丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 19日

映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』

公開当時見たかったけど結局行けなかった映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』。
「TSUTAYAにあったわよ」とお友だちが教えてくれたので、さっそく借りてきて見た。

何年か前に見た『ファッションが教えてくれること』は
雑誌「VOGUE」の9月号(モードにおける新年度)が出来るまでの過程が
編集長のアナ・ウィンターという人物のインタビューとともにあれこれと見られて
とても興味深かったけれど、この『メットガラ・・・』は
かのメトロポリタン美術館の服飾部門の運営資金をこれで稼ぐという巨大イベントと
ファッションを美術と同格に扱う美術展としての展覧会のオープニングまでを追っていて、
仕事の裏方のやりとりがすっごく面白かった。
もちろんゴージャスなファッションが煌めく映像美も文句なしよ〜♡

f0229926_00403193.jpeg

見ながらこの映画の面白さとはちょっと別のところで興味を持ったのは、
タイトル「鏡の中の中国(China : Through the Looking Glass)」
・・・ファッションにおける中国の影響を見るに、現代の中国が、
なぜ過去の中国ばかりを見て今現在の我々を扱わない?なぜ我々の今の姿を見ない?と、
疑問とも不満ともする点をキュレーターのアンドリュー・ボルトン氏と
アナ・ウィンター女史に投げかけてインタビューしていたけれど、
そう言われてみると、現代中国が発する文化やファッションって何があるのかしら?

えっと、自分に思いつくのはまず映画と、少数民族の暮らしに根付いた文化を僅かばかり。
あとは大好きな大熊猫と小熊猫。w
古の中国(もちろん当時は「中国」という名称ではなかったころ)の文化の方が
やっぱり有名で面白いと思ってしまうし、今の中国の文化のことは自分は知らない・・・。
どうしても「ぱちもん」文化と、政治経済の拝金と権力しか浮かんでこないや。

でも、の映画の衆目をさらったリアーナのドデカイ黄色いドレスで知った
グオ・ペイさんの服ってなかなかファンタジックで素敵だなあ〜♪
「VOGUE JAPAN」で読んだインタビュー、面白かった。
中国人クチュリエ、グオ・ペイが告白「METガラでリアーナがドレスを着たその後」

まあ、何にしても、巨大なイベントや美術展の裏仕事の大変さ、期待の重圧・・・。
アンドリュー・ボルトン氏とアナ・ウィンター女史って本当になんて凄い人たちなんだろ!
絵空事じゃない異次元世界の仕事を見るのってやっぱり面白いわ〜♡






by team-osubachi2 | 2018-08-19 01:35 | 出かける・見る | Comments(4)
Commented by 朋百香 at 2018-08-19 09:32 x
tomokoさま
わ〜、見たい、見たい!
雑誌ではお見かけするアナ・ウィンターさん、動いている映像は初めて見たわ。凄い人よね。
グオ・ペイさん、素晴らしい! でもアートすぎて普通に着れない(笑)
ファッションアートと商業の両立は本当に難しいですね。
でも見てるぶんには、夢心地。
Commented by team-osubachi2 at 2018-08-19 10:58
朋百香さん
映画「ファッションが教えてくれること」でのアナ・ウィンターさんの仕事ぶりには頭が下がるなあと思いました。
「プラダを着た悪魔」は、まあ、エンタメですから極端ですけど、あんなもんじゃないくらいスゴイ仕事量と思いました。
また厳しいことは厳しいですが、ちゃんと人の才能を褒めるとこも認めるとこもあるのですよねえ。
その上、こうやってメトロポリタン美術館の服飾部門の一年間の運営資金を稼ぐんですから、本当に本当にスゴイです。別格、破格、次元が違う感じ。笑
去年話題だった川久保玲さんのコムデギャルソン展のボルトンさんのインタビューも面白いですよ。
http://fashionpost.jp/portraits/102270
服飾やファッションが美術より低く見られてたのは何でですかねえ?
着られない服を生み出してしまうのもありですよね、だってアート作品だって飾れないものが沢山あるのに。
もちろん着られる服を売らないことには食べて行けなくなるのは服飾デザイナーさん達も同じことなわけで。
私自身はちんまりと身近な洋服と着物を楽しみながら、こういうコロッセオの大物を遠くから眺めるのが好きであります。笑

Commented by sogno-3080 at 2018-08-19 11:05
早速観ました!さっき見終わったところです。夢心地です♥
微妙で複雑なテーマ(国)、裏方のスタッフの追い詰められた心理、
ドキドキしてこちらも胃が痛くなりそうでした(笑)
私的にはアナ・ウインターが凄すぎて。強いなあ。
あのメットに、美術品と共にドレスを展示する。見る側には魅力的
だけど、裏方さんはホント大変だったでしょうね。
メットだけでなく、世界中を回ってくれないかしらと思っちゃいました。
Commented by team-osubachi2 at 2018-08-19 17:47
sognoさん
なんと!さすがな早業っっっ!
アナの仕事ぶりは「ファッションが・・・」を見て本当に感心させられました。ただ騒がれるような人なんかじゃないのですよねえ。それこそ大衆ブランドから高級ブランドまでくまなく目を配ってるみたいで、ファッションというものに身を捧げるために生まれてきた人なんだろうなあ〜と思いました。
そういえばsognoさん、ニューヨークも旅していらしたんでしたっけ?当然METも訪ねて?ですよね、きっと。いいなあ〜〜♪ほんと、いくつかの回顧展はぜひ日本にも来て欲しいくらいです。でも、叶うことならNYへひとっ飛びして行って自分の足で観てきたいです♡
そうそう、このDVD情報をくれたお友だちによれば、これ観たなら、メットガラでのシチュエーションをからませてあるから「オーシャンズ8」の面白さもさらに増しますよ〜♪とのことでした。いずれそっちも観てみようかと。笑


<< ベビーバナナを使って      一週間 >>