丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 04月 26日

浪立つ花、タツナミソウ

昨晩は寝苦しいくらい蒸してたのに、朝起きたら寒かった〜!
雨っぽいし、冬を越したベランダの草々も戸惑ってそう。

去年は植え替えた後の日照りが悪かったこともあってか、
ほとんどヤル気を示してくれなかったタツナミソウ。
こりゃまずい、と、置く場所を変え、午前中いっぱい日が当たるところで越冬させ、
春先の日差しもたっぷりと浴びたおかげか、ようやくヤル気を出してくれたみたい。

立浪草さん、赤。

こちらは園芸好きのお友だちの家からはるばる送っていただいたもの♡
すでに盛りといってもいいくらいに咲いてくれた。

f0229926_15441417.jpeg

立浪草さん、白。

こちらはまた別の友だちの家の敷地に咲いていたのを手ずからいただいてきたもの♡
赤より少し出遅れたけど、蕾をたくさんつけていて、これからどんどん咲きそう。

f0229926_15440074.jpeg

独身時代に住んでいた渋谷区のはずれにあるアパートの
日陰がちな細い脇道に群れて咲いていた白い花。
のちに知ったタツナミソウという草の名前。そうかあ、波立つような姿してるもんね。

午前中しか陽が当たらない我が草むら園でも丈夫な部類で、
洒落た花を咲かせるありがたい草である。



by team-osubachi2 | 2019-04-26 20:18 | 生きものの世界 | Comments(0)


<< 同じ袖を振り合うもご縁かな      単衣の着物と解けた謎 >>