丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 27日

きびなごの干物

昨日熱海から帰るときに、駅前商店街で、二、三お土産に買い求めた魚の干物。
相模湾の恵みを干物にしていただく歴史が長いからか、
どのお店にも見栄え良い干物が種類ごとにいーーっぱい並んでいるさまは壮観!

中でも気になったのがきびなご。
ちんまりと爪楊枝にきびなごが四尾ずつ。
身に沿って光る筋がなんとも綺麗で、体長も整えて丁寧に刺す仕事ぶりは
「伝統工芸品」ならぬ「伝統食芸品」と呼んでもいいんじゃない?ってくらい。

f0229926_15224625.jpeg

・・・ん?
なにやら視線が・・・こっち見てる?w
「大丈夫?火加減わかってる?」って言ってるよーに私には見える。w

f0229926_15225812.jpeg

大丈夫よォ、まかせてちょーだいよ。
軽く、でもじっくり炙って、爪楊枝から一尾ずつ外して口に入れる。
う〜〜♡噛めば噛むほど口中に広がる旨味と甘みとほんのりした苦味の加減がなんとも絶妙!
さすが、塩加減、上手いなあ〜♪

マイクロプラスチック問題も気にならないわけじゃないけど、
頭から尻尾までバリバリと美味しく食べてあげた。

・・・昇天。ありがとう、合掌、ごちそうさまでした♪


by team-osubachi2 | 2019-06-27 22:39 | しみじみご飯 | Comments(0)


<< 会津もめんの帯      薔薇もチューリップもなくても >>