丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 20日

今年も、笹巻けぬきすし

先週末、毎年恒例で相方の所用につきあって御茶ノ水で出かけたあと、
神保町へ移動するさい、今年も神田小川町の『笹巻けぬきすし』さんへ立ち寄った。

まず、この店構えからして好き。

f0229926_07361972.jpeg

お店の中は、ちょこっと腰掛けて食べられるようにもなってるのだけど、
店内にある折詰めの販売コーナーがまたたまらなく好き。

カウンターに積み上げられた経木の箱がたまらないのよね〜♪

f0229926_07363652.jpeg

毎年この日は相方の所用が済んだあと、神保町の書店をのんびりと覗き見て回って、
夕方いつものお店で餃子をたらふく食べて、また本屋をひやかし、珈琲を一杯喫してから帰宅。

で、お家でお茶を淹れ、買って帰った「けぬきすし」をつまむのが恒例になった。
いつもうちが買うのは七個入りの折をひとつ。これを半分こにしてつまむのであ〜る。

f0229926_23074848.jpeg

七個の中身は、鯛、朧、玉子、小肌に海老・・・

f0229926_23081152.jpeg

それから干瓢巻きがふたつ。

f0229926_23082238.jpeg

塩気も酢も現代に適応させて、うんと昔に比べたらあっさりしたそうだけど、
元々を知らない私にも、どことなく「お江戸の味」を感じさせてくれる酢の加減が好き♡

子供のころ、ドラマや映画なんかで見たようなシーンで
酔っ払いのお父さんなんかが提げて帰ってくる寿司折ね。あれが憧れだったんだ。
今は自分で持ち帰る寿司折。
大人になるっていいもんだな〜って思う。

笹巻けぬきすし総本店/老舗を訪ねてー神田法人会


by team-osubachi2 | 2018-12-20 08:07 | 食べる | Comments(4)
Commented by fuko346 at 2018-12-20 13:25
父が酔っぱらって帰ってきて その手に ぷらぷら揺れている
寿司折、が浮かんできました。
けっこう上等で、夜遅く、ぼそぼそ食べていたような気が
します。
酔っ払いはいやでしたが お寿司は美味しかったのね 笑
Commented by team-osubachi2 at 2018-12-20 22:26
fukoさん
うちの親父さんも、若い頃たまにベロベロになって帰ってきては
妻子にどやされてたわけですが( ̄∇ ̄)、なに堪えるものですか、喉元過ぎればなんとやら、でした。笑
うちは漁村だったせいか、魚よりもお肉がご馳走でしたから、
たまに経木にくるまれたトンカツを帰宅時に持ち帰ってきたりしてました。
どこのお宅でも、酔っ払い親父のやる事はだいたい似たり寄ったりでしょうかね。笑
Commented by 朋百香 at 2018-12-21 22:02 x
tomokoさま
いや〜ん、ヨダレが出てきた・・・
本物の笹の葉がまたいいですねぇ。
Commented by team-osubachi2 at 2018-12-22 09:13
朋百香さん
経木の箱に笹がほんのりと薫るところがなんとも良いのです。
風味も見た目も違いますが、四ツ谷三丁目の八竹のお寿司も好きですし、
こちらのお寿司も、どっちも好きであります。
どちらも何かのついででもないと寄れないお店だったりしますが。w


<< クリスマス飾り(ジンジャーキッズ)      月刊「なごみ」一月号発売中です >>