丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 10日

塩と紅茶で

季節の変わり目だし、気温の上下も激しいね。
毎年経験しているはずだのに、急に肌寒くなると、
え〜っと、何を着たらよかったんだっけ?・・・とちょっと考えてしまう。

油断した覚えもないのだけど、今月に入って喉の深いところがちょっと怪しい。
家にいるときもタオルをぐるりと巻いて保温してはいるのだけど
油断すると腫れそうな気配がする。

なので、この数日、日に一、二度と「塩紅茶」でうがいをする。

なんのことはなく、うがいできるほどの温度の紅茶に、小さじにふんわりひと盛りの塩
(口にした時にしょっぱいのがちゃんとわかるくらい)を溶かしてうがいをするだけの話ネ。

f0229926_08472419.jpeg

マグカップに一杯温かい塩紅茶でゆっくりうがいをすると、ビロウな話で恐縮だが、
紅茶に染まった粘膜がたくさん出てきて、
なんだかお口の中が消毒されているような気がするのであ〜る。
ついでに鼻腔にまで上がってきた塩紅茶が垂れて出てくることもよくあるのだけど、
これにもお構いなくうがいを続けて、あとでそっと鼻をかむ。
すると、不思議と喉の奥が落ち着いてスッキリする。

私にこれを教えてくれた友だちは、元は舞台女優の友人から教えてもらったのだそうだ。
あ〜、なるほどね〜。
舞台で声を出す人の知恵というなら、なおのこと信頼できる気がするではないか。
それに、うっかり飲んでしまってもなんの支障もないしね。

少しでも喉が怪しいなと思ったら、帰宅後にすぐ手洗いと塩紅茶でうがい。
これだけで、この秋冬、ずいぶんと避けられるものがあるに違いない・・・という気がする。


by team-osubachi2 | 2018-10-10 15:35 | 日々いろいろ | Comments(4)
Commented by haru_rara at 2018-10-10 21:59
塩紅茶、というのは初耳でした。
うがい薬なんかよりずっと効きそう(味もいいし)^^

私は春から夏にかけて喉の痛みに悩まされて、最後は扁桃炎になって抗生物質を飲むことに。
気温の変化も激しい季節ですね。
どうぞお大事になさってくださいね。
Commented by team-osubachi2 at 2018-10-11 07:43
haruさん
塩紅茶のうがい、なかなか具合良いです、おすすめです。
冷える日など、あったかい温度がまた喉に心地よくて。
haruさんの喉はその後大丈夫ですか?
若い頃は鼻がよく壊れてダム決壊みたいな事になってましたが、やはり体質の変化でしょうか、
それまで喉が腫れそう、なんて事は年に一回あるかなしだったのに、今はちょこちょこ気をつけないといけない感じに。
お互いいい年頃になりましたですね。笑。私も気をつけます。そちらもどうぞお大事にしてて下さい。
Commented by 朋百香 at 2018-10-11 22:33 x
tomokoさま
以前、教えていただいた塩紅茶のウガイ、良かったです。
今年ももうそういう季節になるのですね〜。
っていうか一年中やっても良いのだろうけど。
ウガイ薬よりずっと喉に優しいのに効き目もあって好きです、これ。
Commented by team-osubachi2 at 2018-10-12 08:17
朋百香さん
そうそう、そういえばお伝えしてましたですね。そうでしたね。
先月の気候のせいか、電車内でゴホゴホズルズルしてる人が多くて、
すでにどこぞで貰ってきてるかもしれませんし、これ以上本格化する前になんとか平常に戻したいです。
年代的にも口中の潤いが少なくなったこともありますし、
毎日でなくても、たまにこのうがいをする癖つけておくといいのかもですね、
紅茶のあったかさが、ホント、気持ち良いです〜 ♡


<< 映画『2001年宇宙の旅』70...      祝・新成人の振袖姿前撮り祭り >>