丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 09月 12日

着付師さんの小さなお針箱

今日も着物がらみのご本の撮影に立ち会い。
普段一人きりで仕事をするものだから、三日間もスタジオに通ったおかげで
著者さんお二人と、スタッフの皆さんと和気あいあい仕事ができて楽しかった。

撮影の合間に、スタイリストでもある着付師Mさんの持ち物を見せてもらった。

f0229926_22190464.jpeg

「指ぬきがそのまま入るの〜♪」と言いながら、見せてくれた容れ物の中に詰まっていたのは、
ご自分で手作りしたり寄せ集めたりしたお針セット♡

f0229926_22191906.jpeg

や〜ん!か〜わいい〜〜♡
そっか〜、太めの印鑑入れ、こんな活用方法があったとは!?

針山は自分で作ったんだって。そうだわ、小さな古裂もこんな活かし方できるね〜♪
私も自分で寄せ集めた針箱、欲しくなっっちゃった。w

f0229926_22193110.jpeg

私の取材分は本日でおしまい。
三日間、担当さん手作りの美味しいお惣菜やら、
著者さん手作りのおやつやらを差し入れしていただき
楽しくお仕事ができました。どうもありがとうございます。
担当する部分が少しでもお役に立てますよう励みます〜!!


by team-osubachi2 | 2019-09-12 22:54 | これが好き | Comments(2)
Commented by sogno-3080 at 2019-09-14 11:07
道具箱っていいですね。お針箱セット、コンビニなんかでも売って
いますが、自分仕様のって眺めているだけでも楽しいです。
こちらの針山のちいちゃくて可愛いこと♡
どんなところをチクチクするのかなあ、なんてことも含めて
本が実に楽しみです。
Commented by team-osubachi2 at 2019-09-14 17:50
sognoさん
ねー、古裂で針山作るの、楽しそうだなと思いました。
私もお土産で買ったセットがあるので、容れ物とか工夫してみたくなりました。
自前で整えたちいさなお針箱って愛着もひとしおですよね、きっと。


<< 新しい手ぬぐいをおろす      月刊「なごみ」九月号発売中 >>