博学のある方に「南部菱刺し」だと教えていただいたものです〜。
今時は織機によるこぎん刺し風の帯も出回っていますが、手仕事のものはやっぱり糸の厚みなども全然違いますですね。
紫根染めや茜染め(のリユース品)、独身時代のうちに一枚買っておけばよかったなあ〜と思います。今じゃもうてんで無理〜。。。棚からぼた餅落ちてこないかなあ〜。笑
Commented by g-tant at 2019-09-21 09:57
今日わ〜よろしくお願いします
初秋らしい色合わせ素敵ですね
東北の手仕事って何と無く風土を感じさせます
Commented by team-osubachi2 at 2019-09-21 12:04
g-tantさん
こんにちはー。コメントをありがとうございます。
手仕事のものは、なんとなく風土や、作った人の人物像までなんとなく感じられるといいますかイメージさせられる雰囲気のようなものがありますね。無意識ながら、自分も絵にそんなものが込められたら良いなあと思いながら、ちびちび努力の日々であります。


<< 切り干し大根と麦とろ飯      杣人(そまびと) >>