丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 08月 24日

ぴょん吉の糸

子どもの頃から家の中で馴染みの虫といえばハエトリグモじゃないだろうか。
個人的に親しみをこめて「ぴょん吉」と呼んでいる。

糸の巣を張ることもなく、ピョコピョコと飛んだり跳ねたり歩いたりする。
たまーに天井からツーーーーッと忍者みたいに下りてくる事もある。
おおー、スパイダーマンみたいぢゃん!・・・て、逆か。
顔を近づけると目が合うことが多い。キリッとこちらを睨み(?)返してくれる。
家内に一匹もいないとなるとむしろ淋しいくらいだ。

f0229926_15245868.jpeg

このあいだベランダで一匹、黒いコを見つけたので、捕獲してリビングに放してみた。
きりりとしたBlack&White、調べて見たら、
このコは「アダンソン・ハエトリグモ」のオスだった。

まだ若いコなのか、ジャンプも勢いがあって、相撲を取らせたら強そうだ。
何日間かリビングやキッチン、私の机周りをうろついていたのだけど、
ベランダの方がエサ虫が多いかもしれないので、またまた捕獲して元のベランダに戻してあげた。

何日か前、フェイスブックにもこの写真をあげたら、
「このクモを見かけたら静かに見逃してる、芥川龍之介を読んでからクモは特別、
いつか助けてもらうんだ(笑)」とコメントをくれた方がいらしたのだけど、うん、わかる〜♪

これまで助けたクモや、これから先助けるクモたちもいるわけだから
私たちを助けてくれるクモの糸はきっと丈夫なハズ!w
だから、クモの恩返しを信じる(期待するともいう)皆さま、
どうかくれぐれも自分の後から上ってくる人たちにもご寛容に!!w


by team-osubachi2 | 2019-08-24 19:55 | 生きものの世界 | Comments(4)
Commented by 香子 at 2019-08-25 08:32 x
ね〜、「蜘蛛の糸」ねぇ〜 (^-^;;;
今からロープ登り用に腕を鍛えておきますか(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2019-08-25 12:01
香子さん
うふふ、きっと助けてもらうときは重力のない世界ででしょうけど、
筋トレはやらないよりはやった方がいいには違いないです、かね?笑
Commented by 朋百香 at 2019-08-25 14:45 x
tomokoさま
はい、うちにもおりますよ「ピョンさま」
1匹や2匹じゃないです。もちろん、ご自由に動いて頂いております。孫が壁に見つけると騒ぎますが「蜘蛛は神様のお使いだから」と言い聞かせております(笑)
もう1種類、かなり大きくなる子がいるのですが(やっぱり巣ははりません)あれは何という子かな?
今度見つけたら写メして昆虫博士に(tomokoさんのこと)送ります。家の中も外も、いろんな子がいて楽しい限り。
Commented by team-osubachi2 at 2019-08-25 16:34
朋百香さん
相方がいろいろ持ってるハンドブックシリーズに「ハエトリグモ」があるのを知り、
焚きつけて一冊ゲットしてもらいました。笑
家の中で見られるコたちでも、いろんなのがいますね、オスとメスでも違いがありますし。
かなり大きくなるコは、ひょっとしてアシダカグモでは?
我が家ではあまり大きいのは見たことがないんですけど
戸建ての家では育ちますよね、台所や家内に侵入してくる嫌われ者のGを捕食してくれるそうですよ。
丘の上は越してきて初めて見たときはまだ中くらいでも結構ビビりましたです。笑
また見かけたらいつでもお訊ね下さい、お調べいたします。笑


<< 松濤美術館『美ら島からの染と織...      幸田文『黒い裾』 >>