丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 09月 15日

セーターを送る

去年急逝した姑どのは編み物が好きだったようです。
部屋からは編んだきりで着ていないセーターやベスト、
マフラーや毛糸帽などが何枚も出てきて、
はてさてどうしたものかしらとネット検索してみましたら、
「日本救援衣料センター」なるサイトを見つけたので、
セーターとベストはそちらへ送ることにしました。

f0229926_10531133.jpeg

ちょっと間があいて、後日送られてくる振込用紙で
海外輸送費(10kgまでなら1500円程度)を振り込む仕組みです。

ご参考までに、受入れOKの衣類と、不可のものは以下の通りです↓。

f0229926_10532251.jpeg

ちなみに昨年度の送付先報告↓。

f0229926_10533229.jpeg

寄贈実績も地図でわかりやすく表示された報告書が
振込用紙に同封されていました↓。

f0229926_10534145.jpeg

そろそろ衣類の入れ替え時期。
もしもまだ着られるけど不要になった衣類などありましたら、
こちらのセンターに送るのも良いかもしれません。

ちなみに、手元に残った帽子とマフラーは
山谷のキリスト系ボランティア施設へ送ることにして、
一本だけ濃いピンクの細いマフラーは私がお家で巻いて使うことにします。
襟首の冷えに弱いので・・・。
あとは中途半端な毛糸玉はしばらく手元に残しておき、
セーターの補修とか刺繍などに使ってみるのもいいかもしれません。

どこか海の向こうでセーターを着てもらえたら、姑どのも喜ぶかもしれません。
もしかしたら、草葉の陰で「あらやだ、恥ずかしいじゃない」
・・・と言っているかも知れませんが。w

日本救援衣料センター


by team-osubachi2 | 2019-09-15 15:53 | 日々いろいろ | Comments(4)
Commented by sogno-3080 at 2019-09-17 11:24
いわゆる発展途上国が舞台となる映画やドキュメンタリーを観ていると
どうみても手編み風のセーターやベストを着ている子供を見かけます。
お母さんが編んだのかな?と思っていましたが、この中の一枚や二枚は
もしかしたらこうやって送られたものの中の一枚かと、勝手に想像を膨らませて
います。「あらやだ、でも誰かが着てくれたら嬉しいわ」と言っているのかも。
貴重ですよね。
Commented by team-osubachi2 at 2019-09-17 12:44
sognoさん
そう言われると、アラブの子供たちでも長い白衣の上に毛糸編みのセーターやベストを着た子らの姿が瞼に浮かんできますが、sognoさんの想像は当たっているかもしれません。沙漠地帯の家々で山羊や羊を飼ってはいても、主にはお乳や食べるための羊みたいですし。。。
ネット検索すると沢山募集してるところがでてきましたが、このセンターの報告ではイエメンにも物資が届けられているのと、輸送費の協力を求められるという点が個人的に信頼できる気がしたのでここに決めました。姑どのもブツクサ言いながらも喜んでくれたらいいなと思います。笑
Commented by 朋百香 at 2019-09-17 20:38 x
tomokoさま
良い情報をありがとうございます。
今まで「古着でワクチン」一辺倒だったのですが、これもいいかも。寄贈実績が分かるって、なんか想像が膨らんでいいですね。
Commented by team-osubachi2 at 2019-09-18 07:57
朋百香さん
具体的な活動報告って有効だなあと思いました。
ものによって何処へ送るか探す事ができる、ネット時代はそういうところが便利だなあと思いました。
少しずつでも整理して支援に繋げられtらいいですよね。


<< お湯洗いの髪      新しい手ぬぐいをおろす >>