丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 17日

オオカミ信仰と浅田次郎著『神坐す山の物語』

山歩きの先達に誘われて、四月末はじめて奥多摩の御岳山を歩いた。
(過去ログ:https://okakara.exblog.jp/29758115/

御岳山の名前は知っていても行ったのは全くはじめて。
季節も良かったせいか、すこぶる気持ちの良いところだったし、宿坊がいっぱいあることもはじめて知って
いつか泊まってまた山歩きするのもいいなあ〜なんて思ってみたり。

その日記を見ていただいてか、その後着物友だちから一冊の本が送られてきた。
浅田次郎さんの『神坐す山の物語』。
御岳山(御嶽山)にある武蔵御嶽神社。その神官の家が母方の実家である少年(私)が
宿坊を訪れるたびに見聞きするいくつもの不思議な物語の数々。

ここ何年もの間読書から遠ざかっていたけれど、ようやくローガンてものに慣れてきたこともあるのか
秋になってようやく読書したい気持ちになって、この本を手に取った。
ページを開いて読み始めたら、すぐに物語の中に引き込まれた。
へええ〜、知らなかったなあ、作家の浅田次郎さんがこの武蔵御嶽神社の御師の家のご出身だなんて。

巻末のインタビューで、物語のほとんど全部は本当にあったことで、
浅田少年が叔母の語りで聞いてきたことなんだそうだけど、
摩訶不思議な世界だとはいっても、読んでいてまったく怖い気がしないお話ばかりだった。

f0229926_07590106.jpeg

先月のことになるのだけど、浅田さんの本を読み終えて、酉の市が始まり、
ふと、デザイナー時代に事務所との行き来に通っていた宮益坂にも小さな神社があって、
酉の市の日には何度か立ち寄っていたことを思い出したので、
調べて見たら、ここもなんと御嶽神社であるという事をはじめて知った。


そこへ友だちが「オオカミの映画、行けます?」と連絡があり、
川崎市の某所で開かれた『オオカミの護符』というドキュメンタリー映画の上映会があるというので
友だちと一緒に観に行ったのだけど、映画を製作した小倉美恵子さんも会場にいらして、
十年ほど前のこの映画の制作話を聞かせてもらったりした。

小倉美恵子 著『オオカミの護符』新潮社刊https://www.shinchosha.co.jp/book/126291/

「大口真神」として祀られているのはオオカミであることも今回はじめて知った。
でもって、ようやくオオカミ信仰がなぜあるのか、
ことにお百姓さん方の信仰がなぜ厚いのかってコトにようやく気が付いた。
ああ、農作物への猪鹿被害から守ってくれるんだ・・・!

昔は時期になると飼っていた地犬のメスを山の木につないておいて
オオカミと交配させ、生まれた仔犬の中から、人に従順で、
かつ、猪に立ち向かう個体を猟犬として育てていたというお話も聞いた。

ご先祖さまが昔から土地に根ざして生きてきたお百姓さんらと、
分譲地になって新しく住み暮らすようになった現代の移住者らとの
目には見えない隔たりというのか(交わらなさとでも言おうか)のことなども考えさせられて、
なかなか興味深くてとても面白い上映会だった。

まあ、そんなこんなで御岳山に登ったことがキッカケに、ことさら求めた訳でもないのに
にわかにオオカミ信仰に触れて知ることが多い一年だった。







by team-osubachi2 | 2018-12-17 21:17 | 読む | Comments(2)
Commented by 香子 at 2018-12-18 20:49 x
悲しいかな、ニホンオオカミ。
もう絶滅しちゃったんですよね。
どこかでひっそり生息してるといいなあ。
Commented by team-osubachi2 at 2018-12-18 23:25
香子さん
アメリカのイエローストーンみたいに(シンリンオオカミでしたっけ?)
共通した種を人間の力で連れてきて繁殖させるって話(噂だけ)が
ニホンオオカミでもあるらしいですが、もちろん賛否両論。
そもそもニホンオオカミに近いのってどこにいるのでしょうね?


<< スノードーム      白湯 >>