丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 08月 22日

幸田文『黒い裾』

古本を一冊買った。
読んだことがない短編集、幸田文著『黒い裾』。

f0229926_17304056.jpeg

幸田文さんのご本を初めて読んだのは『流れる』だった。
昭和の邦画を浴びるように見ていた頃だったから、まず映画の『流れる』から入ったクチ。

独特の言い回しというのか、それまで自分が読み漁ってた時代小説とか
女流作家の小説とは言葉使いのリズムがどこか違っていて、
ちょいちょいつっかえながら読んでいたのだけど、そのうちに気がついた。
あ、テレビなどで拝見する青木玉さんが喋る時のリズムとどこか同じ・・・ね?
そう気付いてからは幸田文さんの作品も(沢山じゃないけど)
スイスイと読み進むことができるようになった。

『黒い裾』は、女主人公の半生にかかわる黒紋付の着物(喪服)のお話だけど、
幸田文さんの人生にもどこか共通していそうな黒紋付の在り方がなんだかすごい。
短編だけど、このまま一本のドラマにでも出来そうな感じ。

私の手元にも母親が誂えてくれた袷と絽の揃いはあって、
すでに冬場と夏場それぞれ両親の旅立ちに袖を通したから
この黒紋付の役目は終わったも同然と思ってるんだけど、
今の時代の黒紋付の着物とはまるで存在価値が違うなあと感じ入った一編。

f0229926_17305099.jpeg

ところで、幸田文作品は昔っから装丁も良いものが多いけれど、
ことに目をひいたこの題字・・・美しい♡
どなたの手跡かしら?と表紙をめくったところにクレジットが記されていた。

題字 熊谷恒子

・・・さすが。

まだ伺ったことがないのだけど、いつか訪れたいと思っている熊谷恒子記念館では
いま「かなの美展『墨の濃淡 書のたしなみ』」が開催中とのこと。
秋になったら、書道友だちを誘って観に行こうかと思っている。

大田区立熊谷恒子記念館


by team-osubachi2 | 2019-08-22 08:36 | 読む | Comments(4)
Commented by ベル at 2019-08-22 11:33 x
熊谷恒子さん ほれぼれする字ですね。
書を見ていると、運筆の時間の流れを強く感じます。
ところで今、独自勉強している尾張名所図会の巻四「築地 楼上の遊興」図は
描かれている人物の着物のほとんどが紋付。
かなり羽目を外した太鼓持ちや遊女、町人客、旦那衆、剃髪男、茶屋のお仕着せにも紋が入っていて、それがちょっと不思議で、紋付のありようについて江戸末期の風俗を調べている最中です。
Commented by sogno-3080 at 2019-08-22 12:05
読んだことがありませんけれど、何かビビッと来るものがありますね。
表紙のデザイン(配色)といいタイトル文字といい、こういう本は
読まずとも面白いに決まっている、などと断定しちゃう私(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2019-08-22 15:59
ベルさん
何年か前に、いまの書道の先生からお聞きして知った方ですが、
こうして写真で遠目に拝見するだけでも、そうそう、運筆の時間を感じるような、
そのくせ仮名のなかでも書いた人の個性がしっかり現れてい文字だなあと思います。

なになに、尾張名所図会、築地 楼上の遊興、とな?、、、へええ、ネットで出てくるもんですねえ。便利な世の中だ。
たしかに紋付き着てますね。庶民ではあっても、遊興、遊郭へ出かけるときは紋付きが洒落た装いだったのでしょうか?
お武家のお遊びの相手をするうちに、そういう遊びの場でも紋を付けるってことが、
このギョーカイで働く人ら、果てはそういうお座敷に遊びに行く人らまで下って流行ったものでしょうか?
面白いですねえ〜。詳しいことがわかったら、いつかお茶でもいただきながら教えていただきたいものです〜。
Commented by team-osubachi2 at 2019-08-22 18:21
sognoさん
うふふ、いわゆるジャケ買い、かもです、これも。笑
女主人公の肚の座り方がたいそうしっかりしていて、そういう女性はどうしてか軟弱な男性と縁を結ぶパターンが描かれることが多いのですが、この女主人公も同様で、そんな性根のしっかりした女性に寄り添う喪服のお話。sognoさんならコーヒータイムの間に読み切ってしまうかもしれない短編です。
そうそう、ジャケ買いといえば、『きもの』も単行本初版はまさにジャケ買いでした。たまたま上梓後に渋谷の小さな書店で見つけた時は嬉しくて嬉しくて。何度も読んだあと、スカッと人にやってしまったのですが、あれ、とっておけば良かったかなあと思わないでもないです。今更かよ。w
文庫版は仕方なく、いかにもペラっとしてしまってますが、繰り返して読むには気易くて、これはこれで軽装も悪くないなあと思ったものでした。装丁って、そういう面白さもありますですね。


<< ぴょん吉の糸      バナナトースト >>