丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 22日

門出の日

*6月22日(土)雨のち曇り

朝、着物に着替えようとしたら・・・ぎゃっ!土砂降りになっていた!

でも、気にしない。
雨ゴートを着て、草履はやめてカレンブロッソの良い方のに爪革をかけて
相方とともに家を出た。

横浜市の山手に着いたら小雨になっててちょっとホッとした。
坂道をあがって、はじめて訪れた横浜のカトリック山手教会。

f0229926_20170507.jpeg

今日は私たちのダイビング仲間(新郎)のめでたい門出の日。

聖堂の空間で、神父さまの祈りを聴いていると、空気がすーっと透明になって、
聖堂の中いっぱいに荘厳さが満ちてくる感じがするから不思議。

f0229926_22590750.jpeg

日本のジューンブライドは、雨によって祝福されるのだわ。
K君、よかったね!いいお相手にめぐり逢えて。

音楽とサックスが二人の縁を結んだそうで・・・

f0229926_20234366.jpeg

披露宴会場でふるまわれたのは、サックスを吹く新郎新婦と
プロアマ入り交じって彼らの音楽仲間の皆さんによるジャズライヴ♪

f0229926_20240061.jpeg

そして、その生演奏を聴きながらのフレンチフルコース♪

f0229926_20245651.jpeg

オマール海老だの、フォアグラだの、季節野菜に、平目のナントカに、
ナントカの牛フィレ肉・・・美味しいレストランウェデイングっていいね〜♪

f0229926_20241562.jpeg

どのお料理も、特に野菜の下茹での加減の上手さに唸ってしまった。
こんなのご家庭じゃ無理!よね。当たり前か。

ケーキにも五線譜飾りと楽器盛り♡

f0229926_23005914.jpeg

ライヴの後半、コーラス部の指揮をなさっているという新郎K君のお母様が
『見上げてごらん夜の星を』を独唱なさって二人を祝していらしたのがまた素敵だった♪

ご親族、来賓の皆さま、(私以外は)皆さん洋装でご参加だったけれど、
よく見れば、新婦のご親族の中に、小紋の着物からツーピースのドレスや
黒留袖から作られたロングドレスをお召しのご婦人方がいて、
教会での挙式とレストランでの披露宴という場には相応しいなあと好ましく映った。

私はといえば、瓶覗色の単衣の縞無地に、黒地の絽綴れの帯。
新郎側の年上の友人としては、もろ古典的な模様の礼装着物(←持ってないけど)より、
いっそ単純な無地の方がレストランウェディングにはちょうど良かったかも。

f0229926_20153871.jpeg

結婚式に出席したのはいつ以来かな?
久しぶりに会うダイビング仲間とのお喋りも楽しくて、いい日だった。

f0229926_20155854.jpeg

この度はご結婚おめでとうございます。お二人の末永い幸せをお祈りしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、横浜はいいね〜。
いつ来ても、何回来ても観光気分が味わえて大好きだ♡

f0229926_20444190.jpeg

帰り道はもう朝のような雨降りではなく、静かに雨雲が横たわってた。

帰宅して着物を脱いだらすぐ浴室へ。
今年もいよいよ夏着物を着た後に浴びるシャワーが「ご馳走」という季節になった♪


by team-osubachi2 | 2019-06-22 23:53 | 着物のこと | Comments(8)
Commented by セージグリーン at 2019-06-23 08:03 x
聖堂の荘厳な雰囲気が伝わってきます。
6月のよき日にご夫婦となられたお二人に、
お祝い申し上げます。
披露宴でジャズセッション、、、よいですね〜。
飛び入り参加したくなっちゃいます。
Tomokoさんの装いも爽やかな色味としゅっとシャープな佇まいがステキです。絽ではなく、縞無地なのですねー。
Commented by sogno-3080 at 2019-06-23 09:44
横浜、結婚式、音楽いっぱい、もうそれだけで充分ですがな~!結婚式はいいですよね。さりげない着物スタイル、かえって着物上級者を感じさせます。
Commented by team-osubachi2 at 2019-06-23 11:41
セージグリーンさん
はい、絽ではなく単衣です。独身時代、お茶を習ってたときに単衣のむじがなかったので、
当時ときおりお世話になっていた人形町の錦やさんで、めずらしく自分で誂えたものですが、こさえといて良かったです。笑
いやあ、昨日はとてもいいお席に招待いただきました♪
カフェハウス ウント ムジクレストラントって銘打ってるレストランなので、
普段からライヴ演奏つきのレストランなんでしょうね。婚礼衣装のまま新郎新婦二人での演奏もナイスでした。
名前を見るだけだったカトリック山手教会にも入れて良かったです。
Commented by team-osubachi2 at 2019-06-23 11:53
sognoさん
こんな晴れがましい場所も、フルコース料理もってめったにない事なので、たっぷりと堪能してきました。笑
あらためて、靴もない、ワンピースドレスもない、バッグも地味で襟元を飾るアクセサリーもないけど、着物持っててよかったなあって思います。
sognoさん、新婦のお祖母さんと思われる高齢の方がお召しの黒留のロングドレス(裾脇にふくらはぎまでのスリットが入ってました)にボレロという組み合わせ、こんな洋式の婚礼にはピッタリと思いました♡
黒留でなくても、飛び柄の小紋のツーピースのかたも洒落てましたし、無地でも素敵かも、と思いました。
sognoメイドのロングドレスもぜひ一枚!!




Commented by 朋百香 at 2019-06-23 11:54 x
tomokoさま
いいですね〜、山手の教会。
素敵な結婚式! 音楽一家っていいな〜。
今やほとんどの方が洋服の中、仰々しい礼服よりもこのくらいのお着物の方が違和感がありませんね。(これが東京のホテルとかだとそうもいかないのかもしれませんが)
白の縞、かっこいい。

Commented by team-osubachi2 at 2019-06-23 12:24
朋百香さん
教会での挙式に参列するのって、十数年ぶりのことで (カトリック神田教会の聖堂も素敵でしたが)
神式にしろ、教会式にしろ、挙式の場に参列するって良いものですねー。良い気が満ちていて、優しい厳かさに打たれる感じでした。
披露宴もとても良かったです。自分たちは「やらなくて正解だったねー」とあらためて思いましたけど
(朋百香さんの娘さんのときもそうでしたが) 自分が歳をとった分だけ、若い二人の門出を祝う席に参加するは嬉しいと思うようになりました。
シャーベットみたいなごく淡い藍色に染めてもらい、ちと明るすぎたかな〜と思ったんですが、
洋装の中でほどよく収まってくれて案外活躍してくれています。
Commented by fuko346 at 2019-06-25 10:56
拝見すればするほど 素敵なお式ですね。
お若いかたが まぶしいです。
きれいな写真の数々、、、の最後の一枚。

一番 すてき~♪
Commented by team-osubachi2 at 2019-06-25 20:34
fukoさん
私もいつのまにかこの年齢になっていて、
自分より若い人たちの門出を祝うのっていいなあと素直に思うようになりました。
単衣の柔らかい着物はたまにしか着ないせいか、
裾や袖、揺れ動いてストンと元に戻る布感、着ていて見ていて嬉しいものですね♪
最後の一枚、帰りの駅で、如何にもな横浜プレートがあったので記念にパチリ!です。笑



<< リネンコートのワンピース      東京五輪切符狂想曲 >>