丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 23日

ゆかり♡

子どものときから梅干しよりもゆかりが好きだった。
毎年おふくろさんが漬ける梅干しはとても綺麗なマゼンダ色で、
だのにその色を生み出した赤い紫蘇葉はどうも人気がない。

それで毎年残った梅紫蘇を溜めておき、何年かに一回天日で干して
乾いたところで手もみして「ゆかり」をこしらえてくれたのを
あったかいご飯にふりかけて食べたときの美味しさときたら!?

高校生になり、おふくろさんが用意する茶色いおかずに我慢ならず、
(いまでは自分も見事に茶色いおかずばかりの弁当をこさえる毎日/笑)
自分で用意して持っていくようになったときには
お弁当用ふりかけが流行っていて日替わりで違う味を楽しんだこともあったけど
大人になって気がついてみれば、結局のりたまより、ごま塩、鮭味より、断然ゆかり派に。

f0229926_15425498.jpeg

私自身は結局色鮮やかな梅干しを漬けることもなくきたけれど、
この何年かお友だち等が分けてくれた梅干しの梅紫蘇を大事にとっておき、
そこに市販の梅紫蘇も足して、この夏午前中だけ日が射すベランダで
干して、干して、干して・・・ちょっと忙しい間放ったらかしもして、
で、最後は一回だけレンチンして、包丁で刻んでようやく我が家のゆかりの完成♪

f0229926_15430707.jpeg

相方のお弁当に、またしみじみご飯用に少しずつふりかける。
お友だちからいただいた味のおかげか、市販品のゆかりにはない酸味が爽やか♡

もうじき出回る秋の新米で炊く熱々ご飯が待ち遠しい♪


by team-osubachi2 | 2018-08-23 13:13 | しみじみご飯 | Comments(2)
Commented by sogno-3080 at 2018-08-24 08:20
おお、上手に出来ていますね!新米にゆかりサラサラ、美味しいことで
しょう。お母様手作りのゆかり、いかにも美味しそうで私も食べたくなり
ました。二歳児発見の尾畠さん、発見したその日、「◎◎時間ぶりの食事です」
とか言って、真っ白なご飯に紫蘇をのせたのを頬張っていた姿が忘れられません。

Commented by team-osubachi2 at 2018-08-24 12:23
sognoさん
乾燥し終えて、最初は小ミキサーみたいなので粉砕してみたんですけど、
歯の穴が大きくてうまくいかず(^ ^;; 結局包丁でみじん切りに・・・。
細かさに差がついてますけど、それもまたよし、ですよね?笑
ある意味、野性的な風もおありに思えるあの奉仕おじさんも紫蘇がお好きと知って、また好感度アップです♪


<< 文鎮      廣瀬染工場の江戸小紋を見る >>