丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 07月 09日

白麻のスカート、内紐を外紐に

男子も女子も、このごろはシャツだのTシャツだののトップスを
ブラウジング(腰まわりで少したるませ)して、
スカートやパンツにインにして着るのが流行りよね。

でも、個人的にウエストゴムのまんま丸出しってのはどうも気になってしまうのよ〜。
とくに後ろ姿がねえ〜。

で、一昨年買ったMUJIのマキシ丈の白麻のスカートね。

f0229926_09325581.jpeg

ウエストゴムのほかに、細い共布の紐で内側で絞るようになってるんだけど、
使わないのよね〜、この内紐・・・と、そこでひらめいた!

充分な長さがあるかを確認してから、ハサミを入れ、
ちょこちょこっと5本細切れを作っておき、
ウエスト周りにベルトフックにして縫いつけてみた。

切り落とされた長い紐の両端もきちんと始末して、と。

f0229926_09322771.jpeg

うん、使わない内紐のまんまより、飾りとして外紐にしたほうが私好みだわ♪

f0229926_09324559.jpeg

何年も愛用してるこれもMUJIの白麻のシャツを組み合わせれば、
ちょっとワンピースに見えなくもない?

下履きとしてついていた付属の化繊のペチコートは使わずに、
これも和装用の麻の紋紗から手縫いしたペチコートをあわせる。

こういう自分が着やすいようにするひと手間、ひと工夫って大好き♡


by team-osubachi2 | 2018-07-09 12:54 | これが好き | Comments(4)
Commented by 朋百香 at 2018-07-09 16:38 x
tomokoさま
はい、私も! 巷ではこういう着方が流行っていると言っても自分的にはちょっとね〜てのありますよね。
麻のブラウスのちょっとした丈、長すぎるTシャツ、ワイドパンツの丈、それらは自分にちょうどいいものに直して着ています。他にやることいっぱいあるのに、ついチクチクしてしまう。人から見たら分からない位のことなんですが、性分よね〜(笑)白い麻のスカート、爽やか〜
Commented by team-osubachi2 at 2018-07-09 20:20
朋百香さん
そうそう!やらなきゃいけないのがある時に限ってまたお針チクチクやってしまうんですよね〜♪笑
人にはわからない工夫の箇所、自分だけに心地よいわずかな寸法の違い、
そういうの手掛けて上手くいったときは、買った時に勝るとも劣らない喜びがありますよね。
着物では着られない真っ白だの真っ赤だのは洋服で楽しみます〜♪( ´θ`)ノ

Commented by sogno-3080 at 2018-07-10 07:46
こういうちょっとした工夫、大好きです。
ペチコートがこれまた、素敵。作っておいて良かったですね。
こういうスカートの場合、履物は?どうされますか?
私も今年はなんだかスカートをはいてみたい気分なのですが、
素足は苦手だし、何が合うのかなって思っています。
Commented by team-osubachi2 at 2018-07-10 09:34
sognoさん
sognoさんもこういうひと手間、お好きですよね〜♪( ´θ`)ノ
ほんのわずかな工夫で自分だけが味わえるプチ悦、堪えられません。笑

履き物は、いまやフェミニンなスカートにさえスニーカー(ゴツいのでも、薄いのでも)を合わせる時代になりましたから
言ってみれば(カジュアルなら)何でもOK!なんですけど、やっぱり大人なりの楽しみ方したいですよね。
甲にストラップのあるペタンコ靴、バレエシューズ、デッキシューズ、厚革のペラペラサンダル、エスパドリーユ、
どんなトップス着るか、どちらへ行くか、どれだけ歩くか、によって変わってきますよね。
私はこの数年足裏のトラブルのせいで夏の履き物がそのまんまなので、それ履きます(^ ^;;

あ、私も素足のまんま靴を履くのは苦手。とはいえ、ストッキングも嫌い。
夏場の靴下はつま先と踵を覆う薄いのを履きます。素足履きはエスパドリーユくらいかな。
スニーカーも足首下までのにします。サンダルも素足ではなく、踵なし指先なしの五本指の半身(?)ソックス履きます。

スカートの履物はいろいろ合わせやすくなりましたけど、むしろ靴下の方がひと思案必要な気がします。
やっぱり足首の見せ方をどうするか、ですかねえ。
短いボトムスに普通の靴下を上手に合わせる人は、男子に多いなって思いますけど、
それだけに、老若男女で普通の靴下、上手く合わせてる人を見ると感心します。マネたいけど難しい〜(^ ^;;

問わず語りについ長くなりました。。。悪しからず。


<< 夢のように美しいもの。「アンテ...      きょうは「ゆかたの日」/きょう... >>