丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 04日

労いと感謝(田中昭夫issue)

*10月2日(火)晴れ

自由が丘の「岩立フォーク テキスタイル ミュージアム」さんで開催中の『アフリカの藍、日本の藍』展。

岩立さんのコレクションに迎え入れられた正藍型染師・田中昭夫御大の布も
今回展示されるのにあわせて津田千枝子さんが「田中紺屋の藍仕事を解説する」というので、
予約受付日に朝から電話して申し込んでおき、うちから近場なのも有り難く、
いそいそと支度してお話を聴きに行ってきた。

f0229926_14424185.jpg

津田さんとけろさんと、のちの田中ガールズが発信した騒動(?)に
興味を持って川口へ見に行ったのがもう四年も前のことになるのか。
月日の経つのは本当にはやいなあとしみじみ思う。

過去ログ「田中昭夫さんの藍染め」

改めて過去ログを読むと、冒頭に記した部分への思いを新たにした。
生涯かけて一つ事に取り組んできた一職人にとって、
幸福な引退っていったいどういうことを言うのだろう?と。

津田さんのお話は、残された端切れや雑誌の記事や動画などを見ながら
あらためて御大との出会いのキッカケからはじまり、
ご自身も型染めをなさりながら、何十年と御大の仕事ぶりを見てきて
技の確かさや、彼一個の仕事の工夫などをお話なさっていらして、
現代では稀有なものになってしまった(馬鹿正直な)仕事を、
とても、とても大切に思っていらっしゃる風が伝わってくるのものだった。

f0229926_1633772.jpg

四年前の引退宣言後の自宅展から始まって、青山での頒布会、限定のネット販売、
そして昨年の名古屋での若い衆とのコラボ展でのフィーバーぶりは
人生もお終い近くなって打ち上がった、信じられないくらいの大花火の連発ぶりは
場外から見守る御大の布ファンらにも興奮覚めやらぬものだったなあと思う。

そういえば、四年前には、せめて夫婦で温泉でも入っていただくだけの売上げが出来れば、
なーんてところで締め括ったのだけど、はたして御大夫婦は温泉に入っただろうか?
藍の世話に夢中で温泉どころではなかったりして・・・?
嗚呼、推して知るべし、職人の女房子供のこころ・・・。
(個人的には、フィーバーの後の確定申告と納税が心配だったけど w)

f0229926_19121180.jpg

うかがえば、かつて個展を開いても、会場は閑散として人気もない時期もあったそうだけれど、
へこたれずに一所懸命に働いた仕事から生まれた布は、この四年の間、
その時期には想像も出来なかったほど多くの人に望まれてお嫁入りした。

実際にはかなり面倒くさそうな頑固一徹人間の御大とのやり取りや、
布が羽ばたいてゆための面倒一切を見てきた津田さんとけろさんをはじめ、
田中ガールズ(一部ボーイズも)の皆さんのご苦労と奉仕の働きがあったおかげだ。

津田さんがこうして田中紺屋のお話をなさるのも、ひょっとしたら今回でお終いかもしれない。
(と、こちらが勝手に思ってるだけだけど)
どんなお祭りにも名残惜しさと一抹の寂しさと共に終わりがやってくるように
リバマ御大騒動にもいつか終わりは来る。

f0229926_12274462.jpg

引退後もやることと言ったら染めるしかない御大も、でも、もう八十三歳。
生涯現役というのは大体の職人にとっては(私にとっても)理想だけど、
もはや若い時のような仕事ではないのを一番堪えているのはご本人なんだろう。
この先どうなさるのかはわからないけれど、御大の藍染めのいちファンとして想う。
おかげさまで自分が心から好きだと思う布と出逢えました。
これまでのご苦労を労いたい気持ちに代わり、この布をこれからも可愛がってゆきます♡

田中昭夫御大とご家族、そして津田千枝子さんとけろさんと田中ガールズの皆さんに心から感謝!
まだまだ何かある(?)かもしれないけど、御大、どうぞこれからもお達者でいてネ♪
どうもありがとうございました♡

**********************************************

↓御大のすべて(?)のことの顛末は以下からどうぞ。

正藍型染師 田中昭夫/けろ企画


by team-osubachi2 | 2018-10-04 00:09 | 着物のこと | Comments(2)
Commented by 香子 at 2018-10-04 08:56 x
レポ、ありがとうございます。
そして御大にもガールズの皆様にも感謝です。
体力の衰えは精神力でカバーは難しいですもんね。
御大フィーバーは現代のSNS発信の力もあると思います。
ワタシもネットやってなければ存じ上げなかったし・・・
SNS…功罪はあるけど上手く使えばね〜 (^-^)b
Commented by team-osubachi2 at 2018-10-04 17:52
香子さん
そこがやっぱり時代ですかねえ。
岩立さんが、100年間生まれてくるのが遅かったというけれど、その頃だと周りにはこういう職人が当たり前に、普通にいた訳だから、
今だからこんなに注目されたのよねという意味合いのことをおっしゃってらして、全くその通りであります、と思いました。笑
私もSNSで知りましたのでね、文明の利器のおかげで叶った御大の布との出会いでした。


<< 秋色の着物と帯で      藍と藍 >>