丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 01日

なんちゃって琉装に刺繍半襟

*8月31日(金)晴れ

8月最後の日もこれでもかな暑さの中、夕飯の支度をしておいてから
“なんちゃって琉装”に着替えて夕方から都内へ出かける。

f0229926_09175928.jpeg

着物のときには断然真っ白や生成りの白襟派の自分でも、
この胴衣姿に白襟だとなんだか浄土真宗の尼さん風になってしまうので
ここはひとついっそ色柄のはっきりした半襟にした方が良いと思い
今回はペタコさんにも会うので、そのペタコさん制作の刺繍半襟にしてみる。

ふむ、黒地にこんな半襟を会わせるのもいいかもね?

f0229926_14564610.jpg

富士商会(ペタコさんのウェブサイト)

ペタコさんはもう何年もイラストレーションの仕事もしつつ
それ以上に和小物を制作し続けていて、新作が出るたびに見るだけでも愉しいのだけど
私が持ってるペタコさんの刺繍半襟はこれ一枚きり。

帯を締めない琉装もどきには、
これくらいインパクトのある半襟あわせがいいかも。
なかなか活かせずにいた半襟の活路を見いだせた気分♪

ところで、昨日出かけた先は日本民藝館で開催中のこれ。

f0229926_09182139.jpeg

日本図書設計協会長さんの呼びかけで集まった有志の見学会。
学芸員さんのお話もちょこっとうかがってから見学した。

図書や装幀という世界に加えて、民藝が好きな人間にはとても興味深い展示で、
あいかわらず日本民藝館の展覧会は見応えあるわ〜。
(この集まりのおかげで、久しぶりにペタコさんにも会えたし♪ )

『書物工芸』展/日本民藝館/明日9月2日(日)まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日見学会で会ったお友だちからお借りしてきたDVD。
へえ〜!こんなのがあるんだね〜?!

f0229926_09183558.jpeg

琉球舞踊の世界ってまだなじみがないのだけど、
踊りの内容によって、とうぜん衣装も違ってくるワケだから、
それぞれ着付けのコツも違うワケで、なるほどね〜。
習っている方たちはこういうのを参考にしたりするのかな。

私のなんちゃって琉装はなんにも難しくはないけど、
こういうの見て知ることってだ〜い好き♪拝見するのが楽しみ♡

あまりの暑さにこの夏は着物に帯を締めて出かける機会が減った分だけ
秋からの着物は帯を楽しみたいなと思う。


by team-osubachi2 | 2018-09-01 10:31 | 着物のこと | Comments(2)
Commented by 朋百香 at 2018-09-01 20:58 x
tomokoさま
あら、素敵! お顔周りが華やかに。
琉球舞踊の世界、私もよくは知りませんが何か惹かれるものがあります。
Commented by team-osubachi2 at 2018-09-02 00:34
朋百香さん
はい、ようやく自分なりに納得の襟あわせが出来ました。良かったです、無駄にならなくて。笑
琉球舞踊の着付け、主には押し込み(ウシンチー)タイプの着付け方ですが、踊っても崩れないようにするには、やっぱり年季とコツが要るんだろうなあ、と。
花の冠に紅型の羽織りものの美しいこと!近年沖縄のウェディング事情では、琉装で結婚式をあげる方達もいるみたいで良いなあと思うのでありますが、
普段着物を着る人は本土よりもいらっしゃらないみたいで。。。あんなに豊かな染織が沢山あるのになあ〜と思わずにはいられません。




<< 「ギンガムチェックの悦び」      書籍と映画『日々是好日』 >>