丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 10日

お茶を一服いかが?

先週都内へ出たついでに本屋さんへ寄って雑誌を一冊買って帰った。

婦人画報10月号の特集「みんなのお茶」に惹かれて・・・。

f0229926_14454252.jpeg

婦人画報/ハースト婦人画報社

黒木華さんと樹木希林さんの対談、小堀宗実さんと千宗屋さんの対談、
現代の枠にとらわれないユニークな茶室のページなど面白く拝見。

もう何年もずっと自分の脳内で計画している「妄想・終の住処」に
ひとつお茶室をこさえようと企んでいて、
どんな茶室にしようか、どんな坪庭と茶庭(猫の額ほどであっても)にしようか、
こういう雑誌からも刺激をちょうだいして
あれこれと想像をめぐらせるのがなんとも愉しくてたまらない。

もちろん言うまでもなくこの茶室は実現させるために妄想するのではない。
どんな茶室にしてどんな茶庭にして、そこへどんな先生に出稽古に来ていただこうか、
どんなお弟子さんたちが通ってくるかしら、
どんな稽古茶事をするだろうか、どんな懐石料理が登場するかしら。
どんなお道具に、お茶に、お菓子がいいかしら・・・。
予算や条件に上限はない。解体も再構築も自由。
ただ描きたいままに、あれこれ妄想するのを愉しむのであ〜る。

そういう自由妄想とは別に、台所でただ点てる私のお茶は
こんななんでもない一椀が現実なのだけど、
それでも飲み干してホッと息したときに「ああ美味しい♪」って思えたら上々。

f0229926_14452906.jpeg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここでちょっとお知らせです。

10月28日(日)に、旧白洲邸「武相荘」能ヶ谷ギャラリーにて茶会があります。
いつも心楽しい茶会をひらかれる佐藤宗香先生と御社中がもうけるお席で、
今回は立礼式にて正座の心配はご無用、どなた様にも気軽に参加できるお席です。
もちろんお茶をなさったことがない方でも大丈夫!
私も一服頂戴しにうかがう予定をしていますが、
いまだ「武相荘」へ足を踏み入れたことがない私にはとても楽しみなお茶会です。

もしもご興味がある方は(ぜひお友だちもお誘いして)、
下記URLにて詳細をご覧いただき、お申し込みいただければと思います。
(定員に達し次第締め切りとなります)

「旧白洲邸 武相荘茶会のご案内」/香和会 茶道教室blog

秋の「武相荘」にて、一椀のお茶とお菓子をいかがですか?


by team-osubachi2 | 2018-09-10 16:00 | これが好き | Comments(12)
Commented by かぽりん at 2018-09-10 22:37 x
お茶会のご紹介ありがとうございます。
今回の茶会を開くにあたって、私も妄想が止まりません。
というのも、それだけ「武相荘」という場所がその場所に根付いていて、息をしていて素敵だからです。
来ていただいたお客様それぞれが、妄想を膨らませられるような室礼でおもてなししたいと心がけています。
礼儀作法ではなく、楽しみたいという気持ちでおでかけくださったらうれしいです。
よろしかったら、お声掛けくださいませ。
Commented by team-osubachi2 at 2018-09-11 08:53
かぽりんさん
今日はようやく秋だわ♪というような風が吹いて涼しくなりましたね。
まだまだ暑さと涼しさのせめぎあいはあっても、来月後半は秋らしい景色になっていることでしょう。
日記にも記したように、武相荘って本の写真で見るばかりで、まだ行った事がありません(^ ^;;
どんな佇まいなんでしょう?今回とても良いキッカケをいただきありがとうございます。
お伺いするのが本当に楽しみです♡当日、よいお天気に恵まれますように♪

Commented by ベル at 2018-09-11 21:52 x
武相荘へ行かれるのですね!
私はデパートで催された白洲次郎展で武相荘の雰囲気に包まれ、妄想に浸りました。
白洲次郎さんは、実は吉田茂を介して乗馬でオリンピック金メダルを取った西竹一(バロン西)とお知り合いだったのではないかと妄想しています。
(多少の根拠あり)
映画『日々是好日』の御紹介、感謝です。
お茶のお稽古に通っている姪っ子ちゃんに教えてあげたら、本を読んで感動したそうで、大変喜ばれました。一緒に観に行きます。
Commented by fuko346 at 2018-09-11 23:08
このところ お茶関係のいろいろが目につきます。
ブーム?

武相荘のお茶会 とっても楽しみに、着る機会のない あの秋向きの紬の訪問着を着ようと 思っていたのに、、、。
都合がつかなくなってしまいました。
とっても悲しいです。
当日の様子 拝見するのを楽しみにしています。
Commented by れいこ at 2018-09-12 06:56 x
お茶会を楽しみたい、と常々思ってはいるのですが…
どんなに「気取らないお茶会だから気軽に参加して」と言われても、
一度もお茶を習ったことが無い身にはやはりハードルが高いんですよね。
だってまさか家でお茶を飲むように、ただ座ってがばっと飲むわけにはいいかないでしょう?(-_-;)
自分の前の人たちの様子をちらちら観察するのに精いっぱいで、会を楽しむどころではありません。
なので今、茶道の基本のキが書いてあるイラスト本を見て勉強中です(^_^;)
Commented by team-osubachi2 at 2018-09-12 09:43
ベルさん
いつか行けるかな〜なんて思いつつ、ご縁がなくて、今回はじめてうかがえる武相荘です。
どんな感じなのかな〜、ちょっとわくわくします。
『日々是好日』、映画はこれからですが、ご本は何度読み返してもいいですね。
お茶をなさらない方でも、記してあることは日常生活の中でも気持ちを活かせる内容ですよね。
姪っ子さんとご一緒に映画を楽しめるなんて良いですねえ、それもきっと好日♡
Commented by team-osubachi2 at 2018-09-12 09:50
fukoさん
お茶がブームなのかはよくわかりませんが、
もはやかつてのような婦女子のお稽古事として浸透した時代ではないせいか、
ちょっと話題が続くと目立つ時代になったのかもしれないですよね。
fukoさんは最近お茶に深く関わるようになられたこともあるのかもしれませんですね。
年齢がいってからまたあらたに触れるお茶の世界は若いときとは違った見え方がするのでしょうね、
古典文学に触れるときのように・・・なんて。
いつか自分にも訪れるかは不明ではありますが、
美味しい一服とお菓子をいただく喜びはずっと味わいたいと思っています♪笑
Commented by team-osubachi2 at 2018-09-12 10:46
れいこさん
まったくお茶の世界に触れた事がない方には、そう思われるのも分かります。私もやっていなければそうかもしれません。
もしも出来るなら「自分が知らない事」を楽しめたらいいですよね〜。
知らない事や間違う事は、本当は、、、きっと本当には恥ずかしい事ではないと思いますので。
(私が自分で恥ずかしいと思うのは、知らないのに知った風を装う事です。これ、しょっちゅうやらかしてそうでコワイ(^ ^;;)
せっかくのお茶とお菓子は、でも、やっぱり美味しくいただきたいですもんね、
お茶の世界に詳しい方とご一緒にいらっしゃるのは安心感がありますね。
いくつになっても、どんな事でも、初めて知る、初めて体験するって素晴らすいい♡
Commented by セージグリーン at 2018-09-12 16:30 x
武相荘には、4年間の神奈川時代を含め、季節を変えて3回
伺いました。リニューアルされてからはお庭が立体的になり、
白洲邸の佇まいは勿論、四季の草花も楽しめます。
立礼でのお茶会、楽しそうです。膝の悪い私も行ってみたい!
しかーし、その日は役員を仰せつかっているわが巨大長屋の
秋祭でして、残念です!
どんなお召し物を纏われるのかしら、、、伺えない私も
楽しみです。
Commented by team-osubachi2 at 2018-09-12 19:32
セージグリーンさん
季節を違えて季節折々に訪ねるのって良いですねえ。
まだどんなところかネット検索もしてないのは、あんまり前情報を入れたくなのかな?と思いますが
あれこれ調べておく方がいい時と、ろくに知らない方がいいときと、
さて、私はどちらに転ぶのでしょう?笑
お住まいの大長屋の秋祭とはそれもまたよろしいですね。
世話係は何かと大変ですが、何はともあれお天気だけは気持ちよく晴れていただきたいものですよね。

Commented by 朋百香 at 2018-09-14 17:53 x
tomokoさま
私も表紙に惹かれて買っちゃった!(笑)
茶道から離れてウン十年の私ですが、希林さん好みの茶籠を見て、あ〜こんなの欲しいなぁと。でもお値段を見て、びっくり仰天。これなら自分で手頃なものを探して、自分だけの茶籠を作りましょう。と思いました。
仕覆も手作りして・・・。更紗の仕覆なんて素敵よね。
Commented by team-osubachi2 at 2018-09-15 23:03
朋百香さん
ね、あの茶籠のセット、凄く素敵〜♡って思いました。
そして、同じくお値段見てのけぞって、あー見て楽しかった!でお終い(^^;;
そうですよ、自分で好きなものを見立てて集めた方が良いですよ。
骨董市で裂を探したり、手持ちの道具を活かしたり。きっと楽しいひと揃いになりますね。
それも自分らしいお茶と云えるのだと思います。


<< 映画『判決、ふたつの希望』      懐かしいプリン♡ >>