丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 05月 22日

燕、飛ぶ。かまぼこ彫りの帯留

昨日の青嵐はすごかった〜。
夕方に静寂が戻ったと思ったら、一気に夏の陽気。

何を着ようかと、組み合わせを見繕っていて、帯留めを仕舞っている小箱を開けたら、
あ・・・陶板の牡丹。これ、今年は時期を逃しちゃった。

f0229926_15120414.jpeg

季節に相応しい模様の着物や帯ってほとんど持っていないこともあって、
帯留めに季節のものを持ってくるのが好き。
でも、季節の帯留めといえども、うかうかしてるとあっという間に時期を逃してしまうね。

牡丹はもういいや、また来年ね(あっという間に来年はくるだろうし)。
今日はこっち!

f0229926_15121356.jpeg

かまぼこ板から彫った自作の「団扇に燕」。やっとデビューね♪

f0229926_15122267.jpeg

五月もすでに後半。袖を通すなら、単衣が心地いい。
二十年ほど前に飛び降りて買った失恋記念(笑?!)の牛首紬。
袷だったのを単衣に直して正解!シュルシュル、サラサラした手触りが好い♪

博多帯の半幅をカラテア結びにして、と。
少しばかり目の保養に行ってこよう♪


by team-osubachi2 | 2019-05-22 08:16 | 着物のこと | Comments(2)
Commented by sogno-3080 at 2019-05-22 16:18
燕の帯留のなんて素敵なこと!先日駅で見かけた燕を思い出したこと
でした。そしてお着物のカッコいいこと!いかにもTomokoさんに似合い
そうですね。以前の記事を改めて読ませて頂き、そうそう、女にはそんな時
があるわよね、って。そしてN様のブログでいつぞやの野点記事を拝見。
お茶が美味しそうです~。どうしたらこんなにクリーミーに点てられるの
かしら。
Commented by team-osubachi2 at 2019-05-22 20:51
sognoさん
今なら逆立ちしても「むーーり」と一言で片付けられるんですが、あの時には飛び降りてしまって、回復までえらい思いをしました。笑。でも、買えた時に買っておいて良かったなあとも思います。かまぼこ板の帯留、よく見たら「工芸じゃなく工作」って少し稚拙なところが好きな点です。苦笑
Nさんのブログ、私もこそばゆく拝読しました。いやあ〜、実際には手順は抜けるわ、指輪はしたままだわで、厳しいタイプのお茶人さんから教育的指導がビシッと入りそうな有様でお恥ずかしい限りですが、Nさんも私もお互いそこはこだわらず、野原の大らかさが一番の味わいと理解して野点の場を楽しめたのが良かったです。
お茶を点てるの、私は逆に表千家さんのように月が現れるくらい泡立たない方が難しいなあと思います。今の先生も泡立ってるのがお好みで助かってますー。


<< 手が生むもの、綺麗なものを見てまわる      好き好んで摘む草 >>