夏着物の下のこしらえ(私の場合)

今年の夏は世界中で激烈な暑さに見舞われているようですが、
(そうかと思えば、一部では気温がうんと低いところもあるようで)
日本も本当に厳しい夏になっていますね。

さすがに気温35度以上ともなると、どんなに涼しい素材であっても
着物を着ること自体に腰が引けることもあるかと思います。
年代に関係なく、気力体力が満ち満ちて
油断無く着付けて外へ出かけられるのであれば、その日はたぶん大丈夫。

でも、ちょっと体調がいまひとつ冴えないというときは
決して無理はしない方がよいと思います。
なにしろ災害なみの暑さです。街中で倒れてしまってはもともこうもありません。

年々ヒートアップしてゆく暑さのぶんだけ、ひょっとしてこれからの時代、
盛夏の着物は6月から9月中旬ころまで着る期間が長くなるかもしれませんね。
変動の可能性が少ない式服や正装については別に考えるとして、
普段着として着る夏着物の下は、何をどう着るのか、
ましてやこの暑さの中、人それぞれどんな工夫をなさっていらっしゃるのか
興味がわいたり、強い関心があるところではないでしょうか。

もしもブログを見てくださっている方で、
この暑さでどうしたらいいか模索中の着物ビギナーさんがいらっしゃいましたら、
ご参考までに「私の場合はこうしています」ということを
お団子ちゃんの着付けノートに覚え書きとして残しておこうかと思いました。

あくまで小紋などの絽の着物、紗、紗紬、上布、麻縮(他おでかけ浴衣)など
盛夏の普段着からお出かけ着物の範疇における私の個人的なものですが、
もしも一片でもどなたかの参考になりましたらさいわいです。

*****************************************

夏着物の下に着るものは、その日のお天気や気温や湿度によって多少変更もしますが
私の場合はおおよそこんな具合でこしらえています。

*まず、素肌に麻や正絹の晒を巻きます。
(あしべの肌着や和装ブラという方もいらっしゃると思います)
晒巻き巻きのいいところは、脇、背中、胸元と大汗をかくあたりを
しっかりとカバーしてくれる点でしょうか。

*ショーツは(お尻まわりの透けを防ぐ意味でも)ベージュ色の七分丈のものをはきます。
はい、正直いって色気といったものはまったくございませんが、
これだと太もものあたりの裾さばきがスムーズなりますので実用一点張りではいています。

*そして肌襦袢は省略して、巻いた晒の上に、麻の長襦袢や、
身頃が晒で両袖と裾よけが麻や絽になるよう自分で直した二部式襦袢の上下などを着ます。

f0229926_09241968.jpeg

正絹の絽の着物以外は、麻の着物、綿や麻を使った長襦袢など、
なんといっても自宅で洗えるものが盛夏には出番が多くなります。


f0229926_12430135.jpg

*個人使用に限りプリントアウト可
*イラストの無断転載をかたく禁じます

******************************************

そして、この夏、今まで以上に活躍してくれるのが、私の“なんちゃって琉装”です。
もとはネットのリサイクル店で偶然見つけたわずか数千円の能登上布の「道中着」でした。
ほんの少し手を入れ、自分なりのなんちゃってドゥジン(胴衣)に直しました。

f0229926_15043594.jpeg

*両袖口が全開の着物ですから、胸元がちょっとこころもとないので
私はまずスポーツやアウトドア用の吸湿速乾性のスポーツブラをつけて、
ここでも七分丈のベージュ色のショーツにしています。

*「カカン(裙子=裳裾)」といわれるプリーツ式の白い裾よけは持っていないので
替わりにMUJIのインド綿の足首まである長いスカートをはき、
その上に、半衿のついた筒袖のお襦袢
(もしくはドゥジンにあわせて自作した上布の半襦袢)を着ます。

*そして、「ドゥジン(胴衣)」という、
ちょっと見には道中着に似た着物を上に着ます。
道中着と同じように、内紐と外紐の二箇所を結んで着るだけです。

f0229926_23100864.jpg

この“なんちゃって琉装”、ひょっとしたら街中では怪訝に見られているかもしれませんね。
なので、他の人にはことさらおすすめはしませんが、帯をしないので、
大きく開いた袖から風が入ってくる涼しさは例えようがありません。


f0229926_12431625.jpg

*個人使用に限りプリントアウト可
*イラストの無断転載をかたく禁じます

*****************************************

先だって装画塾の卒業日、予定ではこの組み合わせで着物を着るつもりでした。

f0229926_15041376.jpeg

グレーの小千谷縮に半幅帯ですから決してしんどいものではありませんが、
たまたまこの日も朝から吹いていたフェーン現象の風のせいか
起床前からめずらしく頭痛がして、「ひょっとして熱中症?」と
起きてからあわてて対処しましたが、昼すぎまで頭痛がとれなかったので、
無理は禁物とばかりに、またしても琉装もどきの装いで出かけたのでした。
私にとって、この「なんちゃって琉装」の涼しさと楽チンさは
激暑の和装としてはちょっと代え難いものがあります。

f0229926_15044972.jpeg

着物として着られないような寸法の短い八重山上布や芭蕉布をいつか手に入れて
もう一枚、こんなドゥジンに直して着てみたいと思っています。

あ、でも、もちろん自分の身丈に充分なものであれば、着物として着ることでしょうが、
いまや沖縄よりももっと暑い本州の夏です。まったくどうかしています。
南国の和装にももっと目を向けられていいのではないかと思うこの夏です。

Commented by sogno-3080 at 2018-08-06 06:47
わーい、久々のお団子ちゃん登場、大変嬉しいです。
そうそう、そうなんです。夏のこしらえって、皆さまどうしているのかしら?
って、とても興味がありました。参考になります。ありがとうございます♡
Commented by セージグリーン at 2018-08-06 10:42 x
Tomokoさんの下拵え、とても参考になりましたし、私の邪道もまんざらでもないわ、と安心しました。
土曜日は江戸東京たてもの館の夕涼み会に出向き、
クーラー無しの部屋で落語など聞いてきました。
有松絞りの浴衣に紗献上の八寸を締めましたが、帰宅しましたら、帯下締めや下着類は汗でずっしり、、、。
それでも、真夏にたとえ浴衣でも着られたこと自体、幸せな
気分でした。
この催しでは、驚くほど浴衣率が高かったのも驚きでした。
若いファイリーを始め、おそらく近くの大学に着物サークルでもあるのでしょう。若い男女がカラフルな浴衣を着て集う様子は、観るだけで嬉しくなりました。
Commented by team-osubachi2 at 2018-08-06 23:12
sognoさん
夏はことのほか、きっとみなさんそれぞれに工夫なさっていらっしゃるにちがいないですが、私自身興味いっぱいなところです。
どんな違いがあって、自分が気がつかない工夫を知ったときには、今度やってみようかしらとか。
そうしてやってみたいことはやってみて、自分なりのこしらえが決まってゆくのですよね。
Commented by team-osubachi2 at 2018-08-06 23:24
セージグリーンさん
浴衣で落語とは、夏のお楽しみですね〜♪
おさえるところはおさえていれば、こしらえに関して言えば体感はまったくもって個体差のものですし、
これが絶対正解というものもなく、駄目も邪道もないのかもしれません。
浴衣を着てくださる人が増えているのも嬉しいことですが、
やはり男子の着姿がだんだん増えてる気がするのも嬉しいですね。
Commented by 神奈川絵美 at 2018-08-07 22:40 x
こんにちは! こう暑いと身の危険を感じますので、
こうした装いの工夫、とても参考になります。
ドゥジン、言われてみれば袖口からボディが見えてしまう
のですね。でも涼しさは着物の比ではないでしょうね。
私、未だにコムデギャルソンのフリフリレースの白マキシ持っているのですが、さすがにそれは合わないかな(笑)
下の記事も拝読しました。カズオイシグロの夜想曲、私、手元にあります! こちらの表紙がこの方だったのですね。
本の表紙って、ひとめで世界観を表すような、そんなイメージを持っています。Tomokoさんにとっての新たな世界が広がりますように。
Commented by team-osubachi2 at 2018-08-08 09:47
絵美さん
下記の日記へのコメント、ありがとうございます。短期間でしたが、長年イラストレーションを発注してきた側からの視点と指摘、なるほどなあ〜と唸ることいっぱいありました(同業者同士では得られない刺激です/笑)。行ってよかったです。目標は生涯現役。まだまだ時間はありますし、励みたいと思います。
そして、着物もなるべくずっと長く着たい。もちろん今はまだまだ気力体力ありますが、でも無理はしたくない。というか、無理なんて年々できなくなってゆくのでしょうね。
着物暮らしをしているお友達が、この夏のあまりの暑さに、着物の着付けも決まらず、何より「着て楽しくない」と感じたことにビックリしたみたいで、それを聞いた私も軽い衝撃を受けました。どうすれば少しでも負担なく着られて楽しめるか、やがて目の前の課題になることでしょう。大塚末子さんや鶴見和子さんらの最晩年のスタイルも思い出しつつ、おばあちゃんになったら、どう着物らしい和装を楽しめるか、ゆっくりと自分の中で薫らせています。
by team-osubachi2 | 2018-08-06 00:13 | 着付けノート | Comments(6)