丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 07月 05日

蓼摘む人も好き々々

たしか去年もそうだったけど、時期をみて買ったバジルの苗が、
鉢に植え替えた後、日照不足と低温が続いたせいか、どうもいけない。
病と虫食いで駄目っぽい。くう・・・敗北感。
しょーがない、暑くなったらまたトライしてみようか。

しかし、相変わらずお空が重たいね〜。
雪国育ちの私でも、こんなお天気が一週間も続くとさすがに飽きてくる。

f0229926_14354390.jpeg

昨日早めにスーパーへ買い物に行った帰り、
建屋と駐輪スペースの間に、ぴょんと育ったオオイヌタデ(かな?)を見つけた。

雨に濡れて艶やかな葉と茎の先に、ほんのり赤みの花房がお辞儀する風情に惹かれて
ついポキポキと手折って持ってきてしまった。

f0229926_16215354.jpeg

もとより盗んだところで誰にも咎められはしないタデの仲間。

『妄想・終の住処』にある茶室の床へ、ナデシコとか、エノコログサなんかと一緒に
籠に挿して床に置いたら素敵だろうなあ♡

ま、現実としては、骨董市で買った古徳利に挿して洗面所へおくのがせいぜい。

f0229926_16214158.jpeg

花屋さんで切花を買わなくなって何年立つだろう。
丹精込められて育った美しい花々を見るのも好きだけれど、
ときどき近所で摘む野の草花の方が我が家には合うようだ♪


by team-osubachi2 | 2019-07-05 16:56 | 生きものの世界 | Comments(2)
Commented by fuko346 at 2019-07-05 22:05
お花も花器も素敵です。
うちも お花は ほとんど買いません。
植えてあるものも 和物で 豪華な子はおりません。
そういうのが 好き ♪
Commented by team-osubachi2 at 2019-07-06 10:35
fukoさん
和花とされる類いは、やっぱり日本の気候風土に育っただけのことはあって
全部とは言いませんが、日本の家屋にもさりげなく似合うのかも知れませんね。
洋の空間には洋花のアレンジメントが似合うように、、、。


<< 梅雨のあいまに『初屋』さんへ      お酢のチカラ >>